散骨の方法・流れについて、お墓の専門行政書士が解説いたします。

散骨マニュアル/大塚法務行政書士事務所(東京都)

散骨を お考えなら最初に ご覧下さい。

太陽
【 散骨マニュアル 】

 

相談する夫婦
「お墓が有ると子供に負担がかかる。」、「子供がいないので、お墓じまいをして散骨したい。」など、散骨をする理由は様々です。しかし、今のお墓を閉鎖して散骨を行う場合、どの様に進めれば良いか?わかない事が多くあるかと思います。

 

ここで、墓じまいから散骨までの方法・流れについて、わかりやすく解説いたします。

@散骨をする前に確認(1)

困っている人散骨は一度行うと元に戻せません。お墓参りに行けないなど、後々、後悔しない様に、よく考えてから散骨を決めて下さい。又、ご兄弟・親族に了解を得た上で、散骨を行いましょう。お墓(遺骨)の所有権者以外の方は、勝手に分骨をする事は、出来ません。所有権者の了解を得る必要があります。

A散骨をする前に確認(2)

住職に相談お墓じまいをして散骨する場合、寺院・霊園等の管理者に事前にその旨を伝えておきましょう。

 

寺院の場合、離檀することになります。その場合、高額なお布施を要求される場合もありますので、散骨を決めてしまう前に、一度、相談し費用等を確認しておきましょう。(費用が高額な場合は、そのまま、お墓を維持する方もおります。)

 

参照:「お墓じまいマニュアル」

B散骨業者の選定

散骨相談関係者の了解が得られ、準備が整いましたら、散骨業者を決め契約を行います。(見積書の取得を契約前にして下さい。)

 

※散骨業者は、近年増加傾向にあります。中にはあまり評判の良くない業者もありますので、事前に業者の評判、実績、運営主体等確認しておきましょう。

C書類の確認

解説する人散骨について、明文化された法律はありません。散骨業者に提出する書類も様々になりますが、一般的には、改葬許可書を求められる場合が多い様です。(自治体により散骨は、許可書が出ない場合があります。)

 

改葬許可が発行されない場合は、誓約書等の提出にて散骨を行う場合もありますので、詳しくは、散骨業者に確認して下さい。

 

参照:「お墓の引越し(改葬)マニュアル」

Dご遺骨の取出し

当日準備が整いましたら、墓地管理者・石材店との日程調整の上、墓じまいの日を決定します。

 

閉眼供養を行い、ご遺骨を石材店に取り出して貰います。ご遺骨を取り出したお墓は撤去し更地に戻して返還します。

E散骨業者への引き渡し

解説する人ご遺骨を引き取りに来てもらえるか?、持ち込みか?その費用は?散骨業者により費用が異なりますので、事前に確認しておきましょう。

 

※散骨するご遺骨は、洗浄乾燥後に粉末状にしますので、通常の場合、散骨日前に業者に依頼しておきます。

F当日

散骨する夫婦散骨方法は、業者に委託して散骨してもらう方法と、船に同乗して散骨する方法があります。費用的には、同乗して散骨する方が高額になります。

 

散骨する海も選択出来るケースが多く、遠隔地の方が費用が高くなります。

 

※詳しくは散骨業者に、確認し見積書を取得して下さい。以上にて散骨完了となります。

 

【 散骨の詳細については、こちらをご覧下さい。】
海

お問合せ

お問合せ【 大塚法務行政書士事務所 】東京都葛飾区新宿6-4-15-708

 

 営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)
トップへ戻る