墓じまいする時期と考えておくこと/墓じまい相談・代行

 

【墓じまいは何時すべきか? 】

 

説明する男性

当事務所にご相談頂いた後、墓じまいの決断がつかず、しばらく放置される方がおります。当事務所では、催促等の電話は致しませんので、しばらくそのままの状態になります。

 

しかし、一年後、半年後などに再度お電話を頂き、墓じまいとお墓の引越し(改葬)のご依頼を頂く場合があります。

 

お客様に話をお伺いすると、その間、ずーと悩まれていた。とのことでした。いずれ整理しなければと思っており、気持ち的にも引っ掛かるものがあり、やはり墓じまいをする。と決断されたとのことです。

 

墓じまいとお墓の引越し(改葬)が終わった際に、「これでほっとしました、ありがとうございました。」との お言葉と「もっと早く墓じまいしてれば良かった。」とお話をされていました。

 

墓じまいは終活の一部と考えられ、子供に迷惑をかけたくない。承継者がいない。等の理由により既存の墓地を整理し、永代供養墓等に埋葬します。

 

墓地の整理をしたい。と考えられた場合、実際に行わないと、ずっと気持ちを引きずることになります。そして、ご自身が元気な内に行っておかないと結局、できなくなります。

 

ですので、墓じまいを思われたら、先延ばしせずに早めに行っておいた方が、後々の気持ちも楽になるのではないでしょうか?

 

では、実際に行う場合に何から始めればよいのか?費用は幾ら掛かるのか?不安に思われることも多いかと思います。

 

もし、ご自身で行うのが難しい場合などは、当事務所に相談だけでもして頂ければと思います。

 

ご自身でされる場合には、まずは寺院等の管理者(ご住職等)に、ご相談をしてください。そこで、墓じまいをしたいと思っているのですが。と相談され費用や書類などを確認して頂ければと思います。

 

 

墓じまいについて、インターネットの広告などに石材店広告が、よく出ておりますが、基本的には墓地撤去を、石材店に依頼する必要や埋葬先の墓地を依頼する前提になっておりますので注意してください。

 

基本的には一つの業者より何店かの石材店から見積りを取り、担当者や会社の対応も確認してから決められた方が良いかと思います。実質的にお墓の引越し(改葬)手続がサービスとしても墓地撤去や購入で高額な費用を取られたら意味がありません。

 

費用については、金額が高いか安いか一般の方にはわかりずらい面があります。ですので、もし心配があるのであれば専門家に一度ご相談して頂ければと思います。

 

 

話を元に戻しまして、墓じまいを考えられたら、お早めにと話をさせて頂きましたが、では具体的な時期は?といいますと、お盆、お彼岸、年末年始の時期は、ご住職も大変忙しくなりますので、寺院の場合は、この時期は、避けたほうが良いかと思います。

 

一般的に墓じまいと言いましても、お墓を撤去して更地に戻すまでが墓じまいではなく、寺院に墓地返還届などを提出し離檀し、ご住職に閉眼供養をして頂き、ご遺骨を取り出した段階で墓じまいとなります。

 

撤去については、寺院の都合など調整し石材店が、日にちを決めて行うことになりますが、ご遺骨を取り出した時点で、寺院との縁もなくなり、墓じまい完了と考えられて良いかと思います。

 

但し、寺院の指定石材店ではなく、ご自身で石材店を決められた場合は、撤去するまで責任を持つ必要があります。

 

上記の手続等を行い、墓じまいが終わった時に、早めにして良かった。と感じられる筈です。

 

終活の一部として考えた場合も、一つ大きな事が整理できた事になります。後は、遺言書や相続の問題も整理して行けば、ご自身のお気持ちに沿う終活になるかと思います。

 

ですので、墓じまいを考えられたら、お早目にと言うことになります。誰も、ご自身に変わり墓じまいは、出来ません。もし、ご自身がお亡くなりになり、お子さんがお墓に負担を感じた場合は、お子さんが墓じまいをすることになります。

