独身者等と墓の問題についてQ&A形式にて掲載しております。

独身者等と墓の問題

【独身者等と墓の問題】

 

@友人と共同でお墓を購入できる? A個人墓、共同墓とは? B独身者や家族がいない人向けのお墓は? C親から継いだお墓を始末したいときは? D夫や子供がいない場合、準備しておくことは? 

 

@友人と共同でお墓を購入できる?

身寄りが無く、友人とお墓を購入し一緒のお墓に入りたいと考えた場合、まずは、墓地の使用規定を確認する必要があります。 多くの霊園では、身寄りのない人への販売や他人と一緒に埋葬することを禁じている場合があります。 仮に使用規定がクリアできた場合においても、お墓の所有者の名義人は一人にする必要があり、共同名義にはできません。

 

 どうしても共同で購入を考えている場合は、どちらかの1人が所有者になり、公正証書にて話合いの内容を文書にて残して置く必要があります。 その他、お墓の承継者についても決めて置く必要があり、こちらも文章にて残して置く必要があります。

 

以上のことから、現実問題として様々な問題があり、特別な事情等がない場合には、共同墓を利用し同じお墓に入る方が、費用等の面も含めてメリットがあるかと思います。 

 

A個人墓、共同墓とは?

個人墓とは、ご自身の為に、お墓を建てることを言いますが、種類としては、個人墓、夫婦墓があります。 承継者の方がいない場合は、永代供養付きを選択することになるかと思います。 基本的には、新たにお墓を建てることになりますので、通常のお墓を建てることと、費用面等ではあまり差が出ないかと思います。

 

共同墓については、承継者の方がいない場合を前提に考えられており、現在では様々な団体が運営しております。 共同墓については、情報を確認し現地を見るなど、後悔しないように調べてから決定された方が良いかと思います。 

 

B独身者や家族がいない人向けのお墓は?

独身の方やご家族のいない方のお墓について、どの様なものがあるでしょうか?
現在、お墓は様々なものが有りますし、お墓を建てないで散骨等を行う方法もあります。 お墓を前提に考えた場合には、個人墓や共同墓があります。 個人墓には個人と夫婦の2種類のお墓があります。

 

個人墓には承継者がいない人の為に永代供養付きのお墓があります。 一方、共同墓を選択した場合には、比較的に費用が安く済むメリットなどがあります。最近では樹木葬なども注目をされています。 どちらが良いかという問題は、あくまでも個人の考え方によりますので、充分に検討した後に決められた方が良いかと思います。 一度は必ず現地等に行き確認をされた方が、後で後悔しない為にも良いかと思います。 

 

C親から継いだお墓を始末したいときは?

両親から、お墓を承継したが事情により今の墓地を整理したい場合などは、様々手続き等が必要になります。 お墓を新しく購入された場合は、通常のお墓の引越し(改葬)手続き等が必要になります。

 

 仮に、ご自身が散骨等により、お墓を作らない場合では、寺院に永代供養をお願いする方法や親族等の墓に了解を得て埋葬してもらうなどの方法もありますし、共同墓を利用するなど様々な選択肢があります。 但し、お墓を閉鎖する場合等には、更地にして返還する必要や改葬の手続きなど、有る程度の金銭も必要になります。 永代使用料については、原則返還されませんが、例外として返金される場合もありますので、霊園等の使用規則を確認された方が良いかと思います。 

 

D夫や子供がいない場合、準備しておくことは?

一人の人間が亡くなるということは、様々な手続きが発生することになります。
〇埋葬に関する手続き
〇健康保険・年金等の喪失届
〇公共料金の名義変更、
〇生命保険や各種預貯金等の問題、
〇相続に関する問題等

 

実に様々な手続き等が必要になります。 しかし全てに於いて準備出来るものではありませんので、出来ることだけ準備しておくことも一つかと思います。 葬儀に関することやお墓に関することなど、希望を遺言書等で残して置くのも準備の一つと言えるのではないでしょうか?

 

生前契約をする方法もあります。生前契約は事前に葬儀等の方法を決めて第三者に委託するものです。 NPO法人等が運営しており、公正証書等による契約になります。このような生前契約を行う機関などは様々なものがありますが、まだ実績が少ないこともあり、その団体等を良く確認しておく必要があります。

 

その他、生前にご自身がどの様に考えて、亡くなった後どの様にしてほしい。など、希望をエンディングノートに書き留めておくのも良いのではないでしょうか? ただし、エンディングノートはあくまでも個人の希望を残して置くものとなりますので、相続財産などで問題が有るような場合は、 きちんと公正証書にて遺言書を残して置く方が良いかと思います。 後々のトラブルを回避する為にも公正証書遺言が有効な手段であると思います。 

お墓のトラブル・困りごと相談 お問合せ

【お墓のトラブル・お困りごとならご相談下さい!!】

 

お墓のトラブル・困りごとのお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

お墓のトラブル・困りごとのお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

お墓のトラブル・困りごとのメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

お墓のトラブル・困りごとのスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

 

独身者等と墓の問題/大塚法務行政書士事務所(東京都)関連ページ

お墓と承継者の問題
お墓と承継者の問題―お墓のトラブル・困りごとQ&A
夫婦と墓の問題
夫婦と墓の問題―お墓のトラブル・困りごとQ&A
海外の遺骨問題
海外の遺骨問題―お墓のトラブル・困りごとQ&A

HOME 事務所実績 お客様の声 事務所案内 ご利用料金 お問合せ