【住職との口約束は注意 】

 

説明する男性

お墓を建てる時に、ご住職と話をして将来は、無料で永代供養墓に改葬してくれるという約束をした。又は、安く永代供養墓に入れて貰えるとの事だった。等の話をお聞きする場合があります。

 

お客様の話を詳しくお聞きすると、先代の住職と亡くなった、お父様がその様な話をしたと聞いた。又は、先代の住職と亡くなった父が知り合いで、特別な条件なので、お墓を建てたなど。

 

しかし、当事者が既に亡くなっている為、これでは具体的な事がわかりませんし、証明する事も出来ません。

 

ご住職の話になりますが、寺院の承継者がいない為、何箇所か掛け持ちで廻られている住職もおります。先代のご住職が亡くなり、お子様が住職を継ぐ以外に、全く違う住職になる場合も有ります。その様な場合には、余計に分からなくなってしまいます。

 

ご住職に言いずらいかもしれませんが、大事な事は、書面で残しておく事が大切です。

 

これは、お墓を石材店から購入する場合も同様です。お墓を買う際に、改葬の手続きなども行ってくれると言っていたが、担当者が辞めてしまい結局、当事務所に、ご依頼頂いたケースもあります。

 

書面を下さいというのは確かに言いずらいかもしれませんが、後でお互いに嫌な思いをしない為に、大切な事は書面で一筆貰っておきましょう。

 

ご住職に言いずらい場合は、子供に渡しておきたいので、申し訳ありませんが一筆書いて頂けませんか?など、丁寧に説明すれば理解を得られるかと思います。

 

逆に頑なに拒否された場合、その様な寺院に墓を建てると将来的に墓じまいやお墓の改葬を行う場合、問題が発生する可能性があります。

 

お墓を建てる時に通常は考えませんが、墓じまいをする場合は、費用が幾らくらい掛かるのか?など最初に全ての費用を確認しておいた方が、後々のトラブルを未然に防ぐ事になります。

 

お墓の承継者がいない。子供にお墓の負担を掛けたくない。お墓を自宅近くに移動したい。など、お墓を一度建てた場合に於いても将来的には、どの様になるか分かりません。

 

ご自身に万が一の事があった場合など、お墓を承継して行くのは、お子さんやお孫さんになります。その場合、墓地の維持が出来ない事情が発生するかもしれません。

 

ですので、お墓を建てる前に、将来的な事ですが、万が一お墓の引越し(改葬)を行う場合には、費用はどの様になるのでしょうか?と確認しておいた方が良いかと思います。出来れば、管理規約など費用が分かる書面も頂いておきましょう。

 

ここで、一番言いたい事は、お金が絡む事は最初にきちんとして把握しておく事が大切です。後々こんなはずではなかった。、とならない様に、きちんとしておきましょう。もし寺院に、その様な書類がなかったとしても、ご自身で持参して記名押印等を頂く方法もあります。

 

しかし、寺院のご住職も人間ですので、ぶっきらぼうに書面を下さい。という言い方は気分が良いものではありません。信用できないのですか?など言われるかもしれません。ですので、その様なお願いをする場合は、あくまでも丁寧に、ご自身のお気持ち言葉で話をされることが大切です。

 

実際に有ったケースとして、亡くなったお父様が今の墓地を永代供養墓にと言う約束で、先代のご住職にお布施を払ったはずだが・・・・・・・結局、確かな資料もなく不明な為、お客様自身で判断をされた結果、寺院の墓地を墓じまいして、民間の運営する霊園の永代供養墓に改葬をされました。

 

もし領収書などがとあれば、お墓はそのままで、永代供養になっていたかもしれません。こちらの場合も、当時者がいなく、何年も経過している為、結局はわからず改葬することになりました。

 

お布施などの領収書は、寺院により黙っていても頂ける場合と、何も無い寺院があります。もし何かの際に、領収書を頂きたい場合は、こちらで領収書を用意して寺院のご住職に印鑑を押してもらう方法も有ります。この場合も、ご住職に説明をされてから押印を頂いた方がよりスムーズに行くかと思います。

 

上記の様に寺院との大切な契約等は、きちんと証拠を残しておきしょう。これは後でトラブルにならない為の基本的な事と言えるのではないでしょうか?

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】