タイトル

 

女性散骨の事なら ご相談ください!!お墓の専門事務所ならではの実績・経験があります!!

 

散骨の開始から完了まで、どの様に進めていけば良いか?など経験に基づいたアドバイス・サポート致します。

 

まずは、お客様の状況をお聞かせください。具体的な提案をさせて頂きます。

 

相談だけでも大歓迎ですので、ご遠慮なくお問合せ下さい。初回相談無料!!

 

散骨する女性【既に埋葬されている、ご遺骨を散骨する場合、墓じまいや散骨業者との契約、散骨に関する手続など、様々な事を行う必要があります。】

 

ご自身で行う場合、どの様に進めて行けば良いか?費用の総額は幾らになるのか?散骨業者、石材店は信頼できるのか?業者に言われるままに進めて良いのか?など多くの不安があるかと思います。

 

当事務所では、お墓に関する手続を専門としており、これまで、多くのお客様から、【散骨】に関するご相談、ご依頼を頂いております。
事務所サポート
第三者的立場から、上記の様なご相談、散骨に関わる手続代行、現地立会など、散骨に関わる全てをサポートさせて頂いております。(お客様のご希望により、一部だけサポートすることも当然可能です。)

 

※お墓(遺骨)の所有権者(祭祀承継者)で無い方が、散骨を行う場合には、所有権者の同意が必要になります。口頭での同意ではなく同意書等作成されたほうが、後々トラブルを未然に防ぐことになります。(例、ご両親のご遺骨を散骨される場合、ご兄弟間の同意書作成等)

 

まずは、お客様とお話をさせて頂きまして、必要なアドバイス及びサポートをさせて頂きます。初回相談無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。

 

【お問合せはこちらから】

お気軽にお問合せ下さい。初回相談無料!!お問合せ

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号
【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】

 

この様な場合には ご相談下さい!!

相談例お墓に埋葬されている遺骨を散骨したい。 

万が一の時は、散骨にしてほしい。

散骨の手続きを代行してほしい。

散骨をどのように進めて行けば良いか?教えてほしい。

散骨業者との契約時に同行してほしい。散骨を行う時に同行してほしい など。

【当事務所の経験・実績を是非ご覧ください。!!】

【 お客様の声 】

 

お客様

 

【 事務所実績 】

 

事務所実績

 

 

サポート内容

サポートの報酬

 

※散骨に伴うご相談+散骨に関わる書類作成
(散骨業者提出書類)

【 基本報酬  30,000円〜

【オプション】

 

〇立会い、同行 半日20,000円、1日40,000円

〇基本調査・手続代行 20,000円〜

〇同意書・承諾書等作成 30,000円〜

※上記報酬は税別額になります。
※交通費、書類取得費用、郵便費等については、別途請求させて頂きます。
※遠隔地等に於いては、日当+宿泊費を請求させて頂く場合があります。
※特別な条件、複雑案件につきましては、別途料金を頂く場合があります。

 

散骨とは?

散骨とは

散骨とは、墓地以外の場所に、ご遺骨を撒くことを言います。

 

近年、大変注目を浴びている方法の1つであると思います。故人の遺志により、海や山等へ散骨する方法が有ります。

 

一般的に散骨を行う場合に、海洋散骨をご選択する方が多いかと思います。散骨業者にご遺骨を渡し、散骨を行ってもらう方法と、船に同乗して散骨を行う方法などがあります。又、散骨する海についても、東京近郊から沖縄の海まで選択可能です。

 

法律的には、散骨が認められているか?との問題がありますが、現在の法律では、散骨について、具体的に明記した法律はありません。

 

法務省では「節度をもって行われる限り問題はない」との見解を出しております。

 

ただし、条例等により規制されている地域や公共用地、他人の私有地など、どこでも勝手に撒いて良いということでは、ありませんので注意が必要です。

 

