お墓と墓地の種類について知っておくべき事/お墓の基礎知識

【 お墓と墓地の種類について知っておくべき事 】

 

説明する男性

お墓とは、一般的に、墓石、個々の区画、墓地全体など様々な意味で使われることが多いかと思います。実際には、どのような事なのか?確認して行きたいと思います。

 

墓地、埋葬等に関する法律によると、「墓地」とは、墳墓を設ける為に、墓地として都道府県知事の許可を 受けた区域をいう。と明記されております。

 

それでは、「墳墓」とはどの様な意味でしょうか?

 

こちらも法律に明記されておりまして、「墳墓」とは、死体を埋葬し、又は焼骨を埋蔵する施設を言うと明記されております。

 

以上のことを通常では、併せてお墓と呼ばれております。

 

ちなみに、「納骨堂」とは、他人の委託をうけて焼骨を収蔵する為に、「納骨堂」として都道府県知事の許可を受けた施設と明記されております。

 

 

墓地の種類は、大きく分けて下記の3種類に分類されます。

 

【寺院墓地】

 

寺院墓地とは、宗教法人である寺院が運営している墓地になります。通常の場合、お墓を建てる際に、入檀し檀家となります。又、檀家となった場合には、寺院を支える義務があります。近年では、永代供養墓を設置する寺院も多くなっております。

 

寺院内にある一般的な、お墓から永代供養墓に改葬する場合、墓じまいをし、寺院から離檀することになります。(寺院により異なる場合があります。)

 

【公営墓地】

 

自治体が運営する霊園等になります。費用が比較的安く、宗教、宗派なども問われないことから、非常に人気が有ります。しかし人気が有る霊園については、抽選で当りずらく、何年も待たなくてはならない場合も有ります。その他、居住要件や申請要件なども有り、申請する自治体に確認する必要が有ります。

 

公営墓地については、お墓の清掃等を自主的に管理する必要が有りますので、お参りに行かずに放置すると雑草等により、荒れ果てた状態になってしまうことが有ります。

 

【民営墓地】

 

民間企業が主体となって管理運営されている霊園になります。民営墓地では、宗教宗派を問われない事が多く、費用についても低価格から高額な物まで様々です。

 

現在では、一般的な墓地から永代供養墓、樹木葬など、様々な形式があります。永代供養墓、樹木葬などは、比較的、低価格で埋葬することが可能です。子供がいないご夫婦や子供に迷惑を掛けたくないと思われる方など、寺院墓地から民営墓地(永代供養墓)などに改葬される方が多くなっております。

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】