先祖のお墓をひとつにしたい!/大塚法務行政書士事務所(東京都)

先祖のお墓をひとつにしたい!

先祖のお墓を一つにしたい
両家のお墓とご自身のお墓など
お墓が三つもあり維持していくのが大変!

 

子供に迷惑を掛けたくない!
お墓の承継者がいない!

 

などの理由により、三つのお墓を一つにしたいと
言うご相談をよく頂きます。

 

複数のお墓がある場合は、残すお墓や永代供養墓などに
お墓の引越し(改葬)をすることになります。

 

その他のお墓はお墓じまいをして撤去することになります。

 

この場合、費用の中で多く割合をしめるのが
お墓の撤去費用になるかと思います。

 

特に地方で先祖のお墓が沢山ある場合は
撤去費用も増加することになります。

 

その他、お墓の引越し(改葬)先の費用も掛かりますので
まずは、どのくらいの費用がかかるのか?

 

確認しておくことが大切です。
その他、お寺により離檀料も請求される場合もありますので
お寺の費用も確認しておく必要があります。

 

その他、お墓じまいをするお墓がそれぞれ別の場所にある場合は
お寺のある場所を管轄する市区町村から改葬許可をとる必要がありますので
三箇所にお墓がある場合はそれぞれ改葬許可申請を行います。

 

当事務所では、この様なケースをご相談、ご依頼頂いておりますが
ご自身で複数の墓を一つにする場合は、書類関係やお寺、役所の書類確認等
大変な労力がかかることになります。

 

改葬許可申請におきましても、書類や添付する資料も自治体により
それぞれ異なりますので、事前に確認しておくことが大切です。

 

上記のように最近、お墓の整理を考えて一つにまとめる方が
増えておりますが、なぜ一つにする必要があるのか?

 

もう一度整理して考えてみたいと思います。
まずは、お墓参りになります。

 

例えばご主人のご先祖のお墓と奥様の先祖の墓を維持するとともに
ご自身のご両親のお墓が別にあった場合、
お墓参りだけでも三箇所にいくことになります。

 

とくに遠方にある場合は、お参りだけでも大変ですね。
お金の問題としては、それぞれのお墓の維持管理費が発生しますし
お寺からの寄付なども求められることになります。

 

これは、金銭的にも大変ですね。
万が一ご自身がそのまま放置していた場合には
お子様がそのお墓を承継することになります。

 

もしお子様が一人娘でお嫁に行かれている場合は
その両親のお墓もありますので、四箇所のお墓を維持していくことに
なります。
この場合は費用面だけでも大変な負担につながります。

 

ですので今のうちにお墓の整理をお考えになる方が
増えているとういことでは、ないでしょうか?

 

通常の場合、永代供養墓等では最初に費用の支払いを
行い、その後の負担は発生しないことになりますので
お墓じまいやお墓の改葬に費用はかかりますが
長い目で見るとお墓を一つにした方が良いかと思います。

 

又、お墓参りにも行きやすいのでは、ないでしょうか?

 

具体的に費用はどれくらいかかるのか?
ということになりますが、
一般的なお墓の場合は一箇所撤去するのに
30万円前後(お墓の形状等により異なる場合があります。)
になりますので、撤去するお墓の数×30万円程度がお墓の撤去費用になります。
その他、お墓じまいとして、通常、魂抜き(閉眼供養費)のお布施として
5万円程度×お寺数、他、離檀料(お寺により請求される場合とされない場合があります。)

 

後は、お墓の引越し(改葬)先との契約料=お寺や納骨堂などにより
十数万円〜数百万円
となります。

 

ですので、まずは全体として幾らくらい必要になるかのか?
一つずつ確認して行く必要があります。

 

お墓の撤去は石材店にお願いすることになりますが
お墓じまいをするお寺に指定石材店がいるのか?いないのか?
も確認しておきましょう?

 

特に指定石材店がない場合は、数社の石材店かた見積もりをとられたほうが
良いかと思います。
一つはお墓があるその近くの石材店、もう一つは、比較的大手の全国展開している
石材店などの見積もりをとり、その費用の確認をします。

 

お墓の撤去については、比較的、石材店により
金額に差がでることありますので、よく確認されたほうがよいかと思います。

 

費用面が把握でき、改葬の許可の取得ができましたら
いよいよお墓じまい及びお墓の引越し(改葬)になります。

 

当日の一日でお墓じまいやお墓の引越し(改葬)をお考えの場合は
どのような順番でおこなうか?ご住職や石材店と時間の調整をしておきます。
その他ご遺骨を運搬する白い布やタオルなども用意しておきましょう。

 

