お墓の引越し・移動(改葬)のご相談から手続代行まで、専門行政書士が対応いたします。

お墓の引越し(改葬)相談・代行/大塚法務行政書士事務所(東京都)

お墓の引越し(改葬)のご相談から手続代行まで対応いたします。

夫婦ご遺骨が埋葬されている お墓から別のお墓等に 埋葬することを 「お墓の引越し(改葬)」と言います。

 

永代供養墓・納骨堂・散骨等、様々な改葬が行われております。

 

※他の場所へ埋葬を行う場合には、法律により改葬許可が必要になります。

 

大塚行政書士【 当事務所では、手続代行から現地立会いなど、始めから終わりまで、専門行政書士が全てサポート致します。

 

【 初回相談無料!お気軽にご相談ください。】まずは、ご相談から始めてください。ご相談だけでも大歓迎です!!

 

※当ホームページは、行政書士事務所が運営しております。従いまして、墓石の販売等、特定の業者を斡旋するものではありません。又、お問合せ頂いた後も、再度こちらから催促等のお電話をすることもありませんので、安心してお問合せ下さい。

 

【お問合せはこちらから】営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)

この様な場合は、ご相談下さい。(ご相談例)

相談する人〇 お墓が遠方で、お参りに行けないので近くに移したい。

 

〇 墓じまいをして、永代供養墓・納骨堂へ移したい。

 

〇 今の寺院から別の場所に移したい。

 

〇 複数のお墓を一つにまとめたい。

 

〇 宗教上の理由で別の宗派にお墓を移したい。

過去に、ご依頼頂いたケース(参考例)

(1)埼玉県(霊園)〜茨城県(霊園)へ改葬

各霊園の書類作成・提出から改葬許可取得、現地立会いまで、改葬一式サポート

現場立会

埋葬

(2)福岡県(納骨堂)〜埼玉県(霊園)へ改葬

福岡県の納骨堂手続、供養立会〜埼玉県霊園へご遺骨お引渡し等、改葬一式サポート

供養

骨壺

(3)秋田県(寺院墓地)〜埼玉県(霊園)へ改葬

秋田県の寺院墓地手続・閉眼供養立会い等〜霊園への納骨手続・立会いまで。改葬一式サポート

閉眼供養

納骨

当事務所の経験・実績を是非ご覧下さい!!

「お客様アンケート」・「過去のご依頼」を掲載しております。参考に ご覧下さい。

改葬を当事務所に依頼するメリット

行政書士事務所ならではの安心感!!
説明する女性これまで、お墓の手続き専門行政書士として、長年、お墓の引越し(改葬)に関わってきた、実績・経験により、お客様の状況に応じた、様々なアドバイス・サポートが可能です。

 

必要な手続から現地立会いまで、全てのサポートが可能です。

初回相談無料です!!
相談する人お墓の引越し(改葬)を お考えの際には、お早目に ご相談頂ければ、一連の流れや最初に確認しておくことなど、色々なアドバイスをさせて頂きます。

 

当事務所に、ご相談頂いても、こちらから、催促等の お電話は致しませんので、安心して お問合わせ下さい。

ご希望通りの改葬をサポート致します!!
説明する人お墓の引越し(改葬)を石材店などに依頼する場合、その石材店から、お墓を購入することが 前提となります。既に建立している、別の お墓に改葬する場合は、対応してくれない場合が ほとんどです。  

 

当事務所は、特定の業者等を お勧めすることは ありません。お客様 ご自身で、お選び頂くことが可能です。又、お選び頂くことが難しい場合には、ネットワークのある業者を ご紹介することも可能です。

出骨から納骨まで、お客様に代わって立会い可能です。
事務員寺院・霊園・石材店との連絡調整、改葬の日程調整から、出骨(閉眼供養)・納骨(開眼供養)立会等、お客様の ご希望により当事務所にて行わせて頂きます。

 

お客様が、ご納骨立会いを ご希望される場合には、事前に日程の ご相談をさせて頂き、関係先との調整の上、日程を決めさせて頂きます。

お墓の専門だから安心!!
行政書士

お墓の引越し(改葬)は、人生で一度有るか?無いか?のことです。何から始めて良いか?など、わからなくて当然です。当事務所では、これまでの経験に基づいて、お客様の疑問点について お答えいたします。

 

疑問点があれば、何度でもご質問ください。

改葬サポート案内

Aプラン(費用削減プラン)/基本報酬 32,000円(税別)

●サポート内容:@ご相談/A書類作成/B戸籍調査(申請に必要な場合)

