【離檀料の相場はいくら? 】

 

説明する男性

離檀料に関するお問合せを多く頂いておりますので、改めて離檀料に関する事を掲載いたします。

 

寺院に墓地が有る場合、墓じまい・お墓の引越し(改葬)をしたいと思った場合に、まずは費用面が気になる所ではないでしょうか?

 

良く、お電話にて「離檀料の相場はいくらですか?」と質問を頂きます。

 

今までは、相場はありません。とお答えしてきました。実際に相場は無いと言えるのですが、今までの経験の中で、お答えすると、約半数の寺院が離檀料を請求しません。※閉眼供養は別です。(お布施として5万円程度が相場)

 

残りの半数では、30万円〜50万円程度が多いかと思います。それ以上になると100万円、200万円、500万円、一千万円以上となります。

 

それぞれのお気持ちにより高い安いが有るかと思いますが、30万円〜50万円の範囲では、お客様が納得された上、お支払いする場合が多く、それ以上の場合には、墓じまい、お墓の引越し(改葬)を中断するケースが多くなります。

 

ご自身の状況等を説明して、離檀料の金額を下げて貰うケースも多くあります。

 

払う必要が有るか無いか?という問題がありますが、基本的には、寺院と争ってまで、墓じまい・お墓の引越し(改葬)をしたくないと思う方が多く、高額な離檀料を言われた時点で、そのまま中断してしまう場合が多くなります。

 

ですので、事前に墓地を購入してしまった場合には、墓地が無駄になってしまう事がありますので、事前に相談という形で寺院の住職に話をされた方が良いかと思います。

 

離檀料が高額で納得できないが、墓じまいやお墓の引越し(改葬)を行いたい場合は、専門家にご相談されたほうが良いかと思います。

 

離檀料など払う必要もない。と勝手に進めようとした場合、寺院の方で弁護士に依頼するケースもありますので、あくまでも、理解を得て進める方が得策ではないでしょうか?

 

通常の場合は、寺院側もそこまではしたくないと思います。、ある程度の金額に下げて貰い納得いくようであれば、お支払いする方が良いかと思います。但し、あまりに高額な場合は弁護士等に依頼したほうが良いかと思います。

 

お客様から離檀料の話をお聞きしたときに、その内容もお聞きしますが、お墓を建てて〇百年だから〇百万円の離檀料と言われた。墓地を建てた時、〇百万円だったから、その半分の離檀料を請求されたなど、離檀料の理由も金額同様に様々です。

 

ですので、比較的高い寄付金を請求された場合や法事や戒名など高額な布施を請求をされた場合には、離檀についても高額な費用を請求される場合が有りますので、注意する必要があります。

 

 

当事務所では、お客様に早目に相談下さいとお願いしております。寺院の住職と揉めてしまい話し合いが出来ない状況では、弁護士に依頼するしか有りませんので、事前にどの様な話の仕方をすれば良いのか?など様々なアドバイス・サポートをさせて頂いております。

 

良くお客様の中で、悪い方向で色々考えてしまう方がおりますが、まずは寺院にお世話になっている、お礼と、この様な状況で墓じまい、お墓の引越し(改葬)を考えているのですが。と相談しましょう。

 

そして、その際に住職から費用や書類等についての説明が有りますので、そこで納得出来れば、その費用をお支払いし、納得できない場合は別の方法を考えることになります。

 

まずは、寺院の条件を確認しましょう。そして高額な費用を請求された場合には、その場で回答せずに、一度家族と相談させて下さい。と持ち帰り、専門家等に相談する方が良いかと思います。

 

離檀=必ず離檀料を請求される。と言う事ではありませんので、まずは確認して下さい。

 

寺院とのお付き合いがなく心配。他のお布施も高額だから心配。と言う場合には、お話をされる前に当事務所にご相談下さい。お客様のお話をお聞きした上で、様々なアドバイスをさせて頂きます。

 

※離檀料については、こちらの記事も併せてご確認下さい。

 

<特集記事 離檀料は幾らですか?へ >

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】