納骨の時期、手順、必要なもの、服装等、マナーと基礎知識について、わかり易く解説いたします。

納骨の基礎知識と手順について解説いたします。/大塚法務行政書士事務所(東京都)

ご納骨の基礎知識と手順について、解説いたします。

「納骨」とは?故人の 終の棲家である お墓に、ご遺骨を納める事を言います。故人の新しい居場所である お墓。永く、安らかな眠りについて頂く為に、また残された家族の 気持ちの節目 としても大切な行事が、納骨であるのではないか?と考えます。その様な、大切な儀式の納骨について 知っておくと良い事を書きました。ご参考に ご覧下さい。

1.納骨の時期

納骨納骨の時期に特別決まりはありません。一般的には、火葬した ご遺骨を お寺もしくは、自宅に持ち帰り、忌明け(喪に服する期間が終わること)まで供養をします。

 

その後、既にお墓がある場合、また新しい お墓が用意できている場合、四十九日の法要の際に、納骨を行うことが多いようです。最近は、お墓が既に用意できている方が、葬儀当日に 初七日と四十九日の法要を済ませ、それと共に納骨を行うことも少なくありません。

 

ただ、墓地がない。お墓を新しく建てる。気持ちの整理がつかない。などの理由で、納骨が遅れる場合、一周忌や三回忌に開眼法要も兼ねて納骨を行うこともあります。納骨の時期は、それぞれのご家族の事情によって様々です。

【 開眼法要 】
新しい お墓を建てたとき、単なる石で出来た墓石に、仏心を入れ 霊験ある お墓にするための 儀式です。入魂式、入仏式、お魂いれ、お霊入れ、性根入れ などとも言います。呼び方は地方や宗派によって異なるようです。

 

開眼法要により、墓石は、亡くなった人を 供養するための お墓に生まれ変わります。
開眼法要には、寺院へのお布施、仏具の借用代、お供物代、お花代、お斎代(法要のお食事代)、納骨を一緒に行った場合は、石材店への納骨代、寺院墓地以外で行った場合は僧侶へのお車代、僧侶がお斎(法要のお食事)に参加できない時はお斎料が必要になります。

2.納骨法要

お墓に、ご遺骨を納めるときに行う儀式を 納骨法要と言います。家族、親族、またごく親しい知人、ごく内輪で行う事が一般的です。遠方の親族には、無理をして頂く必要はありません。

(1)納骨式前までの準備

@日取りを決める(お寺、参列者へ連絡をする)

 

A石材店への連絡(カロートの蓋となる石を開けてもらうため。)

 

B菩提寺・墓地管理事務所への連絡

 

C塔婆を立てる場合は寺院へ依頼する。

 

D墓地、および周辺の掃除をする

(2)納骨式 当日

墓納骨の前に、寺院や霊園管理事務所で 納骨の手続きを行い、埋葬許可書を提出します。四十九日等の法要を寺院・霊園の本堂で行い、僧侶と共に お墓へ行きます。

 

石材店にカロートを開けてもらい お骨を納めます。納めるのは一般的には、施主様です。石材店には、志として謝礼(1〜3万円)を包みましょう。

 

蓋を閉じたら、墓石の後ろに お塔婆を立てます。(浄土真宗は、お塔婆を立てないようです。)墓前にお花、お供物をお供えします。僧侶による 読経が始まり、参列者による 焼香をします。

 

お斎(おとき)を行います。(納骨後の簡単な お食事で、参列者をおもてなしの事をいいます。)施主が、参列者の皆様へ 集まって頂いた感謝の気持ち とお礼を述べるとよいでしょう。お斎の時には、菓子折りなどの引出物を用意しましょう。

(3)当日に必要なもの

@ご遺骨 A墓地の権利書 B埋葬許可書 C認印 D数珠 E引出物 F塔婆(宗派による) Gお供物 Hお布施 Iお車代 Jお斎料

(4)法要での服装

※男女共、喪服で出席するのが一般的です。

 

男 性:黒のスーツ、黒のネクタイ、黒の靴下、白いワイシャツ、靴

 

女 性:黒いワンピースかスーツ、黒いストッキング、黒いバッグ。
※光る時計やアクセサリーは避けましょう。パール、もしくは結婚指輪は着けられます。

 

子 供:制服があれば制服。なければ、黒、紺のズボンやスカート、白いシャツ。もしくは女児であれば黒か紺のワンピース。ストッキング、靴下、靴は、黒、紺、白を身につけましょう。

3.神道式の納骨

本来、火葬をした その日のうちに行うものとされ、納骨の際には、埋葬祭が行われます。

 

仏式では、亡くなってから7日ごとに様々な法要が営まれますが、神道では10日ごとに霊祭が行われます。お墓が、まだ用意出来ていない場合、忌明けの五十日祭、もしくは一年祭のタイミングで納骨が行われます。

(1)埋葬祭の準備

お墓の周りに 忌み竹を建て注連縄で囲います。遺骨を墓前に安置し、墓石の両側に、銘旗、お榊、お花などを左右対称に並べます。※銘旗(めいき)は、亡くなった人の名前を記す旗です。

