散骨のことなら、お墓の手続き専門行政書士へご相談下さい。

散骨相談・手続サポート/大塚法務行政書士事務所(東京都)

散骨のご相談から手続代行までサポート致します。

海を見る夫婦散骨を、お考えの場合、どの様に進めて行けば良いか?費用は、幾ら掛かるのか?手続は?など、わからない事が多くあるかと思います。

 

しかし、第三者的立場から相談に対応してくれる所は、非常に少ない状況です。

 

大塚行政書士【 当事務所では、専門行政書士が、散骨のご相談から手続代行まで対応させて頂いております。】

 

(ご遺骨が、お墓に埋葬されている場合には、お墓じまいから散骨が完了するまで対応いたします。)

 

まずは、お客様とお話をさせて頂きまして、必要なアドバイス及びサポートをさせて頂きます。【 初回相談無料です。】お気軽にお問合せ下さい。

 

【お問合せはこちらから】営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)

この様な場合は、ご相談下さい。(ご相談例)

相談する人〇 お墓がじまいをして散骨をしたい。

 

〇 散骨をどの様に進めれば良いか?相談したい。

 

〇 散骨の手続き全てを代行してほしい。

 

〇 将来、ご自身が亡くなった時は、散骨にしたい。

 

〇 永代供養墓・散骨のどちらが良いか?相談したい。

当事務所の経験・実績を是非ご覧下さい!!

「お客様アンケート」・「過去のご依頼」を掲載しております。参考に ご覧下さい。

散骨サポート案内/【基本報酬 32,000円〜(税別)】

分骨サポートサポート内容:散骨に関するご相談+書類作成

 

【 オプション 】

 

立会い・同行:20,000円/半日、40,000円/1日

 

基本調査・手続代行:30,000円〜

 

同意書・承諾書等作成:30,000円〜

 

墓じまい+散骨手続までオールサポート:126,000円 
(ご相談、寺院・霊園との連絡、石材店・散骨業者等見積書取得、関係先との連絡調整、手続書類作成まで。現地立会・同行費用は別途)

 

※交通費、書類取得費用、郵便費等については、別途請求させて頂きます。※遠隔地等に於いては、日当+宿泊費を請求させて頂く場合があります。※特別な条件、複雑案件につきましては、別途料金を頂く場合があります。

 

【お問合せはこちらから】営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)

散骨に関するコラム

海を見る女性「散骨とは?」墓地以外の場所に、ご遺骨を撒くことを言います。故人の遺志により、海や山等へ散骨する方法が有ります。

 

一般的には、海洋散骨をご選択する方が多く、業者にご遺骨を渡し、散骨を行う方法と、船に同乗して行う方法があります。又、散骨する海についても、東京近郊から沖縄まで選択可能です。

 

現在、散骨について、具体的に明記した法律は有りません。法務省では、「節度をもって行われる限り問題はない。」との見解を出しております。但し、条例等により規制されている地域や公共用地、他人の私有地等では、散骨を行うことは出来ません。

 

生前に散骨のご希望をされている方は、遺言書の作成や生前契約等の準備をしておくことが大切です。

1.散骨前に考えておくこと

若葉

(1)遺族の理解を得て於く

散骨は一度行うと、元に戻すことは不可能です。ご兄弟等の同意を得ずに、独断で散骨をして、後々トラブルになるケースもあります。

 

ご兄弟・ご親族と、よく話合いをされてから、散骨を決められた方が良いかと思います。

(2)散骨は、どなたが行うのか?

@散骨の手続きは誰が行うのか?、A散骨する時は、誰が行くのか?、Bお墓に埋葬されている遺骨を散骨する場合は、墓じまいするのか?その手続は誰が行うのか?、C費用は誰が負担するのか?等、事前に検討しておく必要があります。

(3)ご遺骨の粉末化は?(業者依頼・遺族)

散骨するには、ご遺骨を粉末化します。業者に依頼した場合、洗浄乾燥した後、粉末化するのが一般的です。費用については、ご遺骨一体2万円〜3万円程度になります。ご自身で粉末化を行いたい場合、すり鉢等を使用して粉末化します。

(4)散骨は、遺骨の全部?一部?

全ての遺骨を散骨してしまうと、お墓参りも出来ないので、後悔される方もおります。どちらにするか?事前に遺族で、話合われてから決めましょう。

2.散骨場所について

海

(1)海での散骨

海洋散骨は、概ね次の方法にて行われております。遺骨を2ミリ以下に粉末化、陸地から20キロ以上離れている場所、漁場、釣場、養殖場及び海上交通の要所を避ける等。

 

散骨方法としては、個人葬・合同葬があります。費用、個人葬は30万円程度、合同葬は10万円程度になります。

 

散骨を希望する遺族の方は、船舶で散骨場所に向かい、粉末化された遺骨を水溶性の紙等に包んで散骨を行います。この時に、献花や黙とう等のお別れの挨拶を行います。(希望により僧侶等の同行も可能です。)

(2)山での散骨

山での散骨は、葬儀社、NPO法人等が管理している場所に散骨を行う方法があります。

 

例として、ヨーロッパのモンブランに散骨する企業などもあります。 遺骨は、提携する火葬場等にて粉末化・保管され、年一回の合同散骨を行う形となります。

 

同行された遺族の方により、合同献花を行い、その後ヘリコプターにて山頂周辺に散骨されます。遺族の方は山頂が見える場所にて、ヘリコプターによる散骨を見守ることになります。散骨料金については、30万円程度となっております。 

 

※土地の所有者の許可及び自治体の法令等を確認することにより、個人で散骨を行う事も可能です。

3.ご自身の散骨を生前に希望されている場合

夫婦ご自身が散骨を希望されている場合、その意思を明確にしておく必要があります。

 

生前に、散骨を希望する旨を説明し、賛同者・理解者を得て於きます。次に、遺言書を作成し、理解者を祭祀主催者・遺言執行者に指定します。(遺骨の所有権は祭祀主催者にあります。)

 

但し、散骨方法を遺言書に記載しても法的拘束力は無いため、遺族の反対に寄り実現しない可能性もあります。

 

確実な方法としては、生前契約の締結+公正証書遺言書の作成となります。死後事務委任契約等により葬儀の方法等を締結しておき、その旨をを公正証書遺言書に記載しておきます。

散骨の流れ(参考例)

閉眼供養@寺院(霊園)墓地にて、閉眼供養(墓じまい)を行います。

遺骨取出しA供養完了後、カロートを開け、ご遺骨を取出します。

散骨準備Bご遺骨の移動を行う為、準備をします。

海へ散骨C散骨業者に、ご遺骨をお引渡し、洗浄乾燥・粉骨化後に海洋葬が行われました。

墓石撤去D墓地については、後日、石材店により撤去

散骨Q&A

散骨に役立つ記事を掲載しております。参考にご覧下さい。

 

【 記事の続きは、こちらから 】

散骨マニュアル

散骨について、わかり易くまとめました。参考にご覧下さい。
散骨マニュアルへ

お問合せ

お問合せ【 大塚法務行政書士事務所 】東京都葛飾区新宿6-4-15-708

 

 営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)
トップへ戻る