寺院と離檀料の問題―檀家離れを防ぐには/お墓の手続き専門の行政書士が解説しております。

寺院と離檀料の問題

【寺院と離檀料の問題】

 

離檀料はいくらですか?離檀料は払う必要があるのですか?良くこの様な相談をお客様から頂きます。

 

離檀料については、請求される場合と、されない場合があるので、まずは確認したほうが良いですと話をします。又、相場もありませんと話します。

 

今までお聞きした話では、離檀料について特に頂かないのが、4割程度になるかと思います。何らかの費用を求める場合は、十数万円から数十万、数百万、一千万円以上など様々です。

 

離檀料の中身をお聞きすると、実に様々な理由で有る事が解ります。例えば先祖代々の墓で100年ぐらい管理しているので100万円とか、墓地を建てた時の半分の費用を離檀料とする場合など。

 

あまり高額な費用を言われた方は、その様な、お金の余裕は無いので、このまま放置するしかないと言われる方もおります。

 

お寺の運営で一番困ることは無縁墓が増えていくことではないでしょうか?

 

あまり高額の場合には、裁判で争うので、弁護士を紹介してくださいと言われる方もおります。離檀料について争うことは、お寺と檀家の方の両方にプラスにならないのでは、ないでしょうか?

 

特に、その様な評判は広まりやすいもので、お寺のイメージもマイナスになります。

 

せっかく、ご自身で今のうちにきちんと墓じまいをしたいと思われる方がいる場合には、お寺も檀家の方の話をよくお聞きして、ある程度の気持ちで お布施を頂いたほうが良いのではないでしょうか?

 

なかには、ご住職に離檀の話をしたら、離檀?うちは高いよ!と開口一番に言われた方もおります。

 

結局、このような状況では、お寺全体のイメージがさらに悪くなり檀家離れを加速することに繋がることになります。

 

そもそも離檀料について、請求できる根拠があるのでしょうか?

 

入檀する際に説明されている。管理規約等に明記してある。この様なお寺は、ほぼ無いのではないでしょうか?

 

私の個人的な考えになりますが、檀家の方が、納得されており、ある程度の常識的な範囲であれば、離檀料も可能かと思いますが、それは、あくまでも檀家の方との お話によるかと思います。

 

結局、高い離檀料を請求したとしても払えない場合は払えませんので、
@このままお墓を放置される。
A裁判などで争う
B檀家の方の納得いくかたちに費用を抑える
ということになります。

 

どちらを選ばれるか?
ご住職次第になりますが、お寺の今後としては、掛かる費用を予め明確にし納得いく形で入檀して頂くなど、ある程度、分かり易く安心出来る、お寺を目指していくことが大切ではないでしょうか?

 

その様な費用を明示し檀家の方と良いお付き合いが出来れば、良い噂も広がり紹介で入檀される方もいるのではないでしょうか?

 

現在、一般の方は宗教的意識が薄くなり、お布施が集まりづらいなど、お寺の運営自体も厳しい時代になってきておりますが、やはり檀家の方に支えられているのが、お寺で有り住職も尊敬される立場である事、変わらないと思います。

 

 

まとめ

 

離檀料の有無、理由については、お寺によって様々であり、お気持ちでと言われるお寺や、うちは数百万など言われるお寺があり、高額な場合は、檀家の方から不信感を持たれトラブルに繋がるケースがある。

 

一方的に檀家の相談を聞かず高圧的な言い方をし離檀料を求めると、さらに揉める事になる。そこには、普段からの檀家の方との信頼感なども非常に大切である。と言うことになります。

 

つまり、普段、檀家と住職とお付き合いもなく、墓じまいの際に離檀料を請求する場合は、問題が発生する可能性が有るということです。

 

今までは大丈夫だった。と思われる方も多いかと思いますが、檀家の方も代替わりして、息子さんがお墓の承継をしている場合など檀家の方の考え方も変わります。

 

ですので、運営上、離檀料など常識的な範囲で頂く場合は、事前にきちんと説明されることが大切かと思います。出て行くので取るという考え方は、今後、難しくなるのではないでしょうか?

 

つづく
<・・・ご住職という立場に満足されていますか?へ>

寺院運営 相談・サポート お問合せ

【寺院様の運営(経営)をサポート致します!!】

 

寺院運営 相談・サポートのお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

寺院運営 相談・サポートのお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

寺院運営 相談・サポートのメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

寺院運営 相談・サポートのスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

 

寺院と離檀料の問題―檀家離れを防ぐには/大塚法務行政書士事務所(東京都)関連ページ

檀家離れの現状について@
檀家離れの現状について@―檀家離れを防ぐには
檀家離れの現状についてA
檀家離れの現状についてA―檀家離れを防ぐには
ご住職の態度や一言で檀家は出ていく@
ご住職の態度や一言で檀家は出ていく@―檀家離れを防ぐには
ご住職の態度や一言で檀家は出ていくA
ご住職の態度や一言で檀家は出ていくA―檀家離れを防ぐには
ご住職という立場に満足されていますか?
ご住職という立場に満足されていますか?―檀家離れを防ぐには
テレビで放送されている墓じまいについて
テレビで放送されている墓じまいについて―檀家離れを防ぐには
代替わりした際のイメージ改善について
代替わりした際のイメージ改善について―檀家離れを防ぐには
永代供養墓の納骨費用は幾らに?
永代供養墓の納骨費用は幾らに?―檀家離れを防ぐには

HOME 事務所実績 お客様の声 事務所案内 ご利用料金 お問合せ