お墓を建てる時期と手順について、解説いたします。

お墓を建てる時期と手順について解説いたします。/大塚法務行政書士事務所(東京都)

お墓は、いつ建てるのが良いか?手順は?

お墓を建てるには、高額な費用が掛かりますので、慎重に進めて行くことが大切です。ここでは、お墓を建てる時期、手順について解説いたします。

1. お墓はいつまでに建てれば良いか?

納骨する人お墓は 法律上 必ず建てなければいけないものではなく、いつ、購入するか? 原則的には、個人の自由となります。

 

仏教徒の場合では、49日、月忌、百か日、一周忌、三回忌など、法要の時に、納骨することが多く、これは、供養の法要が、追善、開眼供養と同時に行うことができる為、参加者が集まる手間が、軽減できるメリットがあります。

 

納骨についても、通常、縁起の良い日と考えますが、仏滅日がダメという決まりは、特にありません。又、墓地を購入した場合でも、基礎工事や彫刻、周辺の工事など、最低でも1ヶ月以上掛かり、購入したからといって、すぐに納骨できる訳では ありません。

2. 生前墓(寿陵)

生前に、お墓を建てることを、「寿陵」といいますが、長寿を願うもので、縁起が良いものと言われています。又、子供に迷惑をかけたくない。などの理由から、「寿陵」を建てる方も増えてきております。

3. お墓が間に合わない場合

納骨堂突然のことにより、お墓の用意が間に合わない、又は、経済的に建てられない場合など、寺院・霊園等にて、ご遺骨を一時保管する方法も有ります。個々の寺院等により費用・内容は異なりますが、数ヶ月単位でも預かって頂けます。

 

お墓を建てる予定の場合は、お墓のカロート・区画の工事を先行して行い、後は、段階的に建墓する方法もあります。つまり お墓を建てる前に、納骨できる場所を先行して造り、納骨を行った後に、墓石(棹石)を建てます。

 

ご納骨が出来れば、後は時間を掛けて、材質、デザインなど考えられますので、急いで建てて失敗しない様に、この様な方法を取られる方もおります。

 

尚、遺骨を、手元に、於いて置くことも違法ではありません。(勝手な場所に埋葬すると違法となります。)最近では、お墓を建てない「散骨」、「樹木葬」などから 仏壇の小さい様なものに ご遺骨を入れ供養する手元供養などもあります。

4. お墓を建てる流れ・手順は?

お墓を建てるには、どの様に進めれば良いか?一般的な流れについて解説いたします。

(1)情報収集

最初に情報を集めることから始まります。市区町が運営する「公営墓地」の場合は、役所に電話で確認する他、広報誌・役所のHPにて、確認する方法などがあります。「民営墓地」については、インターネット・チラシ、電話帳など、様々な方法で情報を集めます。

(2)現地確認

情報収集が出来たら、その中から、希望の条件にあった数カ所をピックアップし、契約内容・費用等を確認します。 現地説明会等にて、現地の状況も確認します。現地の状況を確認出来たら、最も希望・条件等にあう霊園等との契約を行います。

(3)霊園等との契約

契約前に費用の総額、使用規則、管理規約などを確認して下さい。問題が無いようでしたら、霊園との契約を行います。尚、霊園等との契約は、使用権の契約になりますので、同時、又は後日に 実際に建てる お墓を石材店等と契約します。

(4)墓石の契約

墓石の「材質」・「デザイン」・「文字のデザイン」などを考えます。(墓地により、指定の石材店があります。契約前に確認して下さい。)

 

契約後、製作が始まると共に、墓地・外柵の基礎工事が始まります。工事開始から、一定の期間を得て、工事の完了となります。石材店から、完了の連絡が有りましたら、現地で確認しましょう。

5. ご依頼頂いた 過去のケース

お参りお墓を建てるには、高額な費用が掛かりますので、慎重に進めて行くことが大切です。墓地使用権と墓石の契約を行うことになりますが、契約の際には、総額幾ら掛かるのか?併せて考えておく事が大切です。

 

当事務所では、お墓じまいの際に、改葬先の お墓のご相談も頂きます。お墓をどの様に決めて行けば良いか?費用はどの位掛かるのか?などのご相談になります。

 

過去のケースとしては、墓じまいを考えて、既に別の場所に お墓を建てた方からの ご相談が比較的多くなっておりますが、まずは、墓じまいする寺院等の了解を得てから、契約された方が良いかと思います。当事務所でも、その様にお話をさせて頂きます。

 

既に お墓がある方以外は、新たに お墓を建てる事に成りますが、お墓が完成するまで墓じまいしない方や、基礎部分のカロートが出来次第 納骨し、お墓は ゆっくり考えて建てる。と言う方もおります。どちらが良いかは、それぞれの考え方にもよりますので、特にどちらかにしなければいけないものではありません。

墓石の値段について(参考)

墓石の値段は、百万円程度〜一千万円以上まで様々です。デザインによる価格の違いもありますが、主に石材による値段の違いが大きくなります。

 

他えば、二百万円の墓石を建てるとした場合、同じ価格としても、その金額にふさわしい材質なのか?非常にわかりずらい面があります。他の石材店は、もう少し良い石材で建てることが可能なのか?なども疑問も発生します。

 

ですので、最初にデザイン、墓石の材質をある程度決めて、同一条件にて、数社の石材店から見積書を取得すれば、そのお墓の相場がわかることになります。

6. まとめ

説明する人お客様とお話していて、よくお聞きすることですが、葬儀、お布施、お墓のことなど わからない事が多く、費用の相場なども わからないと言われます。

 

お墓を建てることなど、人生で一度あるかないかの事ですので、わからなくて当然と言えますが、この業界自体 不明慮な点が多く相談できるところも少ない状況です。

 

当事務所では、なるべくお役に立てるように、解説しておりますが、解らない点などがあれば、お気軽にご相談下さい。初回相談無料ですので、安心してお問合せ下さい。

お問合せ

お問合せ【 大塚法務行政書士事務所 】東京都葛飾区新宿6-4-15-708

 

 営業時間AM9:00〜PM18:00(土日祝日対応可!)
トップへ戻る