分骨の方法・流れについて、お墓の専門行政書士が解説いたします。

分骨マニュアル/大塚法務行政書士事務所(東京都)

分骨を お考えなら最初に ご覧下さい。

太陽
【 分骨マニュアル 】

 

相談する夫婦
「ご両親の遺骨を、本家のお墓から分骨したい。」、「お墓が遠いので、 近くのお墓に分骨したい。」、「兄弟間が疎遠になり、両親の遺骨を分骨したい。」など理由は様々です。しかし、分骨を行うには、何から始めれば良いか?わからない方が多いかと思います。

 

ここで、分骨の方法・流れについて、わかりやすく解説いたします。

@分骨をする前に確認

困っている人お墓(遺骨)の所有権者以外の方は、勝手に分骨をする事は、出来ません。所有権者の了解を得る必要があります。

 

了解を得られたら、後々のトラブル防止の為、分骨の承諾書(同意書)を作成し、所有権者・関係者(兄弟等)に、記名・押印を貰います。※ご自身が所有権者の場合も、ご兄弟等の同意を得た方が、後々のトラブル防止になります。

A準備

住職に相談所有権者の了解を得られたら、寺院・霊園等の管理者に分骨の相談をします。分骨証明書の書類の有無も確認しましょう。

 

証明書が寺院・霊園等に無い場合は、ご自身で用意(作成)します。(自治体に用意されている場合もあります。)

B分骨先との契約

解説する人準備が整いましたら、ご遺骨を埋葬する寺院・霊園等との契約を行います。契約の際には、分骨に必要な書類も確認しましょう。既に所有しているお墓に分骨する場合も、提出する書類を確認しておきます。

 

新たに、霊園・納骨堂等の契約を行う場合は、交通状況、施設の環境、使用規則(管理規約)、総額費用等、事前によく確認してから契約をして下さい。

C日にちの決定

分骨証明書準備が整いましたら、寺院・霊園等の管理者、石材店との日程調整の上、分骨日を決定します。

 

分骨を行う際には、分骨証明書を持参し、寺院・霊園等の管理者に、証明(記名・押印)をお願いします。(分骨用の骨壺も事前に用意し持参します。)

 

同日に、納骨を行う場合は、事前に分骨先に連絡し、時間を決めておきます。

D当日

当日当日、寺院・霊園等の管理者にご挨拶をし、石材店に骨壺を取り出して貰います。分骨用の骨壺にご遺骨を移し、お墓を元の状態に戻します。

 

 ※ご遺骨の取出し費(2万円〜3万円程度)。支払い方法については、事前に石材店に確認しておきましょう。

Eご納骨

分骨納骨先に移動し、分骨した遺骨を納めます。この際に、分骨証明書を管理者に提出します。

 

納骨時に、ご住職をお呼びして供養を行う場合と、ご家族のみで行う場合があります。特に決まった形式は、ありませんので、ご希望により選択して下さい。

 

※納骨費用(2万円〜5万円程度)。
以上にて、分骨完了となります。 

 

【 分骨の詳細については、こちらをご覧下さい。】
分骨

お問合せ

お問合せ【 大塚法務行政書士事務所 】東京都葛飾区新宿6-4-15-708

 

 営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)
トップへ戻る