遠方のお墓を引越し(改葬)するには?/お墓の引越し(改葬)相談・代行

 

【遠方のお墓を引越し(改葬)するには? 】

 

説明する男性

遠方のお墓を自宅の近くの霊園等に改葬したい。というご相談・ご依頼を多く頂きます。ご自身が、ご高齢になり、遠くのお墓では、お参りに行きにくい等の理由になります。

 

ご自身で改葬を行う場合には、通常、寺院等に改葬のご挨拶に行きます。そこで、改葬の理由や今まで、お世話になったお礼を申し上げ、改葬の了解を得ます。

 

お墓の改葬には、ご住職の記名押印の有る書類が必要になりますので、確認しておく必要が有ります。又、役所により申請書類が異なりますので、どの様な書類が必要か?こちらも確認しておく必要があります。(お寺の帰りにお墓の所在地を管轄する役所により、必要な書類等を確認しておいた方が良いかと思います。)

 

書類の不備や確認の為、何度も役所に行かなくて良い様にきちんと確認しておきましょう。

 

役所への確認等が出来次第、必要な書類を揃えて役所へ郵送するかたちで改葬許可申請を行います。
(郵送が可能かどうかも併せて確認しておきましょう。通常の場合は郵送でも可能ですが、自治体により異なる場合があります。)

 

役所より改葬許可が下り次第、改葬元のご住職の予定や改葬元・先の石材店の予定等を確認し、改葬の日を決める事になります。改葬の当日には、閉眼供養を行う為、再度立会いを行います。

 

結果として、遠方の寺院に最低2回は伺う事になります。(寺院の状況等により異なる場合もあります。)

 

仮に、お電話などで済ませようとした場合は、ご住職のご理解を得られない場合がありますので、なるべく、お会いして話をされる方が良いかと思います。又、事前に改葬のご相談というかたちで、お手紙などに改葬したいお気持ちや理由を書いて、お送りしておく事も良いかと思います。(今までお世話になっているお礼も併せてお書きください。)

 

実際に、お墓の改葬となりましたら、ご遺骨の運搬方法を考えましょう。

 

ご自身で行う場合は、ご遺骨を取り出す石材店に骨壺の溜まっている水を必ず抜いてもらいましょう。水を抜かないと重量も重くなり、又途中で水がこぼれてびしょびしょになる可能性があります。

 

後は、骨壺を包む白い布とカバンなどの持ち運ぶものを用意しておきます。ご遺骨数が多い場合は、その分の入れ物を用意します。骨壺が倒れて割れない様にタオルなども用意しておきましょう。

 

遠方からのお墓の改葬についても基本的には、通常の場合と同じ手続きになりますが、場所が遠く時間も費用も掛かりますので、何度も行く事にならない様に、事前にく準備をして行かれた方が良いかと思います。

 

 

【当事務所で行った遠距離の改葬 】

 

説明する男性

遠方のお墓を墓じまいしたい。遠方のお墓から近くのお墓へ改葬したいなど。当事務所では、この様な、相談を多く頂いております。

 

遠方の墓じまいや 遠方からの お墓の引越し(改葬)の場合、事前の打合せや必要書類の確認が重要になります。郵送等にて行う場合にも、日にちが掛かりますので、なるべく一度で行えるように調整していきます。

 

当事務所では、九州地方や東北地方等から、関東近郊へのお墓の引越し(改葬)や墓じまいなど、これまで、多くの手続き、現地立会いなど行わせて頂いております。

 

一般的な話になりますが、ご自身で遠方から改葬を行う場合に、何度も現地を訪れるには、時間もお金も掛かりますので、なるべく少ない訪問で墓じまいやお墓の引越し(改葬)を行うことが理想です。

 

しかし、寺院にお墓がある場合など、一度も現地に行かずに、電話で全てを行う場合は、寺院のご住職の理解を得る必要があります。基本的には、少なくても一度は寺院にお伺いし、ご住職に挨拶されたほうが、墓じまいやお墓の引越し(改葬)がスムーズに行きます。

 

当事務所で、ご依頼頂いたケースでは、まず当事務所のアドバイスのもと、お客様から寺院へご連絡頂き了解を得た上で、住職に離檀届など必要書類の確認をさせて頂きます。遺骨数が不明の場合は、事前に現地確認をさせて頂きます。ですので、現地へ行く回数は、一回又は二回となります。

