当事務所に、ご依頼頂いた 墓じまい・改葬について解説いたします。

ご依頼頂いた、墓じまい・改葬(その理由と改葬先)を解説いたします。/大塚法務行政書士事務所(東京都)

ご依頼頂いた、墓じまい(その理由と改葬先)について

お墓の手続き相談・代行(大塚法務行政書士事務所)に これまでご相談頂いた内容・墓じまいの理由と改葬先など具体的に解説いたします。これから、お墓じまい・お墓の引越し(改葬)をお考えの方は、参考にご覧下さい。

1. 当事務所に ご相談される理由

寺院当事務所は、お墓の手続きを専門にしておりますが、その中でも一番ご相談頂くのが お墓じまい・改葬になります。

 

お墓やお寺のことなど、第三者に相談出来る所は、非常に少なく、どこに相談して良いか?わからない方も沢山おります。近年では、お墓・霊園の広告や墓じまいの広告なども沢山出ておりますが、主に業者を紹介するサイトや石材店の広告がほとんどの状況です。

 

当事務所に ご相談頂く お客様は「業者ではなく専門の行政書士だから安心出来る。」と言う理由で、 ご相談される方が多くおります。お墓のじまい・改葬の最初から最後まで、どの様に進めれば良いか?どの点に気を付ければ良いか?など、ご相談頂いた際にアドバイスさせて頂いております。

2. ご相談内容

当事務所に ご相談頂いている内容は、下記の例が多くなっております。

・墓じまいをどの様に進めれば良いか?わからないのでアドバイスがほしい。
・お寺の住職に墓じまいを反対されそう。高額な費用を請求を請求されそう。
・葬儀会社・石材店等の業者ではなく、専門家からのアドバイスがほしい。
・墓じまい・改葬の お布施はいくらになるのか?その他、費用は、いくら掛かるのか?教えてほしい。
・お墓じまい・改葬を手続きを 全て代行してほしい。

お客様の多くの方は、お墓じまい・改葬のどこから手を付ければ良いか?費用は、総額で幾ら掛かるのか?寺院のご住職に どの様に話せば良いか?などの不安を持たれております。当事務所では、お客様の お話を お伺いし、今までの経験に基づいたアドバイスをさせて頂きます。

 

ご相談内容によっては、初回相談のみで解決する場合もあります。

 

当事務所では、初回相談無料を行っておりますので、安心して ご相談頂けます。中には、行政書士事務所に相談するのは、敷居が高い気がする。と思われ悩んでいた方もおりますが、実際に ご相談頂き、もっと早く相談すれば良かった。と言われます。ですので、ご遠慮なさらずに、お気軽に ご相談下さい。

3. 墓じまいする理由は?

今までご相談・ご依頼を頂いた、お墓じまいの理由としては、下記の様な問題になります。

@お布施・法要等のお金問題
A承継者の問題
B距離の問題
C管理者との性格の不一致

ここで、上記理由について確認していきたいと思います。

(1)お布施・法要等のお金の問題

良くお聞きするのは、「ご住職が代替わりしてから お布施・寄付など、高額な費用を請求される様になった。」、「父が建てた お墓を承継したが 寄付・お布施が高額な為、お墓を維持できない。」等の理由になります。

 

つまり、檀家として、お布施・寄付等の【 金銭的な負担 】を感じ、墓じまいにより、寺院から離檀し、今後、維持管理費等が掛からない永代供養墓等へ改葬する。或は、民間主体の霊園に改葬する。と言う事になります。

(2)承継者の問題

「先祖代々の墓だが承継者が いない為、永代供養墓等へ改葬を行いたい。」、「嫁いだ娘(子)に、お墓の負担(金銭的負担)を掛けたくない。」などの理由により、ご自身が元気なうちに、お墓を整理し、永代供養墓等へ改葬となります。

(3)距離の問題

お墓が故郷に有るが、高齢になり、お参りに行くのは、遠すぎる。自宅近くの霊園へ お墓を移したい。とのご相談を頂きます。遠方のお墓に、お参りに行くのは、経済・時間・体力的にも負担が掛かります。お墓を継ぐ お子さんの事を考えて、墓じまい・改葬する方もおります。

(4)管理者との性格の不一致

先代の住職は、良い人だったが、後を引き続いた住職が、横柄で、態度が悪い。この寺院との関係を終わりにしたい。この様な、ご相談も多く頂きます。寺院側に住職を継ぐ人がいない場合、同一宗派等にて派遣・兼任等より、住職が変わる場合があります。お布施の金額なども、以前より高額な請求をされた場合もあります。

4. お客様が選ばれた墓じまい

墓じまい上記に理由を述べましたが、実際に墓じまいされる場所は、圧倒的に寺院墓地の墓じまいが多くなっております。特に金銭的な負担を理由として、墓じまいされる方が多く、このままの勢いでは、運営が成り立たなくなる寺院も多くなる事が予想されます。

