【分骨について 】

 

説明する男性

分骨のご相談・ご依頼を多く頂いております。分骨の手続きは基本的に役所の許可は不要となりますが、自治体が運営している霊園に分骨する場合、分骨元の自治体が発行する書類が必要になる場合がありますので、分骨を行う際には、良く確認する必要があります。

 

埋葬されている遺骨を分骨する場合には、管理者の発行する分骨証明書が必要になります。決まった書類は特にありませんが、寺院や霊園により書類が異なりますので、こちらも確認する必要があります。

 

分骨の際に注意する事は、お墓(遺骨)の所有権は、祭祀承継者の方に有りますので、お墓の所有権者の許可を得ずに分骨する事は出来ません。ですので、分骨の際には所有権者の同意を得ておく必要があります。(出来れば書面にて同意書に記名押印をして頂くほうが、後々のトラブル防止になります。)

 

寺院によっては、分骨の関係の書類が特に無い場合が有りますが、分骨先の霊園等にて分骨許可書の提出が必要になりますので、任意の書類を作成するなど、分骨先の霊園にも確認しておいた方が良いかと思います。

 

 

分骨する理由としては、本家のお墓が遠くにあるので、近くの墓に分骨しておきたい。親戚や兄弟間の問題により分骨したい等の様々な理由があります。

 

分骨の流れとして、@お寺に分骨をしたい旨を相談する、A分骨先の霊園等を確保する、B分骨に必要な書類等を用意する、C分骨を行う。と言う流れになります。

 

分骨に掛かる費用としては、分骨先の霊園等の費用(新規購入の場合 数十万円程度〜)、ご遺骨の取り出し費用(2、3万円程度)、分骨の納骨費用(2、3万円程度)、分骨用の骨壺(3千円程度〜)、その他、納骨の際の供養代などになります。

 

分骨の際に、新たに納骨堂等と契約した場合には、ある程度の費用が発生致しますが、お墓の引越し(改葬)との違いとして、@墓地を更地に戻して返還、A離檀の二つの必要がありません。

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】