墓じまいの方法・流れについて、専門行政書士が解説いたします。

墓じまいマニュアル/大塚法務行政書士事務所(東京都)

お墓じまいを お考えなら最初に ご覧下さい。

太陽
【 お墓じまいマニュアル 】

 

相談する夫婦
「お墓の承継者がいない。」、「子供に迷惑をかけたくない。」など、お墓じまいの理由は様々です。

 

お墓じまいを考えた場合に、実際、どう進めれば良いのか?わからない方が多くおります。ここでは、分かり易くお墓じまいについて、解説いたします。是非ご覧ください。

@お墓のご遺骨はどうされますか?

解説する人お墓じまいと言いましても、ご遺骨の納骨先を決めておく必要があります。一般的には、永代供養墓・納骨堂への埋葬、散骨などが多くなっております。

A墓じまいをするお寺のご住職に、まずは相談から

困っている人お墓じまいは、寺院の場合、離檀することになりますので、まずは、ご住職に相談します。この時に、ご自身の状況やお気持ちを正直にお話しましょう。又、離檀する際に必要な費用についても確認しておきましょう。

 

離檀費用等高額な費用を請求された場合、状況により、お墓じまいを断念することがありますので、まずは相談というかたちにて、お話をされたほうが良いかと思います。

B改葬(埋葬)先との契約

住職とお寺お寺の了解を得られたら、ご遺骨の改葬(埋葬)先と契約を行います。契約前に下見を行い、交通の利便性・環境、費用の総額などを確認しておきましょう。

C改葬許可申請書の取得

区役所ご遺骨の改葬(埋葬)には、自治体(市区町村)で発行する改葬許可を取得する必要が有ります。

 

墓じまいをする、お寺を管轄する自治体(市区町村)にて、改葬許可の申請書を取得します。申請時に添付する他の資料についても確認します。

 

※添付資料参考(自治体により異なります。)
@改葬(埋葬)先の使用許可書・受入れ証明書、A死亡日(ご遺骨)が記載されている戸籍、B申請者の住民票、C申請者とご遺骨の続柄がわかる戸籍、D家系図などになります。

D申請書の作成

申請書申請書を取得したら、必要な事項を記入し押印をします。(添付する書類も収集)

 

墓じまいをする、お墓の管理者に埋葬を証明して貰う必要がありますので、お寺のご住職等に、記名押印をお願いします。

E申請書の提出

区役所必要な添付資料が揃い、申請書の記入が完了したら、墓じまいをする、お寺を管轄する自治体(市区町村)に改葬許可申請を行います。当日に許可が出る場合と1〜2週間かかる場合があります。

 

※書類や添付資料に不備があると申請が受理されない場合がありますので、きちんと確認してから申請しましょう。

F墓じまいの日程を決めます。

住職に相談許可が下りましたら、お寺のご住職、石材店に連絡し、お墓じまいをする日を決めます。又、当日に改葬(埋葬)する場合には、埋葬先にも連絡し、時間を決めておきます。

G当日

当日通常の場合、閉眼供養を行った後、ご遺骨を取り出します。

 

撤去については、後日行う場合がほとんどですが、お寺の希望より、当日撤去を行う場合があります。尚、閉眼供養費のお布施については3万円〜5万円程度が相場になります。

Hお墓を更地に戻して返還

更地ご遺骨の移動後に、お墓を撤去し更地に戻して返還します。(事前に指定石材店の有無など、お寺に確認しておきしょう。)

 

指定石材店がない場合は、お寺に紹介してもらうか、ご自身で石材店を探すことになります。撤去費用については、撤去後に支払う場合と事前に支払いを求められる場合がありますので、確認しておきましょう。

 

※撤去を行う前に見積書を必ずもらいましょう。状況が許すようであれば、何社かの見積書を取られたほうが、良いかと思います。

I改葬(埋葬)先にて、ご納骨

夫婦お墓から取り出した遺骨を納骨先へ運搬し納骨します。その際に、改葬許可書を提出します。

 

納骨堂では、ご遺骨の洗浄乾燥後に納骨となる場合があります。この場合、納骨堂の管理者に遺骨を預け、後日納骨となります。

 

新しくお墓を作られた場合は、ここで開眼供養をおこないます。(ご住職をお呼びせずに納骨だけ行う場合もあります。)

 

以上にてお墓じまいの完了となります。

 

【 墓じまいの詳細については、こちらをご覧下さい。】
墓じまい

お問合せ

お問合せ【 大塚法務行政書士事務所 】東京都葛飾区新宿6-4-15-708

 

 営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)
トップへ戻る