【2つの墓を1つにしたい場合 】

 

説明する男性

先祖代々の墓地と今の墓地を一つにしたい。二つ有る墓地を永代供養墓に合祀したい。二箇所有る墓地を整理して、一箇所にしたい。承継者がいないので、二つの墓地を墓じまいして永代供養墓に合祀したい。等のご相談を多く頂きます。

 

二つの墓地を墓じまいして、別の永代供養墓に合祀する場合は、墓じまいとお墓の引越し(改葬)を二度行うことになります。改葬許可申請についても、墓地が有る自治体に申請しますので、それぞれ管轄する自治体に提出し改葬許可を取得することになります。

 

墓地撤去(墓じまい)も二か所になりますので、費用も高額になる事が予想されます。墓地撤去は通常の場合、石材店に依頼する事になります。しかし、石材店により撤去費用に差がでる場合が有りますので、ご住職の了解を得た上で、複数の石材店より見積りを取得した方が、撤去費の相場が把握出来ます。(同じ墓地撤去でも15万円〜20万円程度の差がでる場合が有ります。)

 

寺院に無理を言って知らない石材店にお願いした場合、問題があった時に寺院からの苦情が考えられますので、まずは、寺院に複数の石材店を紹介して頂いた方が良いかと思います。

 

墓じまいをしてお墓の引越し(改葬)が二か所ある場合は、費用も2倍になりますので、よく確認されてから進められた方が良いかと思います。

 

先祖代々のお墓を墓じまいして、今有る墓地に改葬したい場合は、通常のお墓の引越し(改葬)と同じ内容になります。

 

 

良く墓じまいとテレビで放送されておりますが、通常の場合は、お墓じまい=お墓の引越し(改葬)になります。墓じまいを希望された場合も、今有る墓地の遺骨を何処に改葬するか?考えておく必要があります。

 

そして、お墓の引越し(改葬)場所が決まった段階で、既存のお墓を閉眼供養(離檀)→改葬と言う流れになります。寺院によっては、永代供養墓が院内に設置されている場合もありますので、同寺院にて墓じまいをし永代供養墓に改葬される方もあります。

 

但し、寺院の永代供養墓については、費用が様々ですので、費用が幾らか?事前に確認しておく必要があります。総額幾らなのか?一体幾らなのか?確認しておきましょう。特に、ご遺骨数が多い場合は、数百万円の費用となる場合もありますので注意しましょう。

 

 

〇二つのお墓を墓じまいして散骨や納骨堂などに改葬する場合と、二つのお墓を一つにする場合と、どちらが良いか?

 

短期的な費用を考えますと、二つのお墓の撤去費用や改葬先の費用など、二つのお墓を墓じまいする方が費用が高くなります。しかし以後の費用は掛からず、寺院との付き合いもなくなります。

 

〇二つのお墓を一つのお墓に改葬する場合

 

一方のお墓の撤去のみとなります。また改葬先も確保されておりますので、その費用もかかりません。しかし、こちらの場合は、一方の寺院との付き合いは継続しますので、維持管理費や寄付など要求されることになります。又、承継者がいない場合は、いずれ墓じまいを考える必要があります。(永代供養は別)

 

短期的に考えた場合と長期的に考えた場合には、この様に費用が異なりますので、よく考えてから決められた方が良いかと思います。

 

〇二つのお墓を整理して永代供養墓へ改葬する場合

 

二つお墓を撤去して、引越し先を確保する必要があります。

 

一般的な墓地を例として、二つのお墓を整理とした場合の費用(参考値)

 

お墓の撤去費用35万円程度×2=70万円
閉眼供養費5万円×2=10万円
離檀料 0〜数百万×2(寺院によって異なります。)
遺骨の取り出し費用 数万×2
お墓の引越し(改葬)先との契約 数万円〜数百万円
以上になります。

 

上記の場合、通常のお墓の引越し(改葬)を2回分となりますので、改葬申請や石材店、寺院との日程の調整など、ご自身で行う場合は時間や労力等が掛かりますので、早めに準備された方が良いかと思います。

 

 

 

当事務所に、ご依頼頂いた例としては、二つ有る墓地の一つを墓じまいし、お客様の近くにある墓地へ改葬されるケース、ご主人や奥様が亡くなり埋葬される際に、先祖代々のお墓を墓じまいして、新たに購入された墓地への引越し(改葬)など様々ケースがあります。

 

二つ有る墓地をを墓じまいして、散骨を行われる方もおり、当事務所では、お墓の引越し(改葬手続)から当日立会い、ご遺骨の散骨業者への引き渡し確認まで行わせて頂きました。

 

基本的には、石材店や散骨業者などは、お客様ご自身で決めて頂きますが、何処に依頼してよいか分からない場合は、お客様のご希望により石材店をご紹介させて頂くことも可能です。(最終的なご判断はご自身でお願い致します。)

 

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】