お布施の渡し方と封筒の書き方/墓じまい相談・代行

 

【 墓じまいの お布施はいつ、いくら渡せばよいか? 】

 

説明する男性

お墓じまいをする時に、お墓の閉眼供養を行います。魂しい抜きとも言います。この供養を行わないと、お墓撤去が出来ませんと石材店から言われる場合があります。

 

一般的には、閉眼供養=墓じまいとなります。墓じまいを行うと、お寺から離檀することになります。

 

ここで、お布施はいくら?と言う問題があります。

 

お寺のご住職から、希望の費用を事前に言われる場合もありますが、お気持ちでと言われた場合、いくらぐらいお渡しすれば良いか?特に、金額の指定がない場合は、閉眼供養のお布施として、5万円ぐらいが妥当だと思います。

 

当事務所でも、そのようにアドバイスさせて頂いております。

 

もし、日頃お世話になっているので、というお気持ちがある場合は、もう少し追加されても良いかと思います。(十万円〜二十万円ぐらいかと思います。)

 

その他、お寺に出入りしている石材店などに、費用を確認する方法もあります。

 

当事務所での、今までの経験上からお話をしますと、特に指定がない場合は、5万円。状況により10万円〜20万円程度お渡ししているケースが一番多いかと思います。

 

お寺によっては、離檀料として高額な費用を請求される場合もありますが、その際には、別途検討が必要になります。仮に、離檀料を請求された場合には、閉眼供養費も含めた離檀料と考えられますので、閉眼供養費+離檀料ではなく、離檀料(閉眼供養含む)となります。

 

ですので、具体的な費用を言われた場合には、閉眼供養費を追加する必要は、ありません。

 

 

お布施はいつ渡せば良いか?

 

お布施の金額につきましては、以上になりますが、お布施はいつ、どのタイミングでお渡しすれば良いか?

 

こちらのご質問もよく頂きます。

 

状況により、先にお渡しする場合も、ありますが、通常の場合ですと、閉眼供養を終わった後にお渡しする場合が、多いかと思います。

 

閉眼供養とは、お墓から魂を抜くため、お墓の前で、ご住職に、お経を唱えて頂きます。この閉眼供養のお経が終わった時点で、お渡しすれば良いかと思います。

 

お寺によっては、領収書のようなものを頂ける場合があります。もし頂けるのであれば、頂いた方が良いかと思います。(お寺のご住職に確認してください。)

 

※具体的な金額を明示された場合には、先にお渡して、金額を確認して頂く場合もあります。

 

【 お布施の封筒には、なんて書けばよいか? 】

 

説明する男性

お布施を入れる封筒に、なんて書いてお渡しすれば良いか?

 

良くお客様から、ご質問頂きます。一般的には、お布施など記載するイメージでは、ないでしょうか?しかし、宗派によっては、お布施と言わない場合が有ります。

 

何人かの、ご住職に確認致しましたが、宗派等によって、書き方に違いが ある場合があります。

 

一番確実な方法は、ご住職に確認する事ですが、わざわざ、封筒の書き方を電話などで確認するのは、逆に、ご迷惑な気がします。そこで、どうすれば良いか?

 

当事務所では、お客様からお預かりしたお布施を白い封筒に入れ、何も書かないでお渡しします。間違えて書くよりは、こちらの方が良いと思いますし、特に失礼にあたることでは、ないと思います。

 

どちらかと言いますと、中身が重要ですので、お金の入れ忘れがないように、きちんと確認されたほうが、良いかと思います。

 

又、お布施をお渡しする際には、今まで、お墓を管理して頂いた、お礼をきちんと申し上げましょう。

 

 

<まとめ>

 

もし、お渡しするお布施の書き方が不明の場合は、白い封筒に無記載にて、お渡しし、今までのお礼もお伝えしましょう。当事務所では、いつも何も書かずにお渡ししておりますが、特に問題になったことは、ありません。もし、きちんと記載したいと言うお気持ちがある場合は、出入りの石材店などに確認してみる方法もあります。

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】