ペットのお墓に関する相談/大塚法務行政書士事務所(東京都葛飾区)

ペットのお墓等に関する相談

ペット墓

お墓の手続き相談代行お問合せ

 

 

ペットのお墓に関する問題サポート致します!!

 

ペット墓相談

当事務所はペットに関する問題について
様々な業務を行っております。
 
ペット霊園等についても多く霊園等が有りますが、その中でどの様な霊園が
良いのかと等の問題が有ります。
 
又契約時においても適正な契約書なのか等、
きちんと確認をする必要があります。
 
まずはペット霊園の経営主体が何処なのか、
きちんと運営がなされているのか?
 
など確認することが大切ではないでしょうか。
 
当事務所は、ペットビジネスサポートなどペット専門サイトも運営しており
ペット動物に関する業務に力を入れております。

 
ペットのお墓に関する問題についてお悩みでしたら、
お気軽にお問い合わせください。

ペット墓相談お問合せ

ペットのお墓に関するサポート

当事務所のサービス内容の一例です。 その他のご要望がありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
ペット墓サポート料金
※交通費、郵便費等については、別途請求させて頂きます。
※遠隔地等に於いては、日当を請求させて頂く場合があります。
※特別な条件、複雑案件につきましては、別途料金を頂く場合があります。
※行政書士業務の範囲を超える案件につきましては、ご希望によりネットワークのある他の士業をご紹介致します。

ペットが亡くなってしまった場合について

ペットが亡くなってしまった場合、大変悲しいいことですが
次にどうすれば良いかなどを考える必要が有ります。
第一に葬送はどうするか費用はどのくらいかかるのかなど、様々な問題が有ります。
下記にペットの葬送の方法及びペット葬の費用等について掲載致しましたので
参考にご覧ください。

ペットの葬送の方法として

ペット葬送

ペットの葬送の方法としましては
・自宅の庭などに埋める
・自治体に依頼する
・専門業者に
依頼するなどの方法があります。

 

自宅の庭に埋める場合は、
小動物か大型犬等の動物かにより
異なることかと思いますが、
土葬又は火葬後遺骨を埋葬する等の方法があります。
(自治体により禁止されている場合もあります)

 

自治体に依頼する場合は、基本的に
一般廃棄物としての扱いとなりますが、
近年、自治体により様々な違いがあります。

 

自治体の運営する一部の斎場で
火葬を行っている自治体
(さいたま市、横浜市など)や
火葬は一切引きうけない自治体などもあります。

 

火葬方法も一般のごみと一緒に燃やす自治体と
動物火葬専用炉等を用意している自治体があります。

 

自治体に依頼された場合は、費用は比較的安い物となりますが、
基本的に一般廃棄物扱いとなることから、遺骨等が返されることもなく、
葬儀も行われません。
(自治体によりことなる場合も有りますので一度ご確認された方がよいかと思います。)

 

以上のことから、
現在の特に都心部では、ペットを埋葬する土地などがなく、
又自治体に依頼すると、ペットが可哀そうという気持ちから、
専門業者に依頼する方が多いかと思いますが、
その場合では、他のペットと一緒に火葬、納骨する合同葬か、
個別に火葬して遺骨を返してもら等の個別葬があります。
その他、ご家族が立ち会える火葬もあります。

 

ペット葬の費用は?

ペット葬費用

合同葬⇒個別葬⇒家族立会葬
と高くなるのが一般的です。
又、ペットの体重などにより金額がことなり、
一万円〜六万円程度が火葬費用となるようです。

 

専門業者に依頼される場合もいろいろと
決めておく必要があります。

 

葬儀は自宅でするのか?
ペット霊園等の葬儀場を利用するのか?

 

自宅で行う場合においても、
火葬は、移動火葬車等にきてもらか?
火葬は別の所で行うのか?

 

遺骨は、ペット霊園に埋葬するか、納骨堂を利用するか?
自宅ににて保管するかなど、様々な問題があります。

 

費用もどの様な方法で行うかにより様々ですので、
有る程度、どの様にするか事前に考えておくことが
大切かと思います。

 

又一部の業者と金銭的なトラブルが発生する可能性もありますので、
総額でいくらかかるのか、きちんと見積書をもらうことが大切です。
又、契約内容等についても後で困らないようにキチンと確認しておきましょう。

 

※飼犬が死亡した場合、市区町村にペットの死亡届を提出し鑑札を返却する必要あります。

ペットのお墓について

ペット墓について

「ペットと一緒にお墓に入りたい。」

というお話しをよくお聞きします。

それは法律上可能かということですが、

 

人間の霊園にペットの遺骨を埋葬するのは
違法ではありません。
(法律上ペットの遺骨は、
個人の副葬品等の扱いとなります。)

 

しかし法律で規制されていないから
可能とはなりません。
墓地には管理規約というものがあり、
この管理客規約にて、
ほとんどの場合、
ペット等の納骨は禁止されております。
 
そして、ペットは人間より寿命が短いものが
ほとんどですので、
多頭飼いの場合等は、墓地のカロートが満杯に
なってしまう場合などが有ります。

 

従って、自宅での埋葬、保管及び自治体に依頼する場合以外は、
ペット霊園等を選択することになるかと 思います。
その他、数は少ないですが、
最初から飼い主とペットが一緒に入ることを前提としている
民営の墓地などもあります。

 

この様な、霊園等についても初期費用や年間費用
その他別途にかかる費用の有無等を良く確認する必要があります。

 

又後で後悔しないように管理規則なども良く確認しておきましょう。

 

その他、無きペットが安心して永眠出来るように、
きちんとした霊園なのか、安定した運営がされているかなども
併せて確認しておきましょう。

お墓のQ&A

ペットのお墓のQ&Aは、こちらから御覧ください。
ペットお墓のQ&A

 

当事務所へのよくある質問はこちらから
墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)/よくある質問

 

お墓に関する時々に応じたことを掲載しております。是非一度ご覧ください。
墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)/特集記事

お問合せ(お墓の引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)、墓じまいなどお墓の手続ならご相談下さい。)

ペットのお墓に関する困りごとは、当事務所にご相談下さい。
お墓に詳しい行政書士事務所なので安心してお問合せ下さい。
墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お問合せ
墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お問合せ

 

HOME お墓の引越し(改葬) お墓じまい お墓の困りごと相談 お寺運営相談 事務所案内 ご利用料金 お問合せ