【 お墓を建てる時期 】

 

説明する男性

お墓は、法律上必ず建てなければいけないものではなく、何時、購入するかも原則的には個人の自由となります。

 

仏教徒の場合では、49日、月忌、百か日、一周忌、三回忌などの法要の時に納骨することが多いかと思います。これは供養の法要が追善、開眼供養と同時に行うことができる為、参加者が集まる手間が軽減できるというメリットがあります。

 

納骨についても、縁起の良い日と通常、考えますが、他の仏滅などが日がダメという決まりは特にありません。又、墓地を購入した場合でも、墓石の基礎工事や墓石の彫刻、周辺の工事など最低でも1ヶ月以上掛かると考えておくべきなので、購入したからといって、通常の場合すぐに納骨できる訳ではありません。

 

生前にお墓を建てることを、寿陵といいますが、長寿を願うもので縁起が良いものと言われています。又、子供に迷惑をかけたくないなどの理由から、寿陵を建てる方も増えてきております。

 

もし突然のことにより、お墓の用意が間に合わない、又は、経済的に建てられない場合などは、納骨堂に一時保管する方法やお墓のカロートと区画の工事だけを先行して行い、後は段階的に建墓する方法もあります。

 

遺骨を手元に於いておくことも違法ではありません。(しかし勝手な場所に埋葬してしまうと違法となります。)最近では、お墓を建てない散骨や樹木葬など様々な方法も考えられております。

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】