夫婦とお墓に関する様々問題について、わかり易く解説いたします。

夫婦とお墓の問題について /大塚法務行政書士事務所(東京都)

夫婦とお墓の問題について

1.夫のお墓に入る必要は?

説明する行政書士夫婦は、法律上、「一緒の お墓に入らなければいけない。」という事はありません。

 

 従って、ご自身の「個人墓」を建てる方法や「共同墓」を利用するという方法があります。その他、実家の お墓に入るという選択肢もあります。この場合、「永代使用権者の承諾」及び「墓地の管理者許可」など、後にトラブルとならない様に、話しをしておくことが大切です。
  
夫の実家の お墓に入りたくない場合は、ご夫婦で、新たに お墓を購入する方法や、共同墓を利用する等の方法があります。何れにしましても、よく ご家族のご理解を得て置くことが大切です。又、ご主人に秘密にしたい場合などは、遺言書等を作成し、お子さん等の ご理解を得て置く必要があります。

2.内縁の妻とお墓の問題

「内縁の妻は、夫のお墓に入れるでしょうか? 」まず、お墓の承継者が どなたになるか?という問題があります。 先に内縁の妻が亡くなり、ご主人が、祭祀承継者になる場合は、「奥様が認めるか?」という問題がありますが、その他の場合は、祭祀承継者の方が許可があれば問題無いと思われます。(寺院・霊園等の規約により認められない場合があります。)

 

しかし、どちらが先に亡くなるか?分かりませんので、ご主人が、その旨の「遺言書」を書いて於き「公正証書」にしておく方法などがあります。(この場合、祭祀承継者を内縁の妻に指定しておきます。)仮に、ご主人が先に亡くなり、特に、「遺言書」が無い場合は、残念ながら内縁の妻の方には相続権がありませんので、一緒のお墓に入ることは、祭祀承継者の方の理解が得られない限り難しいかと思われます。

3.夫婦で宗教が違う場合

ご夫婦で宗教が違う場合、「公営墓地」や「宗教不問の民営墓地」を利用する方法があります。 墓石などには、宗教的文字を刻まないようにし、墓碑銘などは、ご家族でよく話し合われた上、墓誌にて戒名やクリスチャンネームを刻み、宗教の特色を出すことが多いようです。

 

「寺院墓地」が既にある場合は、新たに、「公営墓地」や「宗教不問の民営墓地」を購入した方が、後々のトラブルを防ぐことになるかと思います。 その他、ご夫婦の どちらかがクリスチャンの場合等では、「教会の墓地」等に、信者の方々と埋葬する方法・ 納骨堂を利用する方法などもあります。 この場合、ご夫婦で別々になってしまいますので、それでは、さみしいという場合は、やはり宗教不問の霊園等を購入される方が良いかと思います。

4.結婚したが、実家の お墓を継ぐ必要は?

結婚して性が変わったが、実家の お墓はどのようにすれば良いか?という問題があります。

 

性が変わっても お墓を承継することは基本的には可能です。(寺院等により使用規則が定められている場合があります。) 祭祀承継者は、遺言があれば 遺言書できまりますが、特に指定がない場合、慣習により決まるとされています。 その他、家族の申立てにより家庭裁判所の指定により決定する場合もあります。

 

仮に、祭祀承継者になられた場合、他の親族等に祭祀承継者を譲る方法などがありますが、この場合は、事情を良く説明し 理解を得て置くことが大切です。 その他、費用面など 2つのお墓を維持するのが厳しい場合、両家墓にする方法などもあります。 両家墓では、両家の名前を刻むことも当然に可能であり、お墓参りに行きやすい場所に、1つにまとめることも良いかと思います。

 

実際に、お墓を承継した場合が、使用許可書の書き換え等が必要になります。 この場合、「使用許可書」、「戸籍」、「埋葬許可書」、他の兄弟がいる場合は「同意書」など様々な種類が必要になります。 霊園や自治体により違いがありますので、よく確認して手続きをする必要があります。

5.長男の夫が亡くなったが、妻は お墓を継ぐ必要は?

ご主人が、お墓を承継されている場合に、ご主人が亡くなられて 奥様が、お墓を承継することも可能ですが、先祖代々のお墓を承継するのに、不安がある場合や再婚等の予定がある場合は、どの様にすれば良いでしょうか?

