公営・民営・寺院墓地とは?/お墓の基礎知識

【 公営墓地とは 】

 

説明する男性

公営墓地とは、自治体が所有している墓地であり、都道府県や市区町村が管理運営しております。

 

宗教上の宗旨宗派などは問われませんが、応募するには、様々な条件が定められている場合が多くあります。例えば、応募する自治体の地域に現住所があること、その住所に3年以上居住していること、既に遺骨が手元にあることなど、その他自治体により様々な条件が課せられている場合が多くあります。

 

費用については、他の民営墓地や寺院墓地と比べ、安く済む場合が多く、又自治体運営の為、信頼性も非常に高く、公営墓地は人気が高い墓地と言えます。

 

従って、人気のある地域では競争率が非常に高く、又、募集もなかなか行われないと言った状況に有るようです。通常の場合には、1年に一回程度の募集が行われている場合が多いので、自治体の広報誌やホームページ等で確認された方が良いかと思います。(自治体によっては1年中募集している場合も有ります)

 

東京都の公営墓地は、「青山霊園」、「谷中霊園」、「染井霊園」、「雑司ヶ谷霊園」、「多磨霊園」、「小平霊園」、「八王子霊園」、「八柱霊園」となります。

 

青山霊園などは、非常に人気も高く、募集も少ないことから抽選に当選するのは、厳しい状況にあるかと思われます。使用料としては、地域により差がありますが東京都の場合、50万円程度〜人気のある青山霊園では1千万円を超える所もあるようです。その他、年間管理用としては1u当り2千〜3千円程度が一般的なようです。

 

一般的な公募の流れとしては、
@霊園に郵送等で申し込み
A受付番号通知(はがき等)
B公開抽選
C抽選結果通知(はがき等)
D書類審査、使用申請書の提出
E使用料、管理料の納入
F使用許可書の交付

 

以上の様な流れになります。(自治体により違う場合もあります。)

 

【 民営墓地とは 】

 

説明する男性

民営墓地とは公営墓地以外のもので、営利を目的しない公益法人や宗教法人などが許可を受けて運営しております。一般企業による墓地の経営は、現在では認められておりませんが、法律改正前から運営している一部の企業には運営が認められております。

 

墓地の立地については、都心部にて経営しているタイプと郊外に大規模な霊園を経営するタイプに分かれています。

 

一般的な民営墓地では、宗旨、宗派を問われることもなく、又、公営墓地と違い応募条件などの制限もありません。なので、生前にお墓を建て置くことも可能となります。

 

民営墓地との契約をする場合は、その企業の経営状況なども確認することが大切です。その他、永代使用料と管理料は幾らなのかも、きちんと確認しておきましょう。永代使用料が比較的安い場合においても管理料が割高に設定されている場合もありますので、トータル的に幾ら掛かるのか?など良く検討する必要があります。

 

【 寺院墓地とは 】

 

説明する男性

寺院営墓地とは宗教法人が運営する墓地であり、檀家契約が必要となるもの、宗旨、宗派を問わないものなどがあります。通常の場合では、檀家契約が必要となる場合が多い為、その前提で明記していきたいと思います。

 

寺院墓地は、通常寺院境内で墓地を経営しており、境内にある墓地については、寺院の宗教活動と一体のものとして法律的に認められております。

 

檀家となった場合には、寺院の宗派に帰依し、寺院の経営を支える義務があります。従って、埋葬や法要についても寺院の宗派に従うこと、お布施や寄付金を納めること、その他、入檀家志納金や本堂の改修などに於いても寄付金等が求められる場合もあります。

 

寺院墓地の注意点として、過去の宗旨、宗派は不問などと明記されていた場合も、契約時には、改宗しその寺院の宗派に属する必要がある場合がありますので、注意が必要となります。

 

その他、新興宗教以外の在来仏教については、宗派不問の場合などもありますので、契約の際には、詳細についても、きちんと確認しておきましょう。

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】