 

Aプラン基本的な書類等は、ご用意頂き申請に必要な書類作成を行います。

Bプラン(手続代行プラン)/基本報酬 63,000円(税別)

●サポート内容:@ご相談/A書類作成/B戸籍調査(申請に必要な場合)/C手続代行(許可申請・取得、寺院等への書類提出)

 

Bプラン改葬に関わる許可申請・取得から書類提出まで一括して行います。

Cプラン(オールサポートプラン)/基本報酬 126,000円(税別)

●サポート内容:@ご相談/A書類作成/B戸籍調査(申請に必要な場合/C手続代行(許可申請・取得、寺院等への書類提出)/D寺院(霊園)・石材店等の連絡・日程調整/Eお墓の撤去費(見積書)取得/F現地調査、立会。

 

Cプラン改葬に関わる全てをサポート。書類一式作成・提出、現地調査及び確認、出骨から納骨までの立会及び代行等

 

 

※対象人数3人目から8千円/人の追加料金となります。※交通費、書類取得費用、郵便費等については、別途請求させて頂きます。※遠隔地等に於いては、日当+宿泊費を請求させて頂く場合があります。※B,Cプランに付きましては、別途日当を請求させて頂きます。(半日2万円、1日4万円)※特別な条件、複雑案件につきましては、別途料金を頂く場合があります。

 

【お問合せはこちらから】営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)

お墓の引越し(改葬)に関するコラム

1.改葬の流れについて

改葬風景

お墓の引越し(改葬)を決めてから実際に行うまでの流れをご説明させて頂きます。参考にご覧下さい。

@寺院(霊苑)等へ事前相談

お墓の引越し(改葬)をする理由を、お墓の管理者に説明し、必要な書類や費用等を確認します。

A改葬先との契約

管理者の了解が得られましたら、改葬先との契約を行います。契約前に現地を訪問し、施設の整備状況や交通環境を確認しておきましょう。又、使用規則・管理規約、費用総額等も契約前に確認して下さい。

B必要な書類の確認・収集

改葬先と契約が完了しましたら、現在、お墓がある地域を管轄する自治体(市区町村)から改葬許可申請書を取得します。その際に、申請書に添付する資料(受入れ証明書等)も確認します。その他、改葬元の寺院・霊園等に提出する書類、石材店の見積書も取得しておきます。

C改葬許可書の取得

書類の準備が出来ましたら、自治体(市区町村)に申請を行い、改葬許可書を取得します。自治体により、その場で発行される場合と一週間程度かかる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

D日にちを決める

寺院・霊園等に提出する書類の準備が出来ましたら、改葬の日にちを決定します。寺院の場合、ご住職の都合をお聞きし閉眼供養が可能な日を確認します。次に、石材店に連絡し、決定した日時を伝えます。同日に改葬を行う場合には、埋葬先の霊園等にも日時を伝えて於きます。

E改葬当日

当日、寺院等お渡しする書類、お布施を持参し閉眼供養を行います。供養完了後、石材店にご遺骨を取り出して貰い、埋葬先の霊園等にて納骨いたします。※改葬許可書は、埋葬先の管理者に提出します。お墓の撤去は後日、石材店により行われます。

2.引越し(改葬)費用はいくらかかるのか?

お墓の引越し(改葬)に掛かる費用をまとめました。参考値としてご覧下さい。

項 目

費 用( 参 考 )

●改葬元に掛かる費用
墓地整地費用(墓石処分) 100,000円〜120,000円程度/m2当り
出骨費用 20,000〜30,000円程度
閉眼供養(お布施) 30,000円〜50,000円程度
離壇料 有無、金額等と様々な為、確認が必要となります。
●改葬先に掛かる費用
納骨費用 20,000〜50,000円程度
開眼供養(お布施) 30,000〜50,000円程度
お墓を新規に購入する場合 百万円程度〜

3.許可申請書に記入する内容について

申請書に記入する男性

@死亡者本籍・住所

死亡時の本籍・住所を記入します。

A氏名・性別、死亡年月日

改葬する方(ご遺骨)の氏名、性別、死亡年月日を記入します。(先祖代々のご遺骨にて、氏名等判別が不明の場合は、不詳と記入します。)

B埋葬・火葬の場所・年月日

通常の場合、現在、埋葬されている寺院・霊園等の場所を記載します。年月日が不明の場合は、不詳と記入します。

C改葬の理由・場所

「墓地移転の為」など理由を記入します。場所については、改葬先の寺院・霊園の住所・名称を記入します。

D申請者の氏名・住所、死亡者との続き柄

許可申請する方の氏名・住所を記入します。続き柄については、死亡者又は、申請者から見た続き柄を記入します。

 

