永代供養墓の納骨費用は幾らに?―檀家離れを防ぐには/お墓の手続き専門の行政書士が解説しております。

永代供養墓の納骨費用は幾らに?

【永代供養墓の納骨費用は幾らに?】

 

寺院内に永代供養墓を建てるケースが非常に多くなっております。他の永代供養墓に改葬を行うよりは、
同じお寺の方が安心。という方も多くおります。

 

今までお聞きした中では、ご遺骨一体10万円程度〜50万円以上まで様々です。

 

基本的には、お子様に迷惑を掛けたくないという理由などで、費用面に重点を置いて永代供養墓への改葬を考えられる方が多く、費用が高額な場合は、他の場所の永代供養墓へ改葬される方が多くなっております。

 

例えばご遺骨数が5体の場合、一体50万円では5×50万円=250万円になります。

 

この金額を簡単に支払える方は、少ないのではないでしょうか?比較的多い金額としては、10万円〜15万円程度になります。

 

費用が比較的高い場合は、檀家の方が納得する付加価値が必要になるのではないでしょうか?

 

今や永代供養墓の広告は非常に多くなっており、費用も低く抑えられているものが沢山あります。その中でも数百万円頂く価値を檀家の方が見いだせるか?どうかになるのかと思います。

 

高めの費用の設定をしておき、裕福な方に納得して納骨して頂くか、費用を比較的安く設定し多くの方に納骨して頂くか難しい所かと思います。

 

費用を安く設定している場合も同様な金額は、既に民間主体の霊園などに多くありますので、こちらも日ごろの檀家の方とのお付き合いが大切ではないでしょうか?

 

NPO法人主体の霊園などの場合は、ご遺骨一体3万円の永代供養墓があります。当事務所でもお客様のご希望により何度も納骨しております。

 

つまり、世の中が2極化の時代になっておりますので、高級感のある付加価値をもった永代供養墓にするか?費用を低くして利用しやすい永代供養墓にするか?のどちらかになります。

 

費用を低くする場合は、他の霊園の金額なども参考にし、金額を設定する必要が有ります。

 

その他、檀家の方の事情により金額を変えることも可能かと思いますが、その場合は、明確な金額設定が
できないこと、高額な費用を払った方が低い方のお話を聞いた際の不満に関することなどの問題が発生する可能性があります。

 

永代供養墓は既に民間では、納骨堂、樹木葬なども含めて多くありますので、他の霊園との差別化を図ることも重要になるかと思います。

 

お寺の永代供養墓に納骨するメリットを考えてみますと、顔の見えるご住職の管理して頂くこと。季節のおりに供養して頂くこと。などが考られるかと思います。

 

ですので、当寺院では、このように ご供養させて頂きます。と言う情報発信や ご供養時の写真など、積極的に伝えて行くことが大切かと思います。

 

次回はお寺のイメージアップに繋がることについて考えみたいと思います。

 

一般の方は寺院の中が見えない為、不安に思われている方が多くおります。そして気軽に聞くことも難しいのではないでしょうか?

 

つづく・・・・・・・お寺のイメージアップを図るにはへ(現在執筆中)

寺院運営 相談・サポート お問合せ

【寺院様の運営(経営)をサポート致します!!】

 

寺院運営 相談・サポートのお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

寺院運営 相談・サポートのお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

寺院運営 相談・サポートのメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

寺院運営 相談・サポートのスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

 

永代供養墓の納骨費用は幾らに?/大塚法務行政書士事務所(東京都)関連ページ

檀家離れの現状について@
檀家離れの現状について@―檀家離れを防ぐには
檀家離れの現状についてA
檀家離れの現状についてA―檀家離れを防ぐには
ご住職の態度や一言で檀家は出ていく@
ご住職の態度や一言で檀家は出ていく@―檀家離れを防ぐには
ご住職の態度や一言で檀家は出ていくA
ご住職の態度や一言で檀家は出ていくA―檀家離れを防ぐには
寺院と離檀料の問題
寺院と離檀料の問題―檀家離れを防ぐには
ご住職という立場に満足されていますか?
ご住職という立場に満足されていますか?―檀家離れを防ぐには
テレビで放送されている墓じまいについて
テレビで放送されている墓じまいについて―檀家離れを防ぐには
代替わりした際のイメージ改善について
代替わりした際のイメージ改善について―檀家離れを防ぐには

HOME 事務所実績 お客様の声 事務所案内 ご利用料金 お問合せ