分骨で知っておくべき事/大塚法務行政書士事務所(東京都)

@分骨手続について

分骨の手続きは基本的に役所の許可は不要となりますが、自治体が運営している霊園に分骨する場合、分骨元の自治体が発行する書類が必要になる場合がありますので、分骨を行う際には、良く確認する必要があります。

 

埋葬されている遺骨を分骨する場合には、管理者の発行する分骨証明書が必要になります。決まった書類は特にありませんが、寺院や霊園により書類が異なりますので、こちらも確認する必要があります。

 

分骨の際に注意する事は、お墓(遺骨)の所有権は、祭祀承継者の方に有りますので、お墓の所有権者の許可を得ずに分骨する事は出来ません。

 

ですので、分骨の際には所有権者の同意を得ておく必要があります。(出来れば書面にて同意書に記名押印をして頂くほうが、後々のトラブル防止になります。)

 

寺院によっては、分骨の関係の書類が特に無い場合が有りますが、分骨先の霊園等にて分骨許可書の提出が必要になりますので、任意の書類を作成するなど、分骨先の霊園にも確認しておいた方が良いかと思います。

 

 

分骨する理由としては、本家のお墓が遠くにあるので、近くの墓に分骨しておきたい。親戚や兄弟間の問題により分骨したい等の様々な理由があります。

 

分骨の流れとして、@お寺に分骨をしたい旨を相談する、A分骨先の霊園等を確保する、B分骨に必要な書類等を用意する、C分骨を行う。と言う流れになります。

 

分骨に掛かる費用としては、分骨先の霊園等の費用(新規購入の場合 数十万円程度〜)、ご遺骨の取り出し費用(2、3万円程度)、分骨の納骨費用(2、3万円程度)、分骨用の骨壺(3千円程度〜)、その他、納骨の際の供養代などになります。

 

分骨の際に、新たに納骨堂等と契約した場合には、ある程度の費用が発生致しますが、お墓の引越し(改葬)との違いとして、@墓地を更地に戻して返還、A離檀の二つの必要がありません。

 

A分骨に家族の同意は必要か?

例えば、両親のお墓はあるが、兄弟間等で仲が悪い為、分骨して別のお墓を造りたいという場合は、どの様になるでしょうか? 遺骨をどの様にするか等の権利は、遺骨の所有者にあります。

 

遺骨の所有者とは誰になるのか?という問題になりますが、現在では、判例などにより、一般的に祭祀承継者に遺骨の所有権があると考えられています。 従って、祭祀承継者の方が分骨をしたいと考えた場合、基本的には他の家族の方の同意は不要となります。

 

 逆に、家族であっても祭祀承継者でない場合は、遺骨の所有権が無い為、所有権者の許可を得ずに勝手に分骨することは出来ないことになります。

B埋葬されている遺骨の分骨の流れ

埋葬されている遺骨を分骨する際に、分骨証明書が必要となります。 分骨証明書については、既に埋葬してある墓地の管理者に発行してもらうことになります。

 

 分骨証明書の発行をお願いする際には、墓地の権利書を持参します。 寺院墓地等については、分骨を断られる場合もあるようですが、法律的には、分骨を拒否することは出来ません。

 

 しかし、不必要に寺院と揉める必要も有りませんので、事前によく説明を行い、理解を得られるようにする事が大切です。 寺院墓地等では、分骨の際にお礼としてお布施を包むのが一般的なようです。

 

 分骨証明書を得られたら、新たな墓地の管理者にその分骨証明書を渡します。

C火葬時の分骨の流れ

火葬を行う際に、分骨を行う場合は、事前に分骨する旨を火葬場に伝えておきます。

 

火葬場の管理者より分骨証明書が発行されます。 火葬場によって証明書の名称が違う場合などがありますが、その場合、分骨証明書である旨を併せて明記してもらう必要があります。(自治体により分骨証明書を発行する場合も有ります。)

 

火葬場で分骨する際に、分骨用に葬儀社等から骨壷を用意してもらう方が良いかと思います。

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】