 

事前に日程の調整等、ご住職、石材店と行い、改葬許可申請に必要な書類も役所に確認し、申請及び許可取得など行います。地方によっては、改葬許可に一週間ほど掛かる場合もありますが、この場合は事前に取得しておきます。

 

その他、石材店などの費用も事前に見積書を取得し、全体的にいくらかかるか?把握し、お客様へご報告させて頂きます。

 

先月の話になりますが、九州地方から千葉県へのお墓の引越し(改葬)を行わせて頂きました。事前に打合せ、書類確認、日程調整を行い、一泊二日にて、墓じまい+お墓の引越し(改葬)を、行わせて頂きました。

 

まずは、当事務所から九州へ、飛行機、レンタカーにて現地訪問し、墓じまいを行わせて頂き、翌日に、ご遺骨を千葉の霊園へお引渡しさせて頂きました。

 

 

<ご自身で行う場合には>

 

まずは、各関係先に必要な書類や費用などを確認しておき、ご住職や石材店との日程の調整を行います。改葬許可は郵送等にて事前に取得しておきます。

 

当日に現地を訪問し、閉眼供養等を行い、ご遺骨の移動は、飛行機や電車になるかと思いますが、ご遺骨数が多い場合は、移動方法も検討しておく必要が有ります。

 

飛行機の場合には、手荷物にて、ご遺骨を持ち込みます。(骨壺がわれないように)搭乗の際に、ご遺骨である旨を説明すると、ご遺骨の置き場所なども対応してくれます。※ご遺骨数が多い場合は、別途費用が発生する場合がありますので、事前に航空会社確認して下さい。

 

電車の場合には、特に問題がないかと思いますが、骨壺が割れないように、タオルなどで梱包しておきます。骨壺は重量がありますので、少ない人数で多くのご遺骨を移動する場合は、どのように移動するか検討しておく必要があります。

 

永代供養墓に合祀する場合は、基本的には、骨壺のままで移動する必要はなく、事前に、ご遺骨を入れる白布などを用意し、その中に遺骨を移して移動する方法があります。

 

骨壺の中に水が溜まっている場合は、ご遺骨が濡れていますので、水漏れ対策もしておかないと、移動中に水漏れする場合がありますので注意が必要です。その他、墓じまい・お墓の引越し(改葬)をする寺院への了解を得ておくことが大切です。

 

その上で、訪問したい日時など、よくご相談されたほうが良いかと思います。離檀料なども請求される場合がありますので、全体的に費用が幾らかかるのか?事前に把握しておきましょう。

 

近くの寺院の場合には、問題があった場合など、直ぐに行くことが可能ですが、遠方の場合には、何度も行くと時間や費用が掛かりますので、事前に準備しておく事が大切です。

 

先祖代々のお墓の場合で、ご遺骨数が不明の場合は、お墓の引越し(改葬)前に、ご遺骨数を確認したほうが、その後の手続き等がスムーズに行きます。

 

予想以上に、ご遺骨が埋葬されている場合がありますし、土葬の場合には再火葬が必要になる場合があります。

 

当事務所にご依頼頂いた中で、当初、ご遺骨が3体と言う話でしたが、現地で確認した所、20体以上のご遺骨が埋葬されていることが判明しました。ちなみに、墓地5箇所に渡って埋葬されており、一部土葬と言うことが確認出来ました。

 

このような条件の元にお墓を改葬しようとすると、お墓の撤去費用や、土葬のご遺骨の掘り起し、再火葬などの費用が高額になることが予想できましたので、お客様と相談した結果、現状のお墓のまま、永代供養して頂くことになりました。

 

事前にお墓の引越し(改葬)先と契約してしまうと、この様な場合墓地が無駄になってしまいます。ですのでご遺骨数、お墓の個数が不明の場合は、一度、現地確認しておく必要があります。

 

又、遠方まで行かれるのですから、ご住職ともお会いしてご挨拶をされた方が良いかと思います。

 

上記の様に、遠方での墓じまいや、遠方からのお墓の引越し(改葬)には、色々と注意する点があります。費用面についても、わかりずらいことが多いかと思いますので、事前によく確認して下さい。

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】