【 寺院墓地とは 】

 

説明する男性

寺院営墓地とは宗教法人が運営する墓地であり、檀家契約が必要となるもの、宗旨、宗派を問わないものなどがあります。通常の場合では、檀家契約が必要となる場合が多い為、その前提で明記していきたいと思います。

 

寺院墓地は、通常寺院境内で墓地を経営しており、境内にある墓地については、寺院の宗教活動と一体のものとして法律的に認められております。

 

檀家となった場合には、寺院の宗派に帰依し、寺院の経営を支える義務があります。従って、埋葬や法要についても寺院の宗派に従うこと、お布施や寄付金を納めること、その他、入檀家志納金や本堂の改修などに於いても寄付金等が求められる場合もあります。

 

寺院墓地の注意点として、過去の宗旨、宗派は不問などと明記されていた場合も、契約時には、改宗しその寺院の宗派に属する必要がある場合がありますので、注意が必要となります。

 

その他、新興宗教以外の在来仏教については、宗派不問の場合などもありますので、契約の際には、詳細についても、きちんと確認しておきましょう。

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】