 

今後、お布施(費用)等を明確化し、入檀時等の事前に説明を行う等、安心して檀家でいられる寺院にして行くことが、寺院の檀家離れに繋がるのではないか?と思っております。

5. お客様が選ばれた改葬(埋葬)先

お墓じまいをされた場合は、ご遺骨を他の場所に改葬(埋葬)する必要があります。当事務所に ご依頼頂いた お客様が、どの様な改葬(埋葬)先を選ばれたか?参考に ご説明させて頂きます。

(1)寺院墓地

現在、所有するお墓を同一寺院内の永代供養墓へ改葬(埋葬)。遠方の寺院の お墓を墓じまいし近くの寺院へ改葬(埋葬)。等のケースになります。寺院内の永代供養墓へ改葬(埋葬)する場合は、通常、お墓の撤去、離檀、永代供養墓に改葬(埋葬)となります。

 

費用的には、民間の霊園と比べ高額な場合が多く(ご遺骨一体十数万円〜五十万円程度まで。)当事務所のお客様としては、寺院墓地への改葬(埋葬)は、比較的少なくなります。

(2)市営霊園

自治体の運営する霊園に申込・当選した為、寺院にある お墓を墓じまいするケースになります。遠方にお墓がある お客様がご自宅の近くの霊園に申込・当選され、当事務所にご依頼頂きます。今まで、九州地方から東京近郊への改葬、新潟・秋田等の東北地方から東京近郊への改葬等を行わせて頂いております。

 

一式全てお任せ頂くご依頼が多く、寺院等へのご挨拶から、墓じまい(閉眼供養)立会い、ご遺骨移動、改葬先への納骨まで当方にてサポートさせて頂きました。

(3)民間霊園

寺院のお墓を墓じまいし、民間の霊園にお墓を建てるケースになります。こちらの場合もご自宅近くの霊園に申込され、改葬されております。墓じまいの費用(お墓の撤去費用)とお墓の建立費用等が掛かりますので、当事務所にご依頼頂く割合としては、比較的少ないケースになります。

 

例としては、寺院の場合、山の上の斜面等にお墓を建立している場合があり、お墓参りに行きずらい場合があります。そこで、ご自宅近くの お参りし易い霊園に改葬するなどになります。

(4)永代供養墓・納骨堂

寺院のお墓を墓じまいし、永代供養墓・納骨堂へ改葬される方が、当事務所へご依頼頂く中で、一番多くなっております。全体的には、8割程度がこの様なケースになります。

 

永代供養墓は、費用を比較的低く抑えられますし、納骨堂は、交通の便が良い箇所に建てられている場合が多く、お参りに行きやすいというメリットがあります。どちらの場合も、最初に費用を払えばその後の費用が発生しない。又は維持管理費のみ支払いという内容になっております。ですので、お墓の承継者がいない、子供に迷惑を掛けたくないとお考えの方は、永代供養墓・納骨堂を選ばれております。

永代供養墓・納骨堂は、どの様に選べば良いか?

現在、非常に多くの広告が出ている状況です。あまりに多すぎてどこの永代供養墓・納骨堂を選べば良いか?わからない方も多いことかと思います。

 

まず大事な事は、運営会社がどこか?になります。お墓を代々続いて行くものですから、運営会社が信頼できる会社か?がが重要です。実際には、宗教法人名が記載されておりますが、運営は石材店等が運営しているケースがほとんどです。ですので、最初にきちんと確認して下さい。

 

そして、ご自身で確認して契約すること。お墓の紹介サイトなどに紹介されたまま契約せずに、ご自身で数社比較して、現地にて状況・環境等を確認してから契約して下さい。

6.まとめ

行政書士これまで、百件以上の お墓じまい・お墓の引越し(改葬)等に立ち会わせて頂きましたが、多くのお客様は、終わってホットしたと言われます。長年、お一人で悩んでおり、どこに相談して良いか?わからなかったと言われる方もおります。

 

当事務所は、第三者的立場からアドバイスさせて頂いておりますので、特定の業者等をお勧めすることは、ありません。お客様ご自身でお選び頂くことが可能です。その際には、どの様な選び方が良いのか?などアドバイスをさせて頂き、お客様と一緒に考えて行きます。

 

お墓の事でわからない事があれば、まずは、お問合せ下さい。お客様の状況に併せたアドバイスをさせて頂きますので、相談だけでも大丈夫です。当方のアドバイスを参考にして頂ければと思います。(初回相談無料ですので、費用は掛かりません。)

お問合せ

お問合せ【 大塚法務行政書士事務所 】東京都葛飾区新宿6-4-15-708

 

 営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)
トップへ戻る