先祖代々の墓に承継者がいない時は、どうすれば良いか?/お墓の手続き相談・代行

 

【先祖代々の墓に承継者がいない時は、どうすれば良いか? 】

 

説明する男性

先祖代々のお墓が有るのですが、お墓を継ぐ者がいない時はどうすれば良いですか?と言う質問を良く頂きます。

 

お子さんがいる場合も、娘が嫁いでおり子供に負担を掛けたくない。と言う方も多くおります。又、お墓をそのままにしておくと、寺院から維持管理費や寄付金を請求されるので、今の内に整理したい、ご自身が健康な内に、整理しておきたいなど理由は様々です。

 

先祖代々のお墓と言いましても、ご遺骨が無く石碑的な物と先祖のご遺骨が埋蔵されている場合では、状況が異なります。

 

まず、石碑的な物の場合は、ご遺骨を改葬する必要が有りませんので、墓じまいをして終わりになります。ご遺骨が埋蔵されている場合には、寺院のお墓を墓じまいして、新たな埋葬先を考える必要があります。

 

<ご遺骨がある場合>
@お墓が有る寺院に永代供養してもらう
Aご自身がお住いの近くの納骨堂や霊園等に改葬し永代供養してもらう。
B散骨を行う。などになります。

 

何れにしましても、ご遺骨が有る場合は、お墓の改葬手続が必要になります。寺院に有る先祖代々の墓を墓じまいして改葬する場合に一番大切な事は、寺院の理解を得ることです。

 

先祖代々のお墓を長年維持管理して頂いた寺院に墓じまいをお願いする事になりますので、ご自身の今の現状を丁寧に説明し、この様な理由で墓じまいを考えている。と相談する形から入った方が良いかと思います。お墓の撤去費用も掛かりますので、併せて費用についても確認された方が、後々慌てる事もなくなります。

 

私の個人的な感想になりますが最近、墓じまいされる方が増えており、寺院の檀家離れも進んでいる気がいたします。従って檀家を離れてほしくないと思われる住職もおりますので、寺院に墓じまいの話をされる時は、ご自身の窮状をきちんとお伝えし誠意をもって、お話されることが何より大切です。

 

一方的に決めつけた言い方で、ご住職と話をされた場合、ご住職の気分を害される場合が場合があります。不要なトラブルを避ける意味でも、まず相談と言う形でご自身のお気持ちを話されては如何でしょうか?

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】