 

この場合、亡くなった ご主人に御兄弟がいる場合は、事情を良く説明し、理解を得た上で 祭祀承継者を譲る方法があります。又、状況によりお子さんに祭祀承継を譲る方法もあります。

 

再婚を考えている場合は、現実の段階になった所で、祭祀承継者を譲る方が良いかと思います。仮に、再婚がダメになった場合、実家のお墓に入れず、亡くなった ご主人の お墓にも入れなくなる可能性がありますので、慎重に進めることが大切です。

6.妻の家に養子に入ったが、お墓には入りたくない場合は?

養子縁組をして入った場合又は、単に性を名乗る場合がありますが、 養子縁組をした場合は、相続権がありますので、権利を他の方に譲る。又は、放棄する必要があります。 一方、単に性を名乗っている場合は、相続権がありません。

 

お墓に入らない方法としては、「夫婦で新しいお墓を建てる。」、「実家のお墓に了承を得て入る。」、「散骨・合同葬」など、様々な方法があります。 何れにせよ、遺言書などを作成し、希望を明確にしておくことと、お子さん等に良く話しておき、理解を得て置くことが大切です。

7.離婚・再婚を繰り返したが、お墓は?

離婚、再婚を繰り返したが、今は、1人の状態の場合、お墓については、子供がいるか?いないか?という問題があります。

 

子供がいる場合は、子供も、いずれ お墓に入ると考え、新たに、お墓を建てるのも選択肢の一つになります。子供には、迷惑かけたくないという、お気持ちがある場合は、永代供養墓や合同葬、散骨などの方法があります。

 

どの様にしたいか?は、「遺言書」等に残して置くことと、よく生前に、お子さんと お話しをしておくことが大切です。 その他、実家の お墓に入る方法もありますが、実家の お墓の「祭祀承継者の了解」を得る必要があります。

 

子供がいない場合は、「合同葬」、「散骨」、「永代供養墓」、「実家の お墓に入る」など、上記同様の方法が考えられます。葬儀、お墓の埋葬等、誰に行ってもらうのか?なども 事前に、親族等の身内の方等に 良く話しておき 理解を得ておくことが大切です。

8.再婚したが、先妻の居る お墓には 入りたくない場合?

「再婚したが、先妻の居る お墓には一緒に入りたくない場合」、 どの様な方法が考えられるでしょうか? 1つは、新たにお墓をつくる方法があります。 この場合は、ご夫婦で、新たに お墓を作るのか、或いは、個人墓を建てるのか?という選択肢もあります。

 

その他、新たに建てた お墓に ご主人が亡くなった場合、「分骨」する方法や、お墓を改葬し、既にある遺骨は、「永代供養」する方法もありますが、この場合、先妻の お子さん等に、配慮し良く話し合いを行う必要があります。

 

他に、お墓は、1つになりますが、納骨する場所(カロート)を仕切る方法などもあります。

9.1人っ子同士で結婚したが、お墓は両方相続?

1人っ子同士で結婚された場合、問題の1つとして、お墓のことがあります。 将来的に考えると 費用面や、お参りなど負担が、重くなる場合があります。 この場合、お参りに行き易い場所を選択し、「両家墓」にする方法があります。 「両家墓」にすることで、お参りも同時に行う事ができるとともに、費用面を抑えることができます 。

 

墓石には、両家の名前を彫ることが一般的ですが、将来的なことを考え 「○○家の墓」という文字は刻まず、好きな言葉を刻む場合もあります。 又、費用を抑える為に、どちらかの お墓を使用する方法もあります。

 

「両家墓」にする場合は、どちらか、或いは、両方の お墓の引越し(改葬)手続きが必要になります。 事前に、霊園等に「両家墓」が可能かどうか?を確認することも大切です。特に、寺院墓地の場合は、使用規則等をよく確認しておきましょう。

10.両家墓とは?

両家の お墓を1つにすることにより、「お参り」や「費用の負担」を軽減することが可能です。 墓石には、@両家の名前を彫る。 A○○家とは 入れずに、好きな言葉を刻む。B夫の姓を刻み、妻の姓は、墓誌に刻む。等の方法があります。

 

「両家墓」にする場合は、お墓の引越し(改葬)手続きや寺院墓地等への確認など様々な手続きが必要になりますが、将来的な負担を考えた場合に「両家墓」にするメリットは充分にあるかと思います。

お問合せ

お問合せ【 大塚法務行政書士事務所 】東京都葛飾区新宿6-4-15-708

 

 営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)
トップへ戻る