【 海外の遺骨問題 】

 

@海外に有る遺骨を日本に埋葬する手続き

海外で亡くなられ火葬した場合、日本で埋葬する際には、どの様な手続きが必要になるでしょうか?通常日本国においては、埋葬する際に埋葬許可書又は改葬許可書が必要になります。

 

しかし海外で亡くなられた場合には、この様な書類は無いと思われますので、その際には、遺骨の現在有る場所、(ご自宅等)を管轄する市町村に改葬許可書を交付してもらうことになります。

 

その際には
@死亡地の国又は地域の行政機関発行の死亡診断書
A本人死亡により除籍された本籍の写し
B客死に至った経緯について申請者による報告書等の資料が必要になります。

 

※自治体において必要書類等の差がありますので、事前に協議しておいた方が良いかと思います。

 

A海外で亡くなり、日本へ搬送された時の手続き

海外で亡くなられ、ご遺体を国内に搬送した際には、到着時にその場所の市町村に、死亡届を行い、埋葬許可書の申請を行います。

 

その際には死亡届に添付する資料として死亡診断書(現地医師によるもの)が必要になります。
※外国語で書かれている場合は、申請者が訳したものを同時に添付 。

 

海外からのご遺体の搬送については遺体を日本へ搬送する取扱規定に関する件等により、ご遺体の防腐処理、棺への固定、領事館員による封印が行われ搬送される事になります。

 

※国、地域により異なる場合があります。

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】