ペットの埋葬・お墓のことから、ペットと一緒のお墓に入りたいとお考えの方への相談・サポート

ペットお墓相談・サポート/大塚法務行政書士事務所(東京都)

ペットのお墓相談・将来一緒のお墓入りたいとお考えの方まで。専門行政書士が対応いたします。

犬と女性ぺットの埋葬・お墓に関すること、将来ペットと一緒のお墓に入りたい。とお考えの方から、ご相談・ご依頼を頂ております。

 

(ペットと一緒のお墓を考えた場合、ペットが先に亡くなった場合と、ご自身が先に亡くなった場合では、状況が異なり準備しておくことに違いがあります。)

 

大塚行政書士【 当事務所では、お客様の状況・ご希望をお聞きした上で、適切なアドバイス・サポートをさせて頂きます。】

 

【 初回相談無料です。】まずは、お気軽にお問合せ下さい。

 

※当ホームページは行政書士事務所が運営しております。従いまして、墓石の販売等、特定の業者を斡旋するものではありません。又、お問合せ頂いた後も、再度こちらから催促等のお電話をすることもありませんので、安心してお問合せ下さい。

 

【お問合せはこちらから】営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)

この様な場合は、ご相談下さい。(ご相談例)

相談する人〇 将来ペットと一緒のお墓に入りたいので、その相談をしたい。

 

〇 ペットのお墓に関する、いろいろな相談をしたい。

 

〇契約に不安があるので、同行してほしい。契約書も照査してほしい。

 

〇 ペットお墓に関する調査・情報収集をしてほしい。

 

〇 様々な霊園・納骨堂の何処にすれば良いか?アドバイスがほしい。

当事務所の経験・実績を是非ご覧下さい!!

「お客様アンケート」・「過去のご依頼」を掲載しております。参考に ご覧下さい。

サポート案内

ペットのお墓相談・サポート(税別)

犬と女性ご希望の範囲にて、サポートさせて頂きます。

 

ご相談:初回相談無料 2回目以降:5,000円/1h

 

墓地の調査・情報収集等:30,000円〜

 

契約書の照査・手続代行等:30,000円〜

 

現地立会い・同行:20,000円/半日、40,000円/1日

 

お墓選びから納骨までのオールサポート:120,000円〜
(ご相談、墓地の調査情報集、石材店等見積書取得、関係先との連絡調整、手続書類作成まで。現地立会・同行費用は別途)

ペットと一緒のお墓にとお考えの方へのサポート(税別)

サポート内容状況をお電話・メールにてお聞かせ下さい。

 

ご相談:初回相談無料 2回目以降:5,000円/1h

 

自筆証書遺言:50,000円〜公正証書遺言:80,000円〜

 

死後事務所委任契約書作成:80,000円〜

 

死後事務・遺言執行:150,000円〜

 

※交通費、書類取得費用、郵便費等については、別途請求させて頂きます。※遠隔地等に於いては、日当+宿泊費を請求させて頂く場合があります。※特別な条件、複雑案件につきましては、別途料金を頂く場合があります。

 

【お問合せはこちらから】営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)

ペットとお墓に関するコラム

新聞を読む女性人の霊園に、ペットの遺骨を埋葬するのは、違法ではありません。法律上、ペットの遺骨は、個人の副葬品扱いとなります。

 

しかし、実際には墓地管理規約・使用規則等にて、ほとんどの場合、ペットの納骨は禁止されております。

 

従って、自宅での埋葬・保管、自治体に依頼する場合以外は、ペット霊園等を選択することになります。※飼い主とペットが、一緒に入ることを前提としている霊園(墓地・納骨堂)もあります。

1..ペットの葬送

夫婦ペットの葬送としては、@自宅の庭等に埋葬する。A自治体に依頼する。B専門業者に依頼する。等の方法があります。

 

自宅に埋葬する場合は、土葬又は火葬後に埋葬することになります。(自治体により禁止されている場合も有りますので、事前にご確認下さい。)

 

自治体に依頼する場合、基本的には、一般廃棄物扱いとなります。(葬儀もなく、遺骨も返還されない場合があります。)※斎場で火葬(動物火葬専用炉等)を行っている自治体もあります。

 

現在、都心部では、ペットを埋葬する土地がなく、自治体に依頼すると、ペットが可哀想という気持ちから、専門業者に依頼する方が多くおります。他のペットと一緒に火葬・納骨する合同葬、個別に火葬して遺骨を返還してもらう個別葬、その他、家族が立会える火葬もあります。

2.ペット葬

花ペット葬は、@合同葬、A個別葬、B家族立会葬と高くなるのが一般的です。又、ペットの体重等により金額がことなります。(1万円〜6万円程度が火葬費用)

 

専門業者等に依頼する場合は、下記の内容を事前に検討しておきます。

 

@葬儀は自宅で行う。或は、ペット霊園の葬儀場を利用する。

 

A火葬は、移動火葬車で行う。或は火葬場で行う。

 

B遺骨は、ペット霊園に埋葬する、納骨堂を利用する、自宅に保管する。

 

※一部の業者と金銭的なトラブルが発生しているケースがあります。見積書を貰い、総額費用・契約内容を事前に確認して下さい。
※飼犬が死亡した場合、市区町村にペットの死亡届を提出し鑑札を返却する必要あります。

3.ぺット霊園を決める際の注意点

指摘する女の子費用の総額、維持管理費、その他費用の有無等について、契約前に確認して下さい。

 

契約内容についても良く確認しておく必要があります。その他、指定石材店の有無、お墓のデザインの制約等も確認しておきましょう。

 

動物の霊園等の経営においては、墓埋法の様、法的規制がなく、一部の霊園では、近隣の住民と揉めているケースも有ります。企業・霊園等の経営状態・評判なども事前に調べておきましょう。

 

折角、ペットのお墓を用意したのに、企業の経営不振等により、倒産したら大変ですので、慎重に判断して下さい。契約前には、必ず現地に行き、周囲の状況や交通の便なども併せて確認して下さい。

ペットのお墓Q&A

ペットのお墓に関する記事を掲載しております。参考にご覧下さい。

【 記事の続きは、こちらから 】

お問合せ

お問合せ【 大塚法務行政書士事務所 】東京都葛飾区新宿6-4-15-708

 

 営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)
トップへ戻る