墓じまい相談・代行/墓じまいで注意すること

墓じまいで、注意することは?

墓じまいで、注意することは?

墓じまいで、注意することは 2つあります。
 
一つは、お寺などと揉めずに、如何に 墓じまいを
スムーズに行えるか?

 

もう一つは、墓じまいに掛かる費用は、
全体でいくらになるか?

 

墓じまいに関することで、上記2点が最も気になる
所では、ないでしょうか?

 

一つ目の墓じまいをスムーズに行うには、
まず、ご自身の日頃のお寺との付き合いは、うまく出来ているか?

 

一度考えてみて下さい。

 

日頃から、良いお付き合いが出来ていれば、墓じまいも比較的
スムーズに行くのでは、ないでしょうか?

 

お寺のご住職と話したことがない。
住職の顔もわからない。

 

このような場合は、ご住職が どのような方か わかりません。

 

お寺のご住職と言いましても、人それぞれです。

 

ご住職の性格もわからない場合は、特に話し方が大切です。

 

いきなり電話で一方的に、墓じまいを告げるのは、
あまり良くないケースと言えます。

 

ご住職としては、今まで、お墓をお守りしてきた という気持ちがあります。

 

それを電話一本で、来もしないで終わらせるのか?
と思われる住職もいらっしゃいます。

 

このような場合には、
「承継者がいないので、お墓じまいについて一度相談させて頂きたいのですが?」
「お墓が遠方なので、今のうちに墓じまいをして、お墓を整理したいと思っているのですが?」
などとお話をされ、
一度、お伺いして、ご住職に墓じまいの ご相談したいと話された方が良いかと思います。

 

お会いする時には、菓子折りの一つも持参し、
「今回は、墓じまいについてのご相談なのですが、
今、この様に思っており、どの様にすればよいでしょうか?」
とお話をされてみたら如何でしょうか?

 

ここで、ご住職から、いろいろな お話がでるかと思います。

 

了承して頂ければ特に問題は、ありませんが、
費用(お布施など)などのお話も、この時にでるかと思います。

 

納得いく額であれば、墓じまいについてスタートとなりますが、
高額な費用を伝えられた場合には、どうすればよいか?

 

その際には、「一度家族と相談させて下さい。」と持ち帰られたほうが、
良いかと思います。

 

一度揉めてしまうと、お墓じまいは ストップしてしまうケースが、
多くありますので、その場で言い争いをせずに、
一度持ち帰り ご家族と相談してみましょう。

 

ご家族と お話をされ、このぐらいならば、お布施として お渡しできると
いう範囲が決まれば、その額を理由とともに、改めてご住職に相談してみましょう。

 

自分たちの生活もあり、収入的にも余裕がない。など
ご自身のお気持ちを正直にお話してみましょう。

 

これでも、費用が下がらない場合は、墓じまいをあきらめるか?
法的手段にて墓じまいをおこなうか?
になるかと思いますが、
この場合には、専門家にご相談されたほうが良いかと思います。

 

しかし、そこまでいくケースは滅多にありません。

 

通常の場合には、誠意を持って お話をされれば、問題なく墓じまいが
出来る場合が ほんんどです。

 

 

 

墓じまいを決意したが、いろいろな ことを考えてずっと悩んでいる方も
いらっしゃいます。

 

しかし、まずは一つ一つ始めてみなければ、わからないのです。

 

まずは、墓じまいについて、ご住職に相談し、費用や手続などを確認するのが、
始めです。

 

相談した結果、思わぬ対応が出た場合には、そこでまた考えるしかありません。

 

最初からいろいろ考えるより、ご住職に言われたことが 対応可能かどうか?
考えていきましょう。

 

次に、墓じまいの費用について考えていきます。

 

お墓の撤去やご遺骨の埋葬先の費用など、
墓じまいには、いろいろな費用が発生いたします。
 
※参考費用については、当サイトトップページをご覧ください。

 

・お墓の撤去費用
・お寺へのお布施
・ご遺骨の埋葬先への費用(永代供養墓、納骨堂など)
・ご遺骨の出骨、埋葬費
・ご遺骨運搬費など

 

必ず必要になるのが、お墓の撤去費用です。
こちらは、事前に石材店から見積書を取得することで
金額がわかります。

 

一社ではなく、数社から見積書を取ることにより
お墓の撤去費用の相場がわかります。

 

金額に差が無ければ、一番対応がよく信頼出来そうな
石材店を選びましょう。

 

墓じまい後の遺骨の埋葬先については、
新たに、お墓を購入する場合や永代供養墓や納骨堂、散骨など、
どれを選択するかにより、墓じまいに掛かる費用の総額がことなります。

 

大きく掛かる費用としては、この二つになりますが、
墓じまいの際の離檀料(お布施)も考えておく必要があります。

 

当事務所の経験から考えてみますと、お墓じまいの際に離檀料を
請求された場合、10万程度〜50万円程度が比較的多いかと思います。
(例外として数百万円〜一千万円以上)

 

墓じまいの費用の総額を考えると、こちらの費用も
確認しておく必要があります。

 

ですので、まずは、墓じまい費用として幾らぐらい可能なのか?
トータルの金額を大枠で決めておきましょう。

 

そして、まずは、お寺の離檀料(お布施)等の有無、お墓の撤去費
を差し引き、残金を ご遺骨の埋葬先へ充てられたら 如何でしょうか?

 

ご遺骨の埋葬には、数万円から数百万円など、ご希望により、
いろいろな選択が可能ですので、最初に決めて、支払いをしてしまうと
その他の費用が意外とかかる場合に、予算オーバーとなってしまいますので、
まずは、確実に掛かる費用から確認されたほうが よいかと思います。

 

上記に2点に注意して、後悔しないような 墓じまいをして頂ければと思います。

お問合せ(お墓じまいなら、お気軽に ご相談下さい。)

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お問合せ墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お問合せ

 

墓じまい相談・代行/墓じまいで注意すること関連ページ

墓じまいをする時の、ご住職への話し方
墓じまい相談・代行/墓じまいをする時の、ご住職への話し方
墓じまいの費用を安くするには?
墓じまい相談・代行/墓じまいの費用を安くするには?
遠方のお墓を墓じまいするには?
墓じまい相談・代行/遠方のお墓を墓じまいするには?
墓じまいした遺骨の埋葬先は、どこがよいか?
墓じまい相談・代行/墓じまいした遺骨の埋葬先は、どこがよいか?
遺骨の埋葬先選びの注意点
墓じまい相談・代行/遺骨の埋葬先選びの注意点
遺骨の埋葬先との契約は、いつすれば良いか?
墓じまい相談・代行/遺骨の埋葬先との契約は、いつすれば良いか?
墓じまいの お布施は、いつ、いくら渡せばよいか?
墓じまい相談・代行/墓じまいの お布施は、いつ、いくら渡せばよいか?
墓じまいの際のお布施の封筒には、なんて書けばよいか?
墓じまい相談・代行/墓じまいの際のお布施の封筒には、なんて書けばよいか?

HOME お墓の引越し(改葬) お墓じまい お墓の困りごと相談 お寺運営相談 事務所案内 ご利用料金 お問合せ