お墓を買う時に注意すること/お墓の手続き専門の行政書士が解説いたします。

 

【お墓を買う時に注意すること 】

 

説明する男性

お墓を建てる場合に、どのような点に注意すれば良いでしょうか?お墓は非常に高価な物ですので、後悔しないように、調査・確認して購入することが大切です。

 

まずは、何処に建てたいか?形式は和型、洋型にするか?など考えて行くことになります。場所についても、お参りに行きやすい、交通の便が良いなどを考慮し決めていきます。

 

遠くに、墓地を購入された場合、ご自身が高齢になるにつれ、お参りに行くのが大変になり、自宅近くに墓を移したいと思われる方が多くなります。最初は、自然が豊かな地方や生まれ故郷にと思われがちですが、後々、お墓の引越し(改葬)を行う事になる為、最初から将来的な事を考慮しておく必要があります。

 

ご自身がご健康な内は良いですが、お子様の代になった時に墓地の管理が大変になる事も有りますので、なるべく、ご家族がお住いの近くの墓地が良いのではないでしょうか。

 

一般的に、まずは霊園や寺院の場所を決め、その後、霊園、寺院の石材店と墓地を決めていきます。ですので、まずは場所を決めることが一番最初になります。

 

場所を決める際に、その霊園、寺院の評判をインターネットなどで、確認しておきましょう。特に石材店がコロコロと変わっている場合などは、何か問題がある場合が有りますので注意が必要です。

 

候補の場所が数カ所決まったら一度、霊園等に行き対応や規約、維持管理費など細かい所まで確認しましょう。そして、お墓を建てる費用以外にどの様な費用が発生するかも確認し見積書を貰いましょう。

 

特定の場所に決まり次第、霊園等の契約になります。サービスで手続などをしてくれると言っていたが、購入後に担当者が変わり出来ないと言われた。例もありますので、きちんと確認し 出来れば書面で貰いましょう。(口約束では、後で言った言わないになります。)

 

次に、お墓を建てる費用になりますが、これは、比較的費用が安いものから高いものまで様々になります。お墓の価格は、材質によるものと、石材の量、建て易さなどにより様々になります。相場としては、百万円〜3百万円になります。

 

契約をする前には、石材店の評判なども確認しておくことが大切です。対応や保証なども確認しておきましょう。お墓は高額な買い物ですので、後で後悔しない様に、その都度確認していきましょう。

 

当事務所に、ご依頼頂いた中で墓を建てたが、ある理由により、その寺院に埋葬したくないとの事で、ご遺骨を埋葬する前に、お墓を撤去し別の場所に、新たに建てられた方もおります。お墓の購入費、撤去費、新たな墓の購入、新たな霊園の使用料と通常の倍の費用になります。

 

当事務所に事前に相談に来られていれば、いろいろなアドバイスをさせて頂きましたが、ご相談があった時には、既にお墓を購入された時点で、手続きのみを行わせて頂きました。

 

一般的な霊園の場合は、管理規約や契約内容など、しっかり作成されている場合が多いかと思いますが、寺院の場合には、規約等が無い場合も有ります。

 

そこで、後々トラブルになってしまうケースがあります。あまり大きくない寺院の場合には、得られる情報が少ないので、一度ではなく何度か寺院に伺い、具体的な契約内容や掛かる費用を確認しましょう。寺院のご住職との話も遠慮せずに納得行くまで確認してください。

 

不親切な対応など取られた場合には、今後の檀家としてのお付き合いも難しくなります。寺院に墓を買うと言うことは、檀家になるという事ですので、その寺院を支えることになります。維持管理費や寄付を求められることも当然にあります。

 

その様な、お付き合いを長くしていく関係になるのに、最初から不快感を感じられたら、今後もお付き合いをしていくことは、難しいのではないでしょうか?個人的な意見になりますが、寺院にお伺いし、ご住職と話され、あまり良い印象がない場合は、別の寺院にされた方が良いかと思います。

 

特に費用面については、きちんと確認しておかないと後々のトラブルにつながります。

 

費用が高額な寺院の場合には、事情があってお墓を引越し(改葬)する場合など高額な離檀料を請求される場合がありますので注意が必要です。

 

 

話を元に戻しますが、お墓を購入する場合に費用についても 総額で幾らくらいなのか?おおよそ決められた方が良いかと思います。

 

特に地方の墓を墓じまいして、自宅の近くにお墓を改葬する場合など、撤去費用も発生しますので、こちらも、数十万円の費用が掛かることになります。

 

ですので、ある程度の金額を決めてから、その範囲内で済むように勧められた方が良いかと思います。

 

上記については一般的な墓地の話でしたが、現在人気があるのは、納骨堂や永代供養墓になります。維持管理費などが発生しない場合が多く、お墓の承継者がいない方やお子様に迷惑を掛けたくないと思われる方が購入されています。

 

こちらも基本的には宗教法人になりますが、運営は民間会社などが、行っており比較的、特定の宗教色が薄くなっております。こちらは、一般的な墓の購入より比較的、費用が割安になります。
(通常の場合には、十数年後に他の遺骨と一緒に埋葬される事になりますので、よく契約内容を確認してください。)

 

 

お墓の購入には、以上の様に様々な注意点があります。一社の話をを聞くのではなく、数社から話を聞き自身で調べられることは調べ、ご自身が主体となり進める事が大切です。

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】