 

神に お供えをする飲食物を用意します。米・餅・魚・海苔・野菜・果物・塩などの食べ物や、水・お酒といった飲み物です。故人の好物も一緒に用意しましょう。

(2)埋葬祭の流れ

神職によって修祓(しゅばつ)、穢れを取り除くお祓いが行われます。そして、献饌(けんせん)神に食事を捧げる儀式、祭詞奏上(さいしそうじょう)、神の前で祭詞を唱える儀式が行われ、神職により墓前に玉串が捧げられます。

 

その後、参列者が、玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行います。玉串奉奠後、神饌がが下げられ、神職と参列者が拝礼し 埋葬式が終わります。埋葬祭の儀式の後、親族などが集まり お食事会なども行います。

(3)玉串奉奠(たまぐしほうてん)

お榊に半紙を切って作った紙片(紙垂)をつけたものを玉串と言い、神の霊に通じるものとされています。玉串奉奠の手順は、

 

@一礼 →A神職から玉串を受取る →B神職に一礼 →C玉串案(玉串をのせる机)の前に進む →D玉串を作法通りに回転させて捧げる →E正面を向いたまま一歩下がる →F二拝二拍手一拝する →G神職に一礼し席に戻る

(4)玉串の捧げ方

@右手は、上から玉串の根元を包み、左手は、玉串の先を下から支える。 →A玉串を胸の高さで、ひじを張るように持つ。 →B玉串案(玉串をのせる机)の前に進む。 →C玉串を右回りに90度回して、玉串を縦にする。 →D左手と右手を持ち替える。左手で根元、右手で中ほどを下から支える。 →E玉串をさらに半回転し、根元をお墓に向ける。→F左手を右手の下にそえて玉串案に捧げる。

(5)服装

地味で あれば平服でも構いません。ただし、冠婚葬祭における平服とは、略喪服を意味しますので、気を付けましょう。少しカジュアルでは、あっても、普段着ではない服装。出席する立場や場面、TPOに応じて適した服装を選びましょう。

 

男性:黒、紺、グレーのスーツ

 

女性:黒、紺、グレーのスーツ、ワンピース、アンサンブルなど

(6)神職へのお礼

仏式では、お布施など書きますが、“御礼”、“御祭祀料”、“御初穂料”などとして包みます。また、参列者からの、仏式で言うところのお香典、ご霊前は、“御玉串料”となります。

4.キリスト教の納骨

キリスト教には、カトリックとプロテスタントという宗派があります。カトリックの場合は、神父様が、プロテスタントの場合は、牧師様が 納骨に立会います。

 

納骨の時期は、特に決まりは ありませんが、亡くなってから一か月後に、カトリックの場合は、追悼ミサ、プロテスタントの場合は、昇天記念日に行います。また日曜礼拝に合わせて納骨式を行うことも多いようです。

 

カトリックでは、死後魂は 体から離れ神様のところへ行き、天国へ行った魂は、再び地上に戻って来ることが出来る。という考えから、火葬ではなく土葬をすることが一般的なようです。

(1)納骨式の流れ

神父様 若しくは 牧師様の立会いのもと進められていきます。
@黙祷 ⇒ A讃美歌(一般的に讃美歌312番“いつくしみ深く”など) ⇒ B聖書朗読 ⇒ C神父様、もしくは牧師様の説教 ⇒Dお祈り

 

※献花が行われることもあります。その作法は、日本独自の方法によるものです。

【 献花の捧げ方 】
@花を右にして、右手は下から、左手は上から花を持つ。→ A献花台の前に進む。→ B一礼。→ C根元を献花台に向けて縦にする。→ D右手を持ち替える。→E 根元を下から支えるように左手を持ち替える。→ F献花台に花を捧げる。

(2)服装

葬儀は喪服ですが、納骨式では平服、および普段着の方もいます。出席する立場や場面、TPOに応じて適した服装を選びましょう。

 

男性:黒、紺、グレーのスーツ

 

女性:黒、紺、グレーのスーツ、ワンピース、アンサンブルなど

(3)神父様、牧師様へのお礼

“謝礼”、“お礼”として渡します。

(4)お香典

キリスト教では、お香典はありません。もし、お渡ししたい場合、弔慰金(ちょういきん)とし、“ご霊前”と書きましょう。ただ、宗派によっては、弔慰金も受け取ってもらえない場合があります。

 

もし、弔慰金のかわりに持っていくのであれば、お花か、お菓子が良いでしょう。故人の好きだった、お花を納骨式で献花台に飾っていただけます。

 

一般的には、白い百合が よいようですが、故人が好きだった お花を混ぜて、お花屋さんに キリスト教用に 作ってもらいましょう。お菓子は、納骨式後、参列者の方々と集会で食べたり、分けて 持ち帰る事も出来ます。

お問合せ

お問合せ【 大塚法務行政書士事務所 】東京都葛飾区新宿6-4-15-708

 

 営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)
トップへ戻る