お墓の引越し(改葬)マニュアルを掲載しております。お墓の事なら専門の行政書士へご相談下さい。

お墓の引越し(改葬)マニュアル

お墓の引越し(改葬)マニュアル1

 

お墓の引越し(改葬)の理由には、様々な理由が有りますが、お墓が遠くてお参りに行けない。子供に迷惑を掛けたくない、承継者がいないので永代供養墓に改葬したいなどの理由が多いかと思います。ここで、お墓の引越し(墓改葬)について具体的に記載いたします。

お墓の引越し(改葬)マニュアル2

 

≪@お墓の引越し(墓改葬)先を準備する≫

 

まずは、どちらにお墓を引越し(墓改葬)するか?決めておきます。引越し先の交通の利便性や環境、使用規則及び費用の総額など確認しておきましょう。

 

具体的な候補が決まったら、今あるお墓の管理者に、お墓の引越し(墓改葬)の相談をします。

お墓の引越し(改葬)マニュアル3

 

≪Aお墓の引越し先と契約する前に≫

 

引越し先と契約してしまった後に、引越し(改葬)費用があまりにも高額で、お墓の引越し(墓改葬)を諦める場合もあります。例えば、お寺に高額の離檀料を請求され、それならば、今のままで良いと思われる場合等になります。

 

ですので、最初にお墓の引越し(墓改葬)を決めて、住職にお話ををするのではなく、あくまでも相談という形で、お墓の引越し(墓改葬)をする理由を正直に話をして、了解を得る方が良いかと思います。

 

あくまでも相談なので、状況によっては今のまま、お願いすることも可能になります。一方的に決めつけて話をすると、ご住職も不快に思われる場合が有りますし、離檀料等の費用が高額な場合に、後戻りしづらい状況になります。

お墓の引越し(改葬)マニュアル4

 

≪B改葬許可申請書の取得及び添付資料の確認≫

 

今あるお墓の管理者(寺院のご住職等)の了解が取れましたら、引越し(改葬)先との契約をし、お墓の引越しに必要な準備をします。

 

お墓の引越し(改葬)には、改葬許可が必要になりますので、今のお墓を管轄する市区町村にて、改葬許可申請書を取得します。申請書に添付する資料につきましても市区町村にて違いがありますので、何が必要かを確認しておきましょう。

 

例としては、引越し先の霊園等の使用許可書、受入れ証明書、改葬する方の(ご遺骨)の死亡日がわかる戸籍、改葬申請者の住民票、申請者と改葬する方との関係がわかる戸籍、家系図など

お墓の引越し(改葬)マニュアル5

 

≪C今あるお墓の管理者に記名押印をお願いします≫

 

改葬許可申請書に必要事項を記載します。
申請書の内容は市区町村により様々ですが一般的な内容としましては、

 

・死亡者の本籍
・死亡者の住所
・死亡者の名前、性別
・火葬及び埋葬場所、年月日
・お墓の引越し(改葬)先の住所
・申請者との続柄
・申請者の名前、住所などを記載します。

 

必要事項を記載したら、今のお墓の管理者に埋葬の事実証明として、記名押印をして頂きます。

お墓の引越し(改葬)マニュアル6

 

≪Dお墓の引越し(改葬許可)申請≫

 

必要事項を記載し、お墓の管理者に記名押印をして頂き、添付資料の用意が出来たら、今あるお墓を管轄する市区町村に改葬許可申請いたします。

 

当日に許可がでる場合と1〜2週間かかる場合があります。

 

ここで書類の不備や添付資料の不足があると、再度、改葬許可申請を行うことになりますので、きちんと確認して申請しましょう。

お墓の引越し(改葬)マニュアル7

 

≪Eお墓の引越し(改葬)日の決定≫

 

改葬許可が下りたら、いよいよお墓の引越し(改葬)の日にちを決めます。

 

今あるお墓の管理者(ご住職等)、石材店、引越し先の管理者や石材店に連絡し予定を確認した上、日にちを決めます。この時に、閉眼供養や開眼供養等についても確認しておきましょう。

お墓の引越し(改葬)マニュアル8

 

≪Fお墓の引越し(改葬)日≫

 

閉眼供養を行い、石材店にご遺骨を取り出してもらいます。ご遺骨を取り出し、白布で骨壺を包み引越し先に運搬できる状態にします。

 

ご自身で運ばれる場合は、カバンなど入れ物を用意し、タオルなどをクッションとして詰めて移動中に骨壺が割れないようにします。又、骨壺の中に水が溜まっている場合が、ありますので事前に水をしっかりと抜いておかないと移動中に水漏れする場合がありますので注意しましょう。

 

ご遺骨を引越し先に運んだら開眼供養を行い納骨いたします。

 

納骨堂では、ご遺骨の洗浄乾燥を求められる場合が、有ります。この場合、引越し先の管理者に、ご遺骨を預け洗浄乾燥を行った後に、ご納骨となります。

 

※引越し(改葬)先には改葬許可書を提出します。

 

閉眼供養及び開眼供養のお布施の金額については、3万円〜5万円程度が相場になります。(状況により供養自体行わない場合があります。)

お墓の引越し(改葬)マニュアル9

 

≪Gお墓を更地に戻して返還≫

 

お墓の引越し(改葬)が終わりましたら、今あるお墓を撤去し更地に戻して返還します。

 

事前に墓地の管理者に石材店の確認をしておきます。指定石材店の有る場合は指定石材店へ、無い場合は、ご自身で石材店を探すか、紹介をしてもらう事になります。

 

撤去費用については、事前に求められる場合と、完了後に請求される場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

 

通常の場合は、ご遺骨の移動が完了したら、お墓の撤去は石材店に任せることになります。これにてお墓の引越し(改葬)が全て完了となります。

お墓の引越し(改葬)マニュアル10

 

当事務所では、お墓の手続きについて様々なサポートを行わせて頂いております。
お墓の引越し(改葬)手続の相談から代行まで、お墓のことでお悩みなら是非ご相談下さい。初回相談無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。

お墓の引越し(改葬)相談・代行 お問合せ

【お墓の引越し(改葬)でお困りならご相談下さい!!】

 

お墓の引越し(改葬)相談代行のお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

お墓の引越し(改葬)相談代行のお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

お墓の引越し(改葬)相談代行のメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

お墓の引越し(改葬)相談代行のスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

 

HOME 事務所実績 お客様の声 事務所案内 ご利用料金 お問合せ