遺骨の埋葬先の選び方と注意点/墓じまい相談・代行

 

【 遺骨の埋葬先は、何処が良いか? 】

 

説明する男性

墓じまいの際に、遺骨の埋葬先は、何処にすれば良いか?まずは、墓じまいをする理由を考えましょう。

 

〇お墓の承継者がいない。
〇子供にお寺の維持管理費や寄付などで
〇お金の迷惑をかけたくない。

 

などの理由でお墓じまいをされる方が、一番多いかと思いますが、上記の場合には、ご遺骨の永代供養が出来、最初の契約費以外は発生しないことが理想ではないでしょうか?

 

上記の要件を満たす霊園等は、永代供養墓になりますが、永代供養墓と言いましても、通常のお墓(個別葬)、永代供塔などに合祀する永代供養墓、納骨堂、樹木葬など、様々な種類があります。

 

今人気が高いのは、納骨堂や樹木葬などの個別に埋葬する お墓になります。

 

上記の納骨堂や樹木葬の費用は、通常のお墓を建てるより、割安といえます。(十数万円〜五、六十万円程度)

 

個別葬にこだわらない場合は、永代供養塔などがある霊園などに合祀することになります。こちらは、さらに費用が安く、数万円〜十数万円程度になります。

 

先祖代々のお墓で、ご遺骨が多くある場合は、ご両親のご遺骨を納骨堂へ埋葬し、その他、ご先祖のご遺骨を永代供養墓へ合祀される方もおります。

 

永代供養墓や納骨堂などでは、納骨できるご遺骨数に限りがありますので、ご遺骨の多い場合は、この様な検討も必要になります。

 

※合祀による埋葬を行う場合は、よくご親族にお話をされ理解を得られてからの方が良いかと思います。
合祀された、ご遺骨はもとに戻すことは、できません。

 

同様の意味では、散骨も同じになります。こちらもご遺骨を元に戻すことは、出来ませんので、よく検討されてから行う方が良いかと思います。

 

 

遠くのお墓を墓じまいし、近くの霊園にお墓を建てる場合もあります。

 

この場合、どのようにお墓を決めて行けばよいでしょうか?

 

これは、お墓参りへの行きやすさ(交通の便の良さ)お墓の永代使用料及び墓石購入費用などの費用総額を併せて検討していく必要があります。

 

せっかく、お墓じまいをして、近くにお墓を新たに設ける訳ですから、何よりも、お参りに行きやすいことが、大切ではないでしょうか?

 

特に、ご自身が高齢になられてからも、お墓参りしやすい場所へ決められた方が良いかと思います。(駅からどの様にいけるか?階段などの段差は、多くないか?など)

 

この様にして、例えば交通の便が良い場所が見つかったとしても、費用の総額はいくらになるのか?管理費等は、年間いくらになるのか?など ご自身の予算に応じた霊園等を選択する必要があります。

 

お墓じまいには、お墓の撤去費用も発生しますので、お墓の撤去費とお墓の購入費を併せて考えて行く必要があります。

 

【 遺骨の埋葬先選びの注意点 】

 

説明する男性

墓じまいした後に、埋葬されている遺骨を他の場所に埋葬する必要があります。
永代供養墓、納骨堂、樹木葬、散骨など様々な埋葬先が選択可能です。

 

どの様な形式で埋葬されるかは、ご自身のご希望と予算により選択が可能です。通常の場合には、埋葬先をご自身で決めていくことになりますが、総額でいくらになるのか?必ず確認する必要があります。

 

墓じまいから、ご遺骨を他の場所に埋葬する場合、ご遺骨の取出し、埋葬、ご遺骨の移動、改葬許可書の取得など様々な費用などが発生いたします。

 

一つ一つ費用を確認し、総額でいくらなのか?を確認しておかないと、思わぬことで予算オーバーになる可能性があります。

 

石材店から、お墓を購入する際に、サービスで、改葬手続や、ご遺骨の運搬などを行ってくれるので、そこと契約したが、後日、連絡した所、担当者が勝手に言ったことで、当社では、その様なことは、行っておりません。言われた方もおります。

 

ですので、お墓の埋葬先の決定の際に、サービス内容なども含めて契約しようと思われた場合、その内容を書面で頂いた方が良いかと思います。又、状況に併せて会社に、その様なサービスを行っているのか?確認しましょう。

 

 

埋葬する霊園などが、ある程度、決まりましたら、実際に霊園に行き、その霊園の担当者などに、疑問点など、よく確認しておきましょう。

 

その際に、親切に対応してくれるか?霊園の雰囲気は、どうか?石材店などは、どのようになっているのか?管理規約などは、明確になっているか?細かいところまで、確認していきましょう。通常の場合は、親切に対応してくれるはずです。

 

 

実際に契約する前に、ご自身で霊園に行かれて、良い印象を持たれたら、念のためインタ―ネットなどで、その霊園などの評判なども調べておきましょう。

 

特に石材店が短期間でコロコロ変わっている場合などは、問題がある場合がありますので、注意が必要です。
全て問題が無いようでしたら、ご自身の希望にあった埋葬先へ埋葬することになります。

 

※散骨や合祀は、親族やご兄弟などの理解を得られた方が良いかと思います。状況により、同意書なども作成しておきましょう。

 

【 埋葬先との契約は、いつすれば良いか? 】

 

説明する男性

墓じまいをする際に、ご遺骨が埋葬されている場合は、ご遺骨の埋葬先を決めておく必要があります。

 

ご遺骨の埋葬先は、納骨堂や霊園など、様々ですが、墓じまいを行うに辺り、どの段階で埋葬先との契約をすれば良いか?という問題があります。

 

墓じまいを決められた段階で、先に契約をされる方が 多くおりますが、少し考えてみましょう。

 

墓じまいをするお墓が、お寺にある場合など、ご住職の反対や費用面などの問題で、墓じまいを断念される方もおります。

 

このような場合、契約したお墓が無駄になってしまいます。通常の場合、お墓じまいを断念することは、あまりありませんが、状況によっては、この様なことも可能性があると言うことです。

 

当事務所に墓じまいのご相談に来れられた場合、墓じまいをする お寺のご住職などの了解を得られてから、契約をされたほうがよいですよ。とアドバイスさせて頂きます。つまり、お墓じまいを考えられて、ある程度進んでから契約しても、特に問題がないのです。

 

先に契約してしまうと、墓じまいを必ずしなければと心理的なプレッシャーも掛かります。

 

しかし、墓じまいのお布施など、思わぬ高額な費用を言われてしまった場合や 墓じまいを反対され、ご住職と揉めてしまった場合など、墓じまいを考え直すこともありますので、まずは、お寺のご住職など管理者の了解、お布施など費用、お墓の撤去費用(石材店より見積書取得)など確認し、問題がないようでしたら、ご希望の納骨先と契約をされたほうが良いかと思います。

 

予算的にも、まずは、墓じまいに関する総額を決めておくことで、そこから、お寺などの費用、墓石撤去費を除き、残りの費用を、ご遺骨の埋葬先との契約費用にすることが可能です。

 

先に契約し、後で思わぬ費用が発生した場合、予算オーバーになる可能性もありますので、注意が必要です。

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】