檀家離れの現状についてA―檀家離れを防ぐには/お墓の手続き専門の行政書士が解説しております。

檀家離れの現状について@

【檀家離れの現状についてA】

 

ご住職に大変お世話になりましたが、お墓じまいをしたいと思います。と言う話は、お客様から、あまり聞いた事がありません。

 

どちらかと言うと、住職との付き合いがない。既に住職との信頼関係がない。・そもそも宗教や寺院に興味もなく親が建てた墓がそこにあった。という方が多いのではないかと思います。

 

これでは、ご住職が可哀想な気がしますが、今現在、このような感覚の方が多いのも現実です。宗教や信仰に対する気持ちが、ご住職と檀家で乖離している気がします。

 

お墓があれば別に寺院ではなく、霊園などで十分と思われる方が、現在では多く、それが寺院からの墓じまいや改葬に繋がって行きます。

 

しかし、檀家の方が責任を持って、墓じまいや改葬をされるのは、まだ良い方だと思います。それより問題なのは、お墓が放置され関係者の方と連絡も付かずに無縁仏となるケースです。この場合は、お墓の撤去費用など請求が難しくなります。

 

上記の場合は、関係者の連絡先などを再度確認、調査してお墓の承継をお願いするしかないのですが、
今後増々難しい状況になるのではないでしょうか?

 

 

墓じまいやお墓の改葬の行き先は?

 

寺院を出た方が何処へ行くのか?ほとんどの方が永代供養墓や納骨堂、樹木葬などへ改葬されます。これは、最初に費用を納めると、その後費用が発生しない点が大きな特徴です。

 

ですので、お墓の承継者やお子さんに迷惑を掛けたくない。と思われる方は、寺院の墓を墓じまいして、
これらの場所へ移動する事になります。

 

私が、納骨立会いの際に、お客様とお会いすると、「これで墓の問題が片付いてほっとした。」と言われる方がほとんどです。

 

特に年配の方で、墓じまいやお墓の改葬について、中々進まずに、ずっと悩んでいた。考えていると夜眠れなくなってしまった。など、お客様からお聞きする事があります。ですので、お墓の改葬の最後として、無事納骨が終わりほっとされる訳です。

 

私が感じている事として、一般の方の多くは墓じまいやお墓の改葬を住職にお話するのが不安なのです。

 

それは、何を言われるか怖い。高額な離檀料などの費用を請求されたら・・墓のじまい、お墓の改葬を反対されたら・・など

 

全ての寺院に、この様な問題が有る訳では当然ありませんが、良くテレビで高額離檀料の事など放送されていますので、自分の場合には実際に幾ら費用がかかるのか?払えないと改葬できないのだろうか?など悩んでしまうわけです。

 

ですが、情報化社会の中で、よくインターネットなどで調べられた方は、「離檀料は払わなくていいんですよね。」と聞かれることがあります。

 

ある程度納得行く額であれば、今までのお礼として支払うことも墓じまいや改葬がスムーズに行く方法の
一つではないかと思っておりますが、お客様の中には「一銭も払いたくない、裁判でも何でもやるので、その時は、弁護士さんを紹介してください。」と言われる方もおります。

 

しかし、実際には、ほとんどの場合、檀家の方もそこまでして墓じまいや改葬をしたくないと思っております。寺院側としても裁判までして、檀家と争いたくないと、お考えではないでしょうか?

 

ですので、寺院に迷惑をかけない様にと、ご自身でお墓を整理される方に対し、ある程度、納得頂ける範囲で費用のお話をされた方が良いかと思います。

 

仮に裁判等になれば、その寺院自体も評判が悪くなり増々、檀家が離れていくのではないかと思いますが
いかかでしょうか?

 

 

・檀家離れの現状について再度整理すると

 

代表的なケースとして、住職との良い関係がなく一方的に寄付や費用を請求され将来的な不安を感じて墓じまいをする。寺院に墓が有る事とにより様々な費用が発生するので子供に迷惑を掛けない様に墓の整理をする。お墓の承継者がいないので、ご自身が元気なうちに墓の整理をしておく。

 

この3ケースにほぼ当てはまるかと思います。つまり寺院に墓が有る事によって、何か心理的なプレッシャーを感じている年配の方が多くいると言う事になります。

 

この様な事が檀家離れの現状と言えるのではないでしょうか?

 

しかし、その他、ご住職の態度や一言で檀家の方が傷つき、あるいは腹をたて檀家を離れるケースもあります。

 

それは、どの様な事かと言いますと・・

 

つづく
<・・・ご住職の態度や一言で檀家は出ていく@へ>

寺院運営 相談・サポート お問合せ

【寺院様の運営(経営)をサポート致します!!】

 

寺院運営 相談・サポートのお問合せ

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!
【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】

寺院運営 相談・サポートのお問合せ電話

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

寺院運営 相談・サポートのメールお問合せ

メールお問合せはこちら→

 

寺院運営 相談・サポートのスマートホンお問合せ

スマホお問合せはこちら→

 

檀家離れの現状についてA―檀家離れを防ぐには/大塚法務行政書士事務所(東京都)関連ページ

檀家離れの現状について@
檀家離れの現状について@―檀家離れを防ぐには
ご住職の態度や一言で檀家は出ていく@
ご住職の態度や一言で檀家は出ていく@―檀家離れを防ぐには
ご住職の態度や一言で檀家は出ていくA
ご住職の態度や一言で檀家は出ていくA―檀家離れを防ぐには
寺院と離檀料の問題
寺院と離檀料の問題―檀家離れを防ぐには
ご住職という立場に満足されていますか?
ご住職という立場に満足されていますか?―檀家離れを防ぐには
テレビで放送されている墓じまいについて
テレビで放送されている墓じまいについて―檀家離れを防ぐには
代替わりした際のイメージ改善について
代替わりした際のイメージ改善について―檀家離れを防ぐには
永代供養墓の納骨費用は幾らに?
永代供養墓の納骨費用は幾らに?―檀家離れを防ぐには

HOME 事務所実績 お客様の声 事務所案内 ご利用料金 お問合せ