永代供養墓で知っておくべき事/お墓の引越し(改葬)相談・代行

 

【永代供養墓で知っておくべき事 】

 

説明する男性

永代供養墓に改葬される方が多くなっております。永代供養墓と言いましても、様々な墓地が有り、費用も異なります。寺院や霊園にある永代供養墓から納骨堂や樹木葬なども永代供養墓に該当します。

 

何故、永代供養墓に、お墓の引越し(改葬)をするか?と言いますと、寺院にお墓が有ると、維持管理費や布施などの費用が掛かるので、子供に迷惑をかけたくない。お墓の承継者がいない。等の理由になります。

 

永代供養墓と言いましても、個別埋葬の場合は、33年、50年など年数が経過すると合祀する事になります。(管理する寺院や霊園により異なる場合があります。)

 

個別埋葬の場合は、合祀より費用が高額になります。ご遺骨一体数万円〜数十万円程度。

 

仮に、寺院の永代供養墓を利用する場合、永代供養費として、ご遺骨1体50万円として4体の場合は200万円になります。併せて、墓地撤去費として15万円〜50万円程度、離檀料(請求された場合)数十万円となります。

 

注意したいのは、既存の墓地を墓じまいして、同じ寺院の永代供養墓に埋葬する場合においても、離檀料を請求される場合があります。これは、今後、維持管理等の支払いが無い変わりに寺院の檀家から離檀し永代供養墓に埋葬する事になるからです。既存の墓地撤去も当然必要になります。

 

上記は同一の寺院の場合になりますが、一般的には、遠くに有る墓地を墓じまいし、近くの納骨堂、永代供養墓(合祀)に埋葬される方が多くなります。

 

東京都等の自治体が運営する霊園にも永代供養墓が有り、費用も比較的、安価になっておりますので、そちらを利用されるのも良いかと思います。

 

 

永代供養墓の埋葬の仕方につきましては、個別埋葬の場合、個別の棚が有り、骨壺ごと埋葬する事になります。合祀の場合は、永代供養塔などの下に、大きな空間があり、他のご遺骨と一緒に埋葬される事になります。

 

合祀の場合は一度埋葬されてしまうと、他のご遺骨と一緒になりますので、再度、別の場所への改葬等は出来ません。ですので、よく考えてから個別、合祀のどちらにされるか?決められた方が良いかと思います。

 

永代供養墓を利用する利点としましては、
〇一度費用を払えば、後々の費用が発生しない。
〇合祀の場合、お墓を購入するより費用が掛からない。
〇永代供養なので祭祀承継者の負担が掛からない。などが挙げられます。

 

特に、お子さんに迷惑を掛けたくないと言う理由により、今の内に墓地を整理したいと考えられて、当事務所に相談に来られる方が多くおります。

 

何処の永代供養墓にすれば良いか?等のご相談も頂きますが、最初に全体の費用を決められて、次に、墓地が有る寺院等に相談しましょう。そこで永代供養墓に改葬したい旨と費用について確認します。同時に墓地撤去費用の見積書も取得します。

 

ここで、改葬元の費用が分かりますので、後は全体の費用から改葬元に掛かる費用を除けば、幾らまで永代供養墓に支払う事が出来るか判明します。

 

費用を抑えたい場合は、自治体やNPO法人が運営する永代供養墓が有りますので、そちらを利用すれば費用も低く安心できるかと思います。

 

上記の様に永代供養墓と言いましても、値段も形式も様々です。お墓の引越し(改葬)を、お考えの場合は、どのような墓地にされるか、一度ご家族で話されてみたら如何でしょうか?

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】