寺院に埋葬拒否された!その理由は?解説いたします。|大塚法務行政書士事務所(東京都)
お墓に埋葬しようと連絡した際に、寺院側から埋葬出来ないと言われた方がおります。なぜ、その様になってしまったのか?解説致します。|お墓のことなら、ご相談下さい。|書類作成・手続代行・現地立会サポート|相談無料|大塚法務行政書士事務所(東京都葛飾区)
行政書士 大塚博幸
行政書士 大塚博幸

寺院に埋葬拒否された!その理由は?解説いたします。

墓と花
・例えば、母親が亡くなり、父親(故人)が埋葬されている寺院に連絡したが、お宅は埋葬出来ないと言われてしまったが、どうしてその様になるのか?

 

この様になる理由として、葬儀供養、戒名を他の寺院の住職にお願いし、いざ埋葬しようと墓地を所有する寺院に連絡し断られるケースがあります。

 

特に遠方にお墓が有る場合など、急な不幸で寺院に連絡することを忘れ、葬儀社等に紹介された住職にお願いしてしまう方もおります。しかし、本来は埋葬を行う寺院に供養・戒名をお願いすることが基本です。

 

特に戒名は、埋葬する寺院が授け、その寺院の仏弟子となり埋葬を行うという考え方があります。従って他の住職が付けた故人は、埋葬できないと言われることがあります。この様な話は、特別ことではなく一般的な寺院において共通の考え方といえます。

 

他の寺院等で戒名を付ける事は、檀家である寺院への侮辱であり、その様な方は他の寺院に移って貰いたい。又は、うちの寺院に埋葬する場合は、戒名を付け直してほしい。など住職から言われた方もおります。

 

寺院側からすると、こちらは最低限、檀家の方に守って頂くルールとも言えます。

不幸があった場合に最初にすること。

急な不幸があった場合、精神的に不安定な状態で埋葬のことまで気が付かない場合も有りますが、もし、寺院に埋葬する墓地を所有されている場合は、最初にその寺院に連絡をして下さい。

 

寺院が遠方の場合は、葬儀供養はこちらで行い、戒名をお願いする形で良いか等、寺院のご住職に最初に相談して下さい。そこで、どの様に進めるか?ご住職とお話をすることで、納骨までスムーズに行う事が出来ます。

 

あるご住職は葬儀社等に依頼する前に、最初に相談してほしい。とお話をされていました。参考まで。

もし、埋葬を拒否されたら

住職(男性)
上記の戒名等の問題で埋葬を拒否されたら、まずは、失礼があったことを謝罪された方が良いかと思います。そのうえで、どの様にすれば良いか、ご住職に相談して下さい。

 

もし戒名を付け直してほしいと言われ、納得できる様でしたら、その指示に従う事になります。もし離檀をする様に言われ、こちらも納得できる様でしたら、墓じまい→別の寺院・霊園等に改葬ということになります。

 

もし納得で出来ない場合は、弁護士等に相談するという事になります。但し、弁護士に相談し仮に埋葬が出来たとしても、ご住職との関係が気まずくなることが予想できます。その様な関係になった寺院にお墓を持ち続けることは、お墓参り等にストレスを感じることになり、両者にとっても気持ちの良いものではありません。

 

従って①まずは謝罪する→②どの様にすれ納骨できるか確認→③それでも難しい様であれば、墓じまい等について家族で話合ってみる。(状況により弁護士に相談)という流れになるかと思います。

(参考)
墓地、埋葬等に関する法律、第十三条
墓地、納骨堂又は火葬場の管理者は、埋葬、埋蔵、収蔵又は火葬の求めを受けたときは、正当な理由がなければこれを拒んではならない。

(正当な理由に該当するかどうかの判断は、最終的には裁判所の判断になります。)

まとめ

パソコンを打つ行政書士
最初に連絡をし、ご住職に確認しておけば特に問題になることではありません。問題になるのは、全て終わった後に連絡することです。寺院側からすれば、なんの連絡もなく、いきなり納骨の話になり戒名まで他で授けられている。これでは、納骨を反対されるのも仕方がないと思われます。

 

ですので、もし不幸があった場合、まずは寺院に連絡と考えておきましょう。

 

実際に、墓じまい(離檀)することになった場合には、お墓の撤去費用、お布施、埋葬されている遺骨の改葬先の費用とお金が掛かる事になります。望まない墓じまいに費用が掛かる事が無いようにご注意下さい。

お墓の手続き相談・代行TOP

・お墓の手続き相談・代行のトップページは、こちらから

お墓の困りごと関連TOP

・お墓の困りごと関連のトップページは、こちらから

お問合せ

 お問合せは こちらから  

 

~ 大塚法務行政書士事務所 ~

東京都 葛飾区 新宿6-4-15-708

営業時間AM9:00~PM6:00

(土日祝日対応可)