ご遺骨を取り出した際には、骨壺内に溜まっている水を必ず
出してから運搬しましょう。移動中に水がこぼれることが
ありますので、石材店の方にお願いしておきましょう。

 

お墓の場所が遠方の場合やそれぞれが離れている場合は
2日、3日などにわけて行った方が時間の調整なども比較的しやすい
かと思います。後は当時なるべく雨がふらない方が良いので
天気予報なども確認してお墓じまい等の日にちを決められた方が
良いかと思います。

 

車でご遺骨を移動する場合は、骨壺が倒れない様に
ダンボールの箱などもあれば便利かと思います。

 

以上のお話が複数のお墓を一つにまとめるお話になりますが
基本的なことは、一つのお墓をお墓じまい及びお墓の引越し(改葬)する
場合と同じになります。

 

但し同時に数カ所の手続きなどが必要になりますので
その分、大変になります。

 

どのように進めて良いか?わからない場合も多いかと思います。
その様な場合は、是非、当事務所にお気軽にご相談下さい。

 

初回相談無料ですので
安心してご相談下さい。

 

石材店も同様なご相談を受け付けておりますが
石材店の場合は、移動先のお墓の購入やお墓の撤去等の依頼が
前提となっておりますので、ご注意下さい。

 

当事務所は行政書士事務所ですので、そのようなことはなく
又、遺言書や相続問題についてのご相談も可能ですので
お気軽にお問合せ頂ければと思います。

お問合せ(お墓の引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)、墓じまいなどお墓の手続ならご相談下さい。)

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お問合せ

 

先祖のお墓をひとつにしたい!/大塚法務行政書士事務所(東京都)関連ページ

墓じまいと終活について
お墓に関する特集記事/墓じまいと終活について
長距離のお墓の引越し(改葬)について
お墓に関する特集記事/長距離のお墓の引越し(改葬)について
お墓を買う時に注意すること
お墓に関する特集記事/お墓を買う時に注意すること
石材店の選び方(ここに注意!!)
お墓に関する特集記事/石材店の選び方(ここに注意!!)
お墓じまいは何時すれば良いか?
お墓に関する特集記事/お墓じまいは何時すれば良いか?
お墓がお寺にあるメリット、デメリット
お墓に関する特集記事/お墓がお寺にあるメリット、デメリット
墓じまいで考えておくこと
お墓に関する特集記事/お寺との口約束について注意すること
お寺との口約束について注意すること
お墓に関する特集記事/お寺との口約束について注意すること
墓じまいについて考えておくべきこと
お墓に関する特集記事/墓じまいについて考えておくべきこと
今までご依頼頂いた墓じまいやお墓の改葬について
お墓に関する特集記事/今までご依頼頂いた墓じまいやお墓の改葬について
二つのお墓をひとつに
お墓に関する特集記事/二つのお墓をひとつに
永代供養墓について
お墓に関する特集記事/永代供養墓について
墓じまいの時のお寺との話し方
お墓に関する特集記事/墓じまいの時のお寺との話し方
離檀料の相場はいくら?
お墓に関する特集記事/離檀料の相場はいくら?
お墓の撤去はどこに頼めば良いか?
お墓に関する特集記事/お墓の撤去はどこに頼めば良いか?
夫と同じお墓に入りたくないときは
お墓に関する特集記事/夫と同じお墓に入りたくないときは
先祖代々のお墓があるが承継者がいないときは
お墓に関する特集記事/先祖代々のお墓があるが承継者がいないときは
お墓の引越しについて
お墓に関する特集記事/お墓の引越しについて
お墓の改葬(移動)はどこに頼めば良いか?
お墓に関する特集記事/お墓の改葬(移動)はどこに頼めば良いか?
お墓じまい、お墓の改葬で最初にすること
お墓に関する特集記事/お墓じまい、お墓の改葬で最初にすること
遠方からのお墓の改葬(移動)について
お墓に関する特集記事/遠方からのお墓の改葬(移動)について
墓じまいからの散骨
お墓に関する特集記事/墓じまいからの散骨
お墓じまいとお墓の改葬
お墓に関する特集記事/お墓じまいとお墓の改葬
お墓じまいをする理由
お墓に関する特集記事/お墓じまいをする理由
改葬業者選びの注意点
お墓に関する特集記事/改葬業者選びの注意点
分骨について
お墓に関する特集記事/分骨について
離檀料はいくらですか?
お墓に関する特集記事/離檀料はいくらですか?
離檀はどのようにすれば?
お墓に関する特集記事/離檀はどのようにすれば?
お墓じまいについて
お墓に関する特集記事/お墓じまいについて

HOME お墓の引越し(改葬) お墓じまい お墓の困りごと相談 お寺運営相談 事務所案内 ご利用料金 お問合せ