散骨マニュアルを掲載しております。お墓の事なら専門の行政書士へご相談下さい。

散骨マニュアル

散骨マニュアル1

 

お墓があると子供に負担がかかる。子供がいないのでお墓じまいをして散骨したいなど、散骨をする理由は様々です。

 

ここでは散骨の具体的な流れについて、わかりやすく説明しております。是非一度ご覧ください。(ここでは今あるお墓から散骨するケースになります。)

散骨マニュアル2

 

≪@散骨する前に≫

 

散骨は一度行ってしまうと元には戻せません。後でお墓参りに行きたいなど、後悔しないように、よく考えた上で行いましょう。又、ご兄弟やご親族にも了解を得た上で、散骨を行いましょう。

散骨マニュアル3

 

≪A散骨をする前に≫

 

今あるお墓を墓じまいして散骨する場合は、通常のお墓の改葬とほぼ同様な流れになります。(お墓の引越し(改葬)マニュアル参照)(お墓じまいマニュアル参照)

 

従って、今あるお墓を撤去し、お寺から離檀することになりますので、まずは、お寺のご住職に相談しましょう。相談する際には、ご自身のお気持ちや状況を正直に説明しましょう。

 

あくまでも相談というかたちで、お話に行くほうが良いかと思います。散骨を決めてから、お話に行くと、スムーズに行かない場合があります。又、離檀費用等も高額な場合は、散骨を諦める場合がありますので、最初は、ご相談というかたちにて、お話をしましょう。

散骨マニュアル4

 

≪B散骨業者の選定≫

 

散骨に必要な準備が整ったら散骨業者との契約を行います。散骨業者は最近増えてきており、中にはあまり評判もよくない業者もありますので、事前に、どの業者にするか、きちんと確認しておきましょう。

 

又、費用についても、必ず見積書を取り確認しておきましょう。(散骨に必要な書類についても確認しておきましょう。)

散骨マニュアル5

 

≪C書類の確認≫

 

散骨については、法律的にきちんとした明文がありませんので、散骨業者に提出する書類も様々になります。一般的には、お墓の改葬許可を求められる場合が多いようです。

 

しかし、自治体によりますが、散骨の場合は、改葬許可を発行しない自治体もありますので、散骨業者によく確認した上で、書類を用意しましょう。

散骨マニュアル6

 

≪Dご遺骨の移動≫

 

書類の準備が整ったら、お墓じまいの日を決定します。今あるお墓の管理者、石材店、散骨業者との調整の上日程を決めます。

 

日程が決まったら当日お墓に行き、閉眼供養を行った上で、ご遺骨を取り出します。後は、お墓を撤去し更地に戻して返還します。(詳しくはお墓の引越しマニュアル、お墓じまいマニュアルをご覧ください。)

散骨マニュアル7

 

≪E取り出したご遺骨を散骨業者へ≫

 

取り出した遺骨を散骨業者に引き渡し洗浄乾燥後、パウダー状のご遺骨にします。散骨と言えば、多くが海洋葬となります。一般的にはパウダー状にした、ご遺骨を散骨します。

散骨マニュアル8

 

≪F散骨当日≫

 

散骨方法については、業者によりことなりますが、一般的には、業者に委託して散骨してもらう方法と、船に同乗して散骨する方法があります。費用的には同乗して、散骨する方が高価になります。

 

又、散骨する海についても、選べるケースが多く、遠隔地の方が費用が高くなります。詳しくは散骨業者に、よく確認して行われたほうが、良いかと思います。以上にて散骨完了となります。

散骨マニュアル9

 

当事務所では、お墓の手続きについて様々なサポートを行わせて頂いております。
散骨相談・散骨の手続きサポートから代行、現地立会い代行まで散骨のことでお悩みなら是非ご相談下さい。初回相談無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。

散骨サポート お問合せ

【散骨のことならご相談下さい!!】

 

散骨サポートのお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

散骨サポートのお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

散骨サポートのメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

散骨サポートのスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

 

HOME 事務所実績 お客様の声 事務所案内 ご利用料金 お問合せ