墓地使用規則(管理規約)で確認しておくこと。

墓地使用規則・規定・管理規約等について解説いたします。/大塚法務行政書士事務所(東京都)

墓地使用規則(規定)・管理規約で確認すること。

墓地使用規則・管理規約・使用規定等、 様々な言い方がありますか、基本的には、お墓を使用するルールと言えばわかり易いかもしれません。 お墓の形状に関することや使用者の住所変更・承継者変更手続き、管理費等、細かいルールが定められております。

1.墓地使用規則とは?

墓地墓地使用規則等は、寺院・霊園等にお墓を建てた場合、お墓を使用する規則や義務等が明記されています。 契約前に一度は、目を通しどのような規制や義務があるのか?必ず確認する必要があります。

 

ここでは、寺院墓地・民営墓地とそれぞれ解説していきます。

2.寺院墓地

入檀誓約書

寺院墓地にお墓を建立する場合、最初に入檀することが前提です。その際に入檀誓約書が渡されることがあります。 そこには、檀家としての義務や維持管理費等経費の支払義務、他の宗旨・宗教等にに入信することを禁止する旨などが書かれています 。

使用規則

一般的には、使用目的、維持管理費、埋葬・改葬の手続き、墓地内の制限、使用許可の取り消し等、細かい使用規則が定められております。

 

但し、寺院によっては使用規則管理規約等の書面がない場合もあるので、寺院に お墓を建てる前に、どのような規則等があるのか?事前に確認しておく必要があります。

 

尚、不明な点は、遠慮せずに ご住職にお聞きしましょう。その時の、対応により、今後、気持ち良く お付き合いできるかどうか?わかるはずです。(その時、確認したことは、出来れば書面に残しておきましょう。)

3.民営墓地

墓地の使用目的、使用制限、維持費、管理に基づく権限、事故等の免責事項等、墓地を使用する為のルールが定められております。霊園により細かい内容が異なりますので、1度は、良く目を通し確認しておきましょう。

4.どの様な点に注意すれば良いか?

寺院お墓を建てる、墓じまいをする。それぞれ費用が掛かることになります。一度、お墓を建ると簡単に移すことはできません。寺院・霊園と契約する前に、まずは内容をきちんと把握しましょう。そして、どの様な義務があるのか?どのような規制があるのか?目を通しておきましょう

 

お墓に埋葬できる親等数、維持管理費等の未払時の返還義務等、うっかり見落としがちですか、霊園により内容に差がある場合ありますので、後で慌てないように確認する必要があります。そして、わからない内容については、その場で、担当者等に質問し確認しておきましょう。

5.寺院墓地の注意点

寺院墓地においては 書面での使用規則が無い場合が、まだまだ多くあります。仮にあった場合でも、お布施等の金額が明記されている訳ではありません。当事務所に お墓じまいの ご相談頂く多くの方が、金銭的な負担を感じ、寺院から離檀されています。

 

寺院に墓地を建てる場合、お墓を承継した場合など、事前に どの様な義務や金銭的な負担があるのか?確認しておいた方が良いかと思います。そして、あまりにも高額であると感じた場合は、別の霊園等に改葬することも一つの方法です。

6.まとめ

説明する人当事務所は、お墓の手続きを専門としておりますので、墓地使用規則や管理規約を目にする機会が多くあります。意外と重要なことが記載されていたり霊園等によりその内容が違う場合が多くあります。

 

契約書など、あまり目を通さない方も多いと思いますが、お墓を契約する際に どのようなことが書かれているか?改めて一読されて見てはいかがでしょうか 。

 

墓地を使用するには、どのような決まりやルールがあるのか?細かく記載されていますので、墓地を承継した場合や お墓じまいを考えている方も、どのような手続きか必要か?確認してみましょう。

お問合せ

お問合せ【 大塚法務行政書士事務所 】東京都葛飾区新宿6-4-15-708

 

 営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)
トップへ戻る