お墓の引越し(改葬)をする理由と最初にすること/お墓の引越し(改葬)相談・代行

 

【お墓の引越し(改葬)をする理由 】

 

説明する男性

当事務所が、お客様からお聞きする理由としましては

 

〇遠方にお墓が有りお参りに行けないので、閉鎖して近くの納骨堂などへ

 

〇子供に迷惑を掛けたくないので、今の閉鎖して永代供養墓などへ

 

〇承継者がいないので、永代供養墓や散骨堂などへ

 

〇維持管理費などが負担なので永代供養墓へ 等になります。

 

寺院にお墓がある場合、維持管理費の問題や本堂の修繕費などの請求等を負担に思われている方が多く、今の内に整理しておきたいと考えられるようです。

 

その他の理由としましては、二つあるお墓を整理し一つにまとめたいという方もおります。この場合は、どちらかのお墓を墓じまいして、ご遺骨をもう一つのお墓に納骨します。

 

ここで注意しておきたいのは、ご遺骨数が多い場合、お墓に入りきらない場合が有りますので、この様な場合、ご遺骨をさらしの袋に入れまとめて納骨する、お墓内の土に遺骨を撒く、などの方法があります。しかし霊園等により、骨壺での納骨しか認めていない場合もありますので、管理者に確認する必要があります。

 

納骨堂などへ埋葬する場合も、何体のご遺骨を埋葬できるか?確認する必要があります。納骨堂の場合、上記のような方法は不可能ですので、分骨用の小さい骨壺に入れて埋葬する方法も有りますが、その場合には、残りのご遺骨を処理する必要があります。

 

 

【お墓の引越し(改葬)で最初にする事 】

 

説明する男性

お墓の引越し(改葬)を考えた場合、まず何をすれば良いのか?

 

引越し(改葬)を何処にするのか?決めておく必要がありますが、その前に行う事があります。

 

まずは、お墓がある寺院のご住職に、なぜ墓じまい・お墓の引越し(改葬)を行いたいのか、ご自身のお気持ちを正直に話をし、その様な理由により、お墓の引越し(改葬)を考えていると相談する事から始めます。

 

最初に、引越し(改葬)を決めて話をするのではなく、あくまでも相談という形で話をする事が、ご住職とのトラブル防止にもなります。

 

お会いして住職に説明するのは苦手と言う場合は、お手紙で自身の気持ちを含め相談する様な内容にして、ご住職にお送りし、後日、改めてお伺いする方法もあります。

 

ご住職に相談した際には、提出する書類や費用など提示されるかと思いますので、その内容も含めて検討された方が良いかと思います。あくまでも、相談なので、条件等が厳しい場合は、そのまま寺院にお願いする事も可能になります。

 

最初から、引越し(改葬)を決めた上で、話をした場合は、条件が厳しい場合でも寺院に、いずらくなる可能性があります。ですので、相談という事で話をされ、住職の了解を得られれば、その場で、お墓の引越し(改葬)をお願いする方が良いかと思います。

 

一方的に、引越し(改葬)を決めてしまい、その上でご住職にお話をされた場合、不快に思われる住職もおりますので注意が必要です。

 

上記につきましては、法律云々や権利云々という話ではなく、円満に墓じまい・お墓の引越し(改葬)をスムーズに行う方法としてお考え下さい。

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】