離檀の進め方と離檀料について/お墓の引越し(改葬)相談・代行

 

【離檀はどのようにすれば? 】

 

説明する男性

お墓の引越し(改葬)の場合、お墓が有る寺院等から離檀することになります。

 

離檀する場合、寺院にどの様に話をすれば良いのか?というご質問を多く頂きます。又、寺院から何を言われるか分からないなど、ご心配をされる方もおります。

 

まずは、お墓の引越し(改葬)を決断し、離檀する必要がある場合には、寺院に離檀する理由(自宅から墓地が遠くお参りに不便な為、近くに墓を改葬する。後継者がいないので永代供養墓に埋葬する等)を誠意を持って話をされ、その際に費用や必要な書類等を確認します。

 

必要な費用や書類等、ご住職からお聞きした後、その費用は妥当なのか?書類は自身で用意する時間は有るか?等検討が必要になります。(費用等に疑問が有る場合には、その場で回答せず一度家族と検討させて下さいと話をし帰宅後、ご家族や専門家等に相談された方が良いかと思います。)

 

良く、ご相談頂く中で、色々悪い方向に考えてしまい、何をどうすれば良いか?分からなくなってしまった方もおりますが、寺院により費用や手続など違いますので、まずは確認する事が大切です。

 

寺院の運営は、檀家の維持管理費等に支えられていますので、離檀については、良く思われない住職もおりますので、まずは、離檀する理由を説明し、誠意をもって対応する。それでも、住職の対応等に問題がある場合には、専門家等に相談された方が良いかと思います。

 

離檀について、特に問題なく住職に対応して頂いた場合は、今までお世話になった、お礼としてお布施を渡されるのが一般的です。

 

寺院によっては、離檀の話をされた際に、お布施等を含めて費用を請求される場合もありますので、要求された費用の内訳についても確認しておきましょう。

 

もし、離檀について住職に話したが、駄目だと言われた場合には、専門家に相談される事を、お勧め致します。しかし基本的には、理由を丁寧に説明すれば離檀に反対される事は、ほぼないと思います。

 

又、不安がある場合には、最初に専門家に相談されてから住職に話しをする事を、お勧め致します。

 

【離檀料は幾らですか? 】

 

説明する男性

離檀料は幾らですか? 離檀料の相場は?良くご質問を頂きます。

 

墓じまい・お墓の引越し(改葬)をする際に、気になるのは費用の事と思います。実際に離檀する際に離檀料を請求されない方も多く、離檀料を請求される場合には数十万円~一千数百万円と様々なケースがありますので、離檀料の相場はなく、個々の寺院により異なります。

 

ある宗派の本山(本部)に確認しましたが、その宗派では「離檀料は頂いておりません。」との回答でした。しかし、同じ宗派の墓地が有る寺院では、離檀料を請求され、その旨を本山(本部)に確認した所、「そのような請求は無視して頂いて結構です。ご希望により本部の顧問弁護士を紹介します。」との事でした。

 

ちなみに、その宗派の本山(本部)から、直接その寺院に指導して頂くことは出来ない様でした。(宗派により状況が違う場合が有ります。)

 

離檀料を払うかどうか?と言うのは難しい所ですが、実際に墓じまい・お墓の引越し(改葬)をする場合には、ご住職の記名押印が必要になります。又、寺院に無許可で遺骨を取り出す行為は、寺院の使用規約や管理規約に違反する事になります。

 

ですので、ご自身が有る程度納得出来る金額で有れば、今まで世話になったお礼として、離檀料をお支払する。高額な場合には、ご住職に自身の状況等を説明し、離檀料を下げて頂く。それでも、離檀料が高額な場合は弁護士や専門家に相談と言う事になります。

 

 

実際には、離檀料や弁護士費用等を考えると、お墓の引越し(改葬)を諦めて、現状のままにされる方もおります。ですので、一番最初に費用が幾ら掛かるのか?必ず確認しておきましょう。

 

寺院に確認する場合には、どの様な費用が掛かるのか?その金額の内訳は何か?等を確認しましよう。その際には、理由を説明し、理解を得た上で費用等を確認する事が大切です。又、今まで世話になったお礼も一言申し上げておく方が良いかと思います。

 

離檀料の請求金額は上記の様に様々ですが、離檀料を請求されない場合は、閉眼供養をして頂き、お布施として5万円程度、お渡しするのが一般的です。(寺院により具体的な閉眼供養費を明示される場合が有ります。)

 

ちなみに、墓じまいやお墓の引越し(改葬)の際には、通常、墓地を更地にして戻す必要が有ります。こちらの墓石撤去費用等は離檀料とは別物になります。又、ご遺骨の移動の際に、ご遺骨を取り出す費用なども発生します。

 

その他、それまでに支払っていなかった維持管理費等も請求されますので、離檀の際には費用内訳の確認が大切です。

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】