墓じまいをする時の住職への話し方/墓じまい相談・代行

 

【 墓じまいをする時の住職への話し方 】

 

説明する男性

墓じまいを考えたら、まずは、ご住職へ相談してみましょう。 その際には、なぜ墓じまいをしたいのか?きちんと理由を説明しましょう。

 

「〇〇〇〇〇な理由で、お墓じまいを考えているのですが、まずは、ご住職に相談させて頂きました。」 など、最初は あくまでも相談するという方法が良いかと思います。 この際に、住職から墓じまいに必要な書類や費用のお話があります。

 

ここで、高額な お布施などの話がでた場合は、 「もう一度、家族と話し合ってみます。」と先送りにすることも可能です。 ですので、まずは 墓じまいの相談という話し方が良いかと思います。

 

墓じまいを一方的にきめ、「墓じまいするので、どうすれば良いですか?」「既に遺骨の移動先の納骨堂も契約しました。」 など、最初から決めて、お話をすると、思わぬ費用を言われ、感情的になり住職と揉めてしまった。 と言う話を良くお聞きします。

 

ですので、まずは 墓じまいの相談という話し方で、どの様な、手続や費用がかかるのか? 確認していくことが大切です。

 

 

ご住職も人間ですので、いろいろな方がおられます。

 

不親切で無愛想で、顔も見たくない。 と言われる方も おります。 墓じまいで、いろいろ文句を言われ、感情的になり怒鳴りあってしまった。 などのお話も よくお聞きします。

 

これでは、一番大事な お墓じまいをすることが難しくなります。

 

基本的には、お願いする立場になりますので、感情的にならず、冷静に対応していくことが大切です。 例えば、お墓じまいのお布施として、高額な離檀料を言われた場合、まずは、家族に相談してみます。 など一旦時間をおき、家族の方に相談され、今は、生活に余裕が無い為、これぐらいなら可能なのですが。と改めてお話をされたほうが良いかと思います。

 

話し方は、あくまでも丁寧に話していくことが大切です。 感情的になり、双方が弁護士をたて争うことになる場合もありますが、 通常の場合は、そこまでは、したくないと お考えになるはずです。

 

ですので、不要なトラブルを避ける為、 感情的にならずに、丁寧な話し方を心がけ、きちんと礼をつくして お話をされたほうが、良いのではないでしょうか? ご住職も人間です。 きちんとした対応をとれば、ほとんどの方が、わかって頂けます。

 

 

※こちらは、過去に掲載された記事になります。
【墓じまい時の寺院との話し方 】

 

説明する男性

墓じまい・お墓の引越し(改葬)の際に寺院の住職と、どの様に話したら良いか?不安に思われる方がおります。

 

まずは、今までお世話になっていたお礼を述べてから、相談という事で話をされた方が良いかと思います。

 

一方的に決めつけて又は、既に決めてしまってから話をされた場合に、その後の話が進まなくなる場合があります。

 

ですので、最初は、このように思っているのですが。如何でしょうか?と相談し、ご住職のお返事を聞くほうが良いかと思います。

 

その際に問題無ければ、了解を得られますし、もし、問題がある場合、色々と説明があるかと思います。

 

その際に話をよく聞き、今後の対応を改めて決める方が良いかと思います。

 

もし決めつけた話の仕方をして、墓じまいの費用が高額だった場合、後戻りが出来ない状況になります。

 

ご住職に相談という形の方が柔軟な対応が可能になるのではないでしょうか?

 

もし、何か問題があって反対された場合など、感情的にならずに、ご自身の気持ちを丁寧に説明し、回答に困るようなことは、一度持ち帰り、ご家族等に相談して決められた方がよいかと思います。

 

特に高額な離檀料などをその場で支払う返事をしてしまい、後で困らない様にしましょう。

 

もし、お話が苦手な場合には、お手紙などで自身の気持ちをお送りするのも一つの方法です。

 

しかし、お手紙の後も、一度お会いして話をされたほうが良いかと思います。特に電話だけで終わる問題では有りませんので、きちんと話をして説明しましょう。

 

こちらから一方的な話し方をして、住職と揉めてしまい墓じまいが出来なくなる事もありますので、一つ一つ慎重に確認しながら進めることが大切です。

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】