お墓を建てる時期と手順/お墓の基礎知識

【 お墓を建てる時期 】

 

説明する男性

お墓は、法律上必ず建てなければいけないものではなく、何時、購入するか原則的には、個人の自由となります。

 

仏教徒の場合では、49日、月忌、百か日、一周忌、三回忌などの法要の時に納骨することが多いかと思います。これは供養の法要が追善、開眼供養と同時に行うことができる為、参加者が集まる手間が軽減できるというメリットがあります。

 

納骨についても、縁起の良い日と通常考えますが、仏滅日などがダメという決まりは特にありません。又、墓地を購入した場合でも、基礎工事や彫刻、周辺の工事など最低でも1ヶ月以上掛かると考えておくべきなので、購入したからといって、すぐに納骨できる訳ではありません。

 

生前にお墓を建てることを、寿陵といいますが、長寿を願うもので縁起が良いものと言われています。又、子供に迷惑をかけたくないなどの理由から、寿陵を建てる方も増えてきております。

 

もし突然のことにより、お墓の用意が間に合わない、又は、経済的に建てられない場合などは、納骨堂に一時保管する方法やお墓のカロートと区画の工事だけを先行して行い、後は段階的に建墓する方法もあります。

 

遺骨を手元に於いておくことも違法ではありません。(しかし勝手な場所に埋葬してしまうと違法となります。)最近では、お墓を建てない散骨や樹木葬など様々な方法も考えられております。

 

【 お墓を建てる手順 】

 

説明する男性

お墓を建てるには、まずは情報を集めることから始まります。公営墓地の場合では、役所に電話で確認する他、広報誌や役所のHPにて確認する方法などがあります。民営墓地についても、インターネットやチラシ、電話帳など、様々な方法があります。

 

情報収集が出来たら、その中で気に入った物件を深く調べて行き、現地説明会又は、ご自身で一度見学に行く等、現地の様子を必ず確認されることをお薦めいたします。

 

墓地が決まり次第、必要なお金を支払い、使用権等を取得します。契約書の内容については、きちんと確認し、後悔しないようにしましょう。

 

次に墓石をどの様にするか?という問題となります。材質、デザイン、文字のデザインなどを考えます。(墓地によっては、指定の石材店が有る為、事前に確認しておく必要もあります)

 

契約後、製作が始まると共に、墓地の基礎工事や外柵の基礎工事が始まります。工事開始から、有る程度の期間を得て、工事の完了となります。石材店からの連絡が有りましたら、現地で確認しましょう。

 

【 遺骨を一時預けたい場合 】

 

説明する男性

遺骨を預かってほしい場合など、菩提寺や霊園の納骨堂等に遺骨を預かってもらうことが可能です。これを仮納骨と言いますが、一周忌〜三回忌までに、建墓を行い、納骨するケースが多いようです。

 

公営墓地等に於いても遺骨を数年単位の期限付きで、納骨堂等に預かる墓地が多くありますので、自治体に確認されることも良いかと思います。

 

遺骨自体は、自宅に安置しておくことも違法ではありませんので、お墓が決まるまで自宅でという方法もあります。埋葬する際に、埋葬許可書が必要になりますので、紛失しない様に注意しましょう。

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】