【 お墓に掛かる費用 】

 

説明する男性

お墓に掛かる費用の内訳としましては、

 

@永代使用料
A墓石工事費
B管理料
C入檀家志納金(寺院墓地の場合)
となります。

 

永代使用料は、永代に渡りお墓を使用する権利であり、土地の所有権を得るものではありません。

 

墓石工事費は、外柵、基礎工事、石碑工事などになります。外柵は、隣接する墓地との境を明確にするもので、区画周囲を石材で囲む物となります。基礎工事は、カロート(遺骨を収納する場所)を設置する物で有り、石碑工事は墓石などを建てる工事となります。

 

管理料とは、墓地の共有スペースを管理する費用で有り、区画以外の墓地の清掃や緑地の管理、ゴミ捨て場の管理など使用されることになります。

 

費用の相場としては、都心部の民営墓地(1平方m2前後)の場合で200万〜300万円(墓石工事費+永代使用料)が相場のようです。

 

ただし、現在では、様々なお墓の建て方がありますので、ご自身の予算と気持ちに叶った方法を調査し検討することをお薦めいたします。

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】