※上記内容につきましては、自治体により異なる場合がありますので、事前にご確認下さい。

4.許可申請に必要(添付)する書類

カロート

@改葬許可申請書

お墓がある場所を管轄する自治体(市区町村)より申請書を取得します。

A受入れ証明書(使用許可書)

改葬先の寺院・霊園から受入れ証明書を発行して貰います。霊園等の場合、契約後に使用許可書が発行されますので、その原本を提示すれば、受入れ証明書不要の場合もあります。

B埋葬(蔵)証明書

基本的には、改葬許可申請書の下段に埋葬証明として寺院・霊園等の管理者に記名・押印をして頂く箇所が有りますので、新たに証明書を頂く必要はありません。

C印 鑑

申請書の押印欄に押印します。記入内容に不備が有った場合、訂正印が必要な場合もありますので、申請時には持参された方が良いかと思います。

D同意書(承諾書)

申請者が墓地の所有者でない場合、同意書(承諾書)・委任状等が必要になります。

 

※自治体により異なる場合がありますので、事前にご確認下さい。その他、戸籍・住民票・家系図等を求められる場合もあります。

5.参考例(当事務所ケース)

墓@改葬許可申請等の準備を行い、ご住職、石材店との日程調整後に、閉眼供養日を決定します。
閉眼供養A当方立会いのもと、閉眼供養。
カロートB供養後に、改葬する ご遺骨を取出します。
骨壺取出し Cご遺骨を取出し、骨壺の水抜きを行い、白布に骨壺を包み 移動準備をします。
カロート確認 D骨壺取出し後のカロート。この後、石材店により お墓の撤去を行います。
納骨準備E改葬先に移動。事前に連絡を行い、日時調整の上、ご納骨を行います。
納骨F当方立会いのもと、ご納骨。お客様は、後日 お参りに来られるとのことです。
お祈りGご納骨完了後、最後に お祈り させて頂きます。

※その他 事例は、下記 事務所実績を ご覧下さい。

 

【お客様の声】・【事務所実績】を是非ご覧下さい。

【お問合せはこちらから】営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)

引越し(改葬)Q&A

お墓の引越し(改葬)マニュアル

※お墓の引越し(改葬)について、わかり易くまとめました。参考にご覧下さい。
改葬マニュアルへ

代表者から一言

代表当事務所に頂く、お問合せ・ご依頼の中で、1番多く頂いてるのが、「お墓の引越し(改葬)」・「お墓じまい」のご相談になります。

 

お子さんに迷惑を掛けたくない。承継者がいない。等の理由により、ご自身が元気なうちに、お墓の整理をとお考えになります。

 

しかし、お墓の引越し(改葬)を決意したが、どのようにすれば良いか?費用は幾らぐらい掛かるのか?わからないことだらけです。しかも、相談できるのは?どこに?となります。

 

お墓や寺院などに関することを相談できる所は、非常に少なく、石材店に聞くと、お墓の購入を迫られそうので、あまり聞きたくない。という方もおります。

お布施についても、いくら必要なのか?高額な費用を請求されたら、どうすれば良いか?など、長い期間、悩んでいる方もおります。その他、石材店は、何処が良いか?、改葬先は、どの様に選べば良いか?、わかないことが、多々有るかと思います。

 

当事務所は、お墓の手続きを専門に行っている行政書士事務所ですので、客観的な立場で、改葬に関するアドバイスが可能です。(当事務所では、お客様の必要な範囲でサポートが可能です。)初回相談無料ですので、まずは、お気軽にお問合せ下さい。

 

※大塚法務行政書士事務所では、行政書士法第一条の二、第一条の三に基づく権利義務・事実証明に関する書類の作成及び、提出代理及び書類作成に付随する相談業務を業として行っております。従って行政書士業務の範囲を超える、民事訴訟や相手方との代理交渉は行っておりません。※行政書士業務の範囲を超える業務に付きましては、お客様のご希望によりネットワークのある他の士業をご紹介致します。

 

※当事務所サイトの無断転載、転用は禁止しております。又、無断転載・転用を発見した場合には、法的措置を取らせて頂く場合があります。

お問合せ

お問合せ【 大塚法務行政書士事務所 】東京都葛飾区新宿6-4-15-708

 

 営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)
トップへ戻る