永代使用権と永代供養墓の基礎知識/お墓の基礎知識

【 永代使用権とは 】

 

説明する男性

通常は、お墓建てる又は、お墓を買うという言葉をよく使いますが、お墓を建てる土地は、通常、墓地使用権を得ることになり、墓地の所有権を得ることにはなりません。

 

つまり、永代に渡りお墓を建てる土地を使用できる権利を得るという意味になります。

 

永代使用権の権利については、特に法律で明記されている訳ではなく、内容や義務、制限等は契約により決定することになります。

 

従って、永代使用権を購入する場合は、契約内容にどの様な、規則や義務があるのか?よく確認することが重要です。例えば、購入後は管理料を通常支払っていくことになりますが、支払いが滞ると永代使用権が消滅することになる場合もありますので、細かく内容を確認しておくことが重要です。

 

永代使用権は、期限に際限はなく代々承継できますが、第三者に譲渡したりすることは通常できず、承継者がいない場合には、権利は消滅することになります。

 

 

【 永代供養墓とは 】

 

説明する男性

永代供養墓とは、契約時に埋葬費用を支払い、その後、維持管理費等の費用が発生しない、お墓を言います。通常のタイプから、樹木葬、納骨堂なども、永代供養墓の一種になります。

 

埋葬の方法として、個別に埋葬する形式と他のご遺骨と一緒に埋葬する合祀形式があります。

 

寺院の永代供養墓の場合、シンボル的な供養塔の元に埋葬を行う永代供養墓が増えております。費用につきましては、ご遺骨一体十数万円程度〜五十万円程度まで様々です。

 

民間主体の霊園等が行っている永代供養墓につきましては、上記の様な形式から、樹木葬タイプ、納骨堂タイプなど、非常に多くの永代供養墓があります。こちらの費用につきましては、タイプによって異なりますが、十数万円〜百万円以上まで様々です。

 

比較的人気が高いのは、樹木葬や納骨堂の様な費用が比較的安く、個別に埋葬する事ができるタイプになるかと思います。

 

 

埋葬期間につきましては、13回忌まで、33回忌まで、50回忌までなど、寺院、霊園により異なっております。個別葬の場合、一番多いのは33回忌までは、そのままの状態で埋葬され、その後、別の場所に、他のご遺骨と一緒に埋葬されるケースになります。(埋葬期間につきましては、契約時にご確認下さい。)

 

個別葬で埋葬出来るご遺骨数につきましては、骨壺の場合、通常3〜4体程度までになります。ご遺骨数が多い場合、さらしの袋等にご遺骨を入れて埋葬する場合があります。

 

合祀タイプの永代供養墓につきましては、ご遺骨数に限りがなく、費用が最も安いタイプになりますが、最初から他のご遺骨と一緒になってしまう事に抵抗を持たれる方も多く、又、一度合祀してしまうと元に戻す事が出来ませんので、他の場所にお墓の引越し(改葬)をする事も出来なくなりますので注意が必要です。

 

 

〇どの様な永代供養墓を選べば良いのか?

 

永代供養墓は、様々な形式が有ります。又、霊園や石材店の広告なども非常に多く、ご自身で決められる場合は、いろいろと悩まれる場合も多いかと思います。

 

ここで永代供養墓を決められるまでのポイントを記載致します。

 

@まずは費用の総額を決める。/
お墓の引越し(改葬)等がある場合には、永代供養墓の契約費以外の費用も掛かりますので、総額で幾らになるのか?確認しておくことが大切です。

 

A永代供養墓へお参りする際の交通状況や利便性を確認する。/
当初は、都会より自然の豊かな地方の霊園へと考えられる方もおります。しかし、ご自身が高齢になりますと遠方へのお墓参りが大変になります。結果として近くの場所へと考えられる方も多くおりますので、公共機関や駅からの霊園までの利便性なども確認しておきましょう。

 

B永代供養墓の運営者の確認/
永代供養墓をどこが運営しているのか?信頼できる所なのか?管理規約はどの様になっているのか?
後で後悔しない様に確認しておきましょう。

 

上記の事をご参考に、よくご家族と話し合われた上で、永代供養墓を決めて頂ければと思います。

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】