@お墓の承継者は?

お墓の承継は誰がなるのでしょうか?

 

お墓を所有されていた方がなくなった場合、 所有されていた方が、事前にお墓の承継について指定されていた場合は、その方が、お墓の承継者となります。

 

この指定は口頭でも遺言書でも可能ですが、後々の事を考えると遺言書により、きちんと書面で指定される方が良いかと思います。

 

上記の指定がない場合は、慣習により、お墓が承継されることになります。慣習とは、一般的に通用しているしきたりなどのことを言いますが、慣習による承継者になるには、様々な要素が関係することになります。

 

現実的には、長男が承継するという慣習が多いようです。さらに、指定や慣習等が明らかでない場合は、配偶者やお子さんが家庭裁判所に調停や審判の申立てをすることになります。

Aお墓の承継手続きは?

お墓の承継には手続きが必要なのでしょうか?

 

お墓を承継されたことによる、官公署等の手続き等は、特にありませんが、墓地や霊園の管理者には、墓地を承継した届出等が必要になります。

 

自治体が経営している霊園の場合は、知事等に承継者の変更による承認申請を行い使用許可書の書き換えが必要になる場合あります。(※霊園を管理する自治体に詳細はお聞きください。)

 

寺院墓地の場合は、承継者が檀家としての地位を承継するものと、通常考えられますので維持管理費用なども負担することになります。

 

お墓を承継したが、檀家の地位を必ず引継ぐ義務があるものではありませんが、寺院墓地では一般的に檀家となること前提に墓地の使用を認めていますので、檀家を拒否した場合は、墓地の使用も拒否される場合がありますので事前によく確認をする必要があります。

B承継を前提としないお墓は?

承継を前提としないお墓には、永代供養墓、合葬墓などがあります。近年、少子高齢化の影響や子供に迷惑を掛けたくないなどの理由で、このようなお墓を選択される方が増えています。

 

上記の承継を前提をしないお墓を選択された場合は、当然に承継者がいなくても、お寺や霊園等が存続する限り、無縁化する可能性はありません。

 

又、大勢の方の遺骨が埋葬されている為、お参りに来る方が多く、お花やお供え物がいつも添えられおり、お墓がきれいに管理されるなどの利点があります。

 

その他、血縁を超えて、老人ホームや高齢者住宅などが共同で墓地を造る例もあります。金銭的な面から考えますと、上記のお墓は、個別にお墓を作るよりも費用が安く済むというメリットもあります。

 

樹木葬等の合同葬では、5、6万円程度の費用で可能となります。このような承継を前提としないお墓については、考え方にもよりますが費用も安く済み、いつも大勢の方が、お参りに訪れさびしい思いもなく安心できる方法の1つではないでしょうか?

Cお墓は相続財産?

お墓は相続財産になるのでしょうか? お墓は、相続財産ではなく祭祀財産という扱いになります。

 

つまり相続財産には含まれませんので例えば長男がお墓を承継したが、他の兄弟はお墓を買う必要があるので相続財産を減らしてほしい。などの要求に応じる必要はありません。

 

お墓を承継するとういうことは、維持管理費用などの義務も負担する場合が多く有り、又お墓を転売し換金することは、事実上難しく、現実問題として、それほどの不公平になるとは考えずらいものです。

 

;従って、お墓を承継して義務を負うのだから相続財産を多くもらうと言ったことも、認められておりません。仏壇や仏具なども、お墓の承継者が承継することになります。こちらも相続財産ではなく祭祀財産の扱いになります。

D祭祀に関する権利の承継(民法897条)

祭祀に関する権利の承継については、民法897条にて下記の様に定められております。

 

@系譜、祭具及び墳墓の所有権には、前条の規定にかかわらず慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべきものがあるときは、その者が承継する。

 

A前項本文において慣習が明らかでないときは同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所で定める。

 

つまり、お墓を誰に継いでほしい等のご希望がある場合は、遺言書等により祭祀承継者を指定して於く方が、後々の安心に繋がる事かと思います。

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】