 

負担を掛けたくないと思われる場合は、今の内に整理されることを、お勧めいたします。

 

 

【墓じまいで考えておくこと 】

 

説明する男性

ご遺骨をどうするか?考えて頂く必要あります。

 

ご相談頂くケースとしましては、先祖代々の墓地があり、両親の遺骨も埋葬されている。しかし、寺院のお布施等、費用の面で厳しいので、寺院から離檀し両親の遺骨を納骨堂へ。

 

この様なご相談が多くなっておりますが、ここで重要なことは、ご両親以外のご遺骨はどうされるのか?

 

という事になります。今の寺院の永代供養墓に埋葬する、適当に処理をしてほしい等の話をされる方もおります。

 

まず今の寺院にて永代供養する場合では、寺院と離檀する事になります。そして、寺院の永代供養墓に埋葬となりますが、寺院の永代供養墓はご遺骨一体10万円〜50万円程度など費用が掛かります。

 

例えば、先祖の遺骨が8体埋葬されたいた場合、仮に50万円として×8=400万円になります。これは別にめずらしい額ではありません。

 

ですので、費用を抑えたい場合は、寺院の永代供養墓の費用が幾らなのか?把握しておく必要があります。

 

次のケースとして、適当に処理してほしい。これは出来ません。

 

ご遺骨の埋葬は必ず霊園等にする必要があります。適当な場所にて廃棄した場合、遺体遺棄等の違法行為に該当する可能性があります。

 

ですので、費用を比較的に抑える方法としては、@お墓の引越し(改葬)先に全て埋葬する。A別々したい場合は、永代供養墓に合祀する。B散骨する。等が考えられます。

 

 

墓じまいをして、ご遺骨を納骨堂に埋葬する場合は、何体まで埋葬可能か?確認しましょう。

 

骨壺では、数個しか入らない場合も、さらしの袋に遺骨を移し替えて埋葬する方法もあります。さらしの袋にて埋葬した場合は、骨壺で埋葬するよりも、ご遺骨数が多く納骨出来ます。

 

上記の場合、一箇所の契約で済みますので、墓じまい+改葬先契約にて完了となります。

 

〇両親と先祖の遺骨を分けたい場合、

 

こちらの場合は、まず今の寺院に永代供養した場合の費用を確認しておきましょう。ご遺骨数が多い場合は費用も高額になりますので把握しておく必要があります。

 

費用が納得いく場合には、ご両親の遺骨を契約した永代供養墓に改葬、今のお墓を墓じまい(離檀)、先祖の遺骨を寺院の永代供養墓へ埋葬という流れになります。

 

但し、お墓が有る寺院と縁を切りたい場合は、別の埋葬先を確保する必要があります。NPO法人の運営する霊園等では、ご遺骨一体3万円〜、散骨の場合、10万円程度〜になるかと思います。

 

上記の場合は、ご両親の永代供養墓の契約、ご先祖の埋葬先の契約、今の墓地の墓じまい(離檀)になります。自治体に申請する改葬許可申請も2か所に分かれることになります。

 

 

この様に墓じまいと言いましても、先祖代々のお墓などの場合は、今有るご遺骨をどの様にするか考えておく必要があります。又、費用もそれなりに掛かりますので、ご家族と良くお話をされてから決められた方が良いのではないでしょうか?

 

一度、永代供養墓に合祀した場合や散骨した場合は、二度と元には戻りませんので、慎重に判断されたほうが良いかと思います。又、費用についても、全体でどのくらい必要なのか?良く確認しておく必要があります。

 

特に、ご遺骨数が多い場合は、改葬費用も高額になる場合が多く、お客様に相談した結果、同一寺院にて永代供養を行った場合もあります。

 

又、ご先祖が土葬の場合、再火葬が必要になる場合も有りますので、ご遺骨数が不明の場合一度お墓を開けて確認する必要があります。

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】