その他、生前に散骨の希望をお持ちの場合は、遺言書の作成や生前契約をしておく等の準備をしておくことが大切です。

事務所実績(参考)

当事務所にて行わせて頂いた散骨の例を掲載いたします。
岐阜の寺院墓地にあるお墓を墓じまいし、東京の散骨業者の引き渡しまで。
当事務所にて、お墓じまいの手続き、立会いからご遺骨の移動手配、散骨業者のご紹介及びご遺骨の引き渡しまで全てお任せ頂きました。

散骨(参考-1) 

全てのご遺骨を散骨する為、お墓の墓じまいを行います。ご住職に閉眼供養して頂いた後に、ご遺骨の取出しを行います。

散骨(参考-2) 

カロートからご遺骨を取り出します。

散骨(参考-3) 

ご遺骨の運搬を行う為の準備を致します。

散骨(参考-4) 

東京の散骨業者にお引渡しし、後日、散骨業者による海洋葬が行われました。

散骨(参考-5) 

お墓撤去後

 

散骨の基礎知識

1.散骨は、どの様に行えば良いのか?

散骨を行う場合に於いても、火葬を行うことは、通常の場合と同じですが、
散骨には、日本の法律上、詳細な法律が無い為、許可書などは特にありません。
(散骨を行う団体、民間企業によっては火葬・改葬許可書を求められる場合があります。)

 

私有地等に散骨をお考えの場合は、土地所有者の許可及び、条例で散骨を禁止していないか?自治体への確認等が必要になります。

 

参考として、散骨を行う前に準備しておくことを下記に記載いたします。
散骨を、お考えの場合は一度ご覧ください。

 

2.散骨前に準備しておくこと

@散骨を行うことに対し、遺族などの理解を得ておく。

散骨を一度行うと元に戻すことは、不可能です。ご兄弟等の同意を得ずに独断で散骨をしてしまい、後でトラブルになるケースもありますので、ご兄弟、ご親族とよく話合いをされてから、散骨を決められた方が、良いかと思います。

A散骨は、誰が行うのか

散骨の手続きは、実際に誰が行うのか?散骨を行う時は誰が行くのか?お墓に埋葬されているご遺骨を散骨する場合は、お墓はどうするのか?寺院等の連絡は誰がするのか?など、散骨をどの様に行うのか決めておく必要があります。

B遺骨の粉末化は、専門の業者に依頼するか、又は遺族等にて行うか。

散骨するご遺骨は、粉末化する必要がありますが、一般的には、業者に依頼するケースが多いかと思います。しかし、ご自身で行いたいと思われる方もおりますので、どちらにされるか?決めておく必要があります。ちなみに業者に依頼した場合、ご遺骨を洗浄乾燥後に粉末化します。(ご遺骨一体2万円〜3万円程度が相場)

C遺骨の全部又は一部のみ散骨を行うのか。

ご遺骨の一部を散骨するのか?全部、散骨を行うのか?決めておく必要があります。
全て、散骨を行ってしまうと、お墓参りすることもできない為、後で後悔される方もおりますので、どちらにされるか、ご兄弟、ご親族等とよく話し合われてから決められた方が良いかと思います。

D散骨する場所はどこにするのか、又希望の場所は散骨可能な場所なのか。

散骨は、山のどちらにするのか?その場所は、散骨が可能なのか?調査確認をしておく必要があります。一般的な散骨業者に依頼し海洋葬を行う場合も、どの場所の海に散骨するか?選択可能な場合がありますので、業者に事前に確認されたほうが良いかと思います。

E散骨にかかる費用はどのくらいなのか。

散骨に掛かる費用の総額は幾らになるのか?事前に確認する必要があります。
海洋葬の場合、散骨場所や、船をチャーターするのか?他の方と乗りあうのか?海洋散骨自体を業者に依頼するのか?などにより費用が大きく異なりますので、ご希望の方法で総額幾らになるのか?数社の業者から見積書を取得しましょう。

 

