【お墓の引越し(改葬)について 】

 

説明する男性

先日某テレビ局にて、お墓の引越し(改葬)特集をしておりました。

 

お墓の引越し、お墓の改葬、移転、移動など様々な言い方はありますが、意味については、ほぼ同じになります。お墓の引越しと言いますと、お墓まるごと移動するイメージがありますが、実際には、お墓の中に納められている、ご遺骨の引越しになります。

 

当事務所には多くのお墓の引越し(改葬)のご相談、ご依頼を頂いておりますが、近年、益々お墓の引越し(改葬)増加しております。

 

お墓の引越し(改葬)を考える理由としては、遠くに有る、お墓を近くにと言う理由が一番多くなります。お墓を建てる当初は、高い費用で狭い墓を東京近郊で建てるより、自然が豊かで静かな故郷に建てた方が良いと思われ地方に墓を建てる方が多くおります。

 

しかし、ご自身がご高齢になり、お墓参りに行くには、不便であること。ご自身に万が一の事があった場合に、お子様が、墓参りに行くには遠すぎるなどの理由により、東京近郊の納骨堂等へ移される方が非常に多くなっております。

 

それでは、お墓の引越し(改葬)をするには、どの様にすれば良いか?考えて行きたいと思います。

 

お墓の引越し(改葬)には、寺院、霊園の有る場所を管轄する役所の許可が必要になります。許可を得るには、改葬許可申請を役所から取得し、必要事項を記載し、寺院の住職や霊園の管理者に記名押印をして貰いいます。

 

記名押印後に役所に提出し、許可書を発行してもらいます。(自治体により添付資料などが異なりますので事前に確認する必要があります。)改葬許可が下り次第、お墓の引越し(改葬)が可能になりますが、寺院、霊園等に提出する書類なども有りますので、こちらも確認しておく必要があります。

 

改葬手続につきましては以上になりますが、その他、寺院の住職の了解を得ておく事、お墓の撤去費用やご遺骨取り出し費用の確認、お墓の引越し(改葬)先の霊園等の契役などの準備をしておく必要があります。

 

全ての手続き準備が終わり、実際に、お墓の引越し(改葬)日を決める事になります。引越し元・先の寺院、石材店の予定を調整して日にちを決めます。当日は、どの様にして、ご遺骨を運搬するか?も考えておきましょう。

 

以上の流れにより、お墓の引越し(改葬)完了となります。

 

 

お墓の引越し(改葬)で一番気になる所は何処か?と言いますと、ずはり費用は、どのくらい掛かるのか?になるかと思います。

 

当事務所のお墓の引越し(改葬)のページをご覧いただければ、おおよその金額を上げてありますが、寺院や霊園、石材店の違いにより費用が異なる場合があります。ですので事前に金額がどれくらいかかるのか?見積書を取り寄せ事前に確認しておいた方が良いかと思います。

 

お墓が寺院にある場合は離檀料なども請求される場合もありますので、こちらも事前に確認しておきましょう。

 

 

その他、お墓の引越し(改葬)理由として、特別な状況より、ご両親のお墓が別々の場所になってしまったが、やはり一つのお墓にしたいという方もおります。

 

当事務所でも、この様なご相談・依頼を頂きましたが、この場合、どちらかのお墓へ引越し(改葬)を行い、一つのお墓にする事になります。許可関係については、上記と同様になります。

 

この様な状況のお客様と、お会いして話をお伺いさせて頂きましたが、まず、どの様にしたらよいか分からず相談する所も思い当たらずに、何年も悩んでいたと言う事でした。実際にお墓の引越し(改葬)を考えると不安が募り、色々と考えてしまう方もおります。

 

当事務所にて、お墓の引越し(改葬)が完了した際に、ほっとされ涙を流された、お客様もおりました。この様な時は、特に、この業務を行っていて良かったと。感慨深いものがあります。

 

一般的には、お墓の引越しは人生で一度、行うかどうかの問題ですので、後悔の無いようによく確認してから行った方が良いかと思います。また、ご自身でお墓の引越し(改葬)手続きを行う場合には、色々と先の事まで考えずに、まずは一つずつ行っていき、問題があればその都度、ご家族と検討されたほうが良いかと思います。

 

※当事務所HP お墓の引越し(改葬)相談・代行にて、お墓の引越し(改葬)の具体的な流れ、参考費用等を掲載しておりますので、詳しくはそちらをご覧下さい。

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】