※近年、散骨業者が非常に増えてきております。あまり評判がよくない業者等もおりますので、インターネットなどで事前に信頼できる業者かどうかも確認しておきましょう。

F散骨によりお墓が不要となる場合、そのお墓はどの様にするのか。

お墓に埋葬されているご遺骨を全て散骨された場合、お墓は通常不要になります。お墓じまいを行うのか?将来的な事を考えてお墓を維持しておくのか?こちらも決めておく必要があります。

 

3.海での散骨について

海での散骨

海での散骨は、専門の葬儀社等があり、各葬儀社により多少の違いがありますが、概ね以下の様な内容にて散骨が行われおります。

 

遺骨を2ミリ以下に粉末化、陸地から20キロ以上離れている場所、漁場、釣場、養殖場及び海上交通の要所を避ける等のルールに従い散骨を行われている企業が多いようです。 

 

散骨方法として、個人葬と合同葬があります。
費用としては、個人葬は30万円程度、合同葬は10万円程度になります。

 

散骨を希望する遺族の方は、船舶で散骨場所に向かい、粉末化された遺骨を水溶性の紙等に包んで散骨を行います。この時に、献花や黙とう等のお別れの挨拶を行います。(希望により僧侶など同行して戴くことも可能です。)その他、ヘリコプターによる空からの散骨を行っている葬儀社等もあります。

 

4.山での散骨について

山での散骨

山での散骨は、葬儀社、散骨を進めるNPO法人等団体が管理している場所に散骨を行う方法等があります。

 

その他、一例として、ヨーロッパのモンブランに散骨する企業などもあります。 この場合、遺骨は、提携する火葬場等にて粉末化され保管された後、年に一回の合同散骨を行う形となります。

 

散骨する遺骨は容器が決められており、その容器に入る範囲の分量となります。散骨前に同行された遺族の方により、合同献花を行い、その後ヘリコプターにて山頂周辺に散骨されます。

 

遺族の方は山頂が見える場所にてヘリコプターによる散骨を見守ることになります。 散骨料金については、30万円程度となっております。 

 

※土地の所有者の許可及び自治体の法令等を確認することにより、個人で散骨を行う事も可能です。

 

5.注意すること

【 散骨を行う場合に注意しておく点があります。】
@遺族の方などの理解を得られているか。
A散骨を行うのは誰になるか。
B遺骨の全部又は一部を散骨するのか。
C遺骨の粉末化はどのようにするのか。
D散骨する場所はどこにするのか。
E散骨費用は幾らぐらいかかるのか。
F全部の散骨を行った場合、不要となる お墓はどうするのか。
G業者に依頼する場合、どこの業者にするのか、信頼性はあるのか。

 

以上の点について、よくご検討される必要があります。

 

遺骨の全部を散骨する場合は、当然にお墓等が不要になりますが、後に故人を偲ぶ際に、お参りする場所などもない為、さびしい気持ちになり、全部を散骨してしまった事を後悔する場合があります。

 

又、一部散骨する場合には、お墓と散骨費用が必要となる為、通常のお墓を建てるより費用が掛かることになります。散骨については、よくご検討され、後悔されないかたちで希望に合った方法で行われることが大切です。

 

6.生前に準備しておくこと

万が一の場合に散骨等を希望されている場合は、どの様な準備をしておくべきでしょうか?まずは、御自身の意思を明確にする必要があります。

 

一つの方法としましては、遺言書に葬儀の方法を明記しておく方法もあります。(法的拘束力は有りません。)

 

この場合、まずは生前に散骨を行うことを理解してくれる親族等の賛同者を多く作り、その理解者を遺言書にて、祭祀の主催(喪主)、遺言執行者に指定します。

 

遺骨の所有権は、祭祀の主催者等にありますので、比較的スムーズな流れになるかと思います。ただし、散骨方法等を遺言書に記載しても法的拘束力が無い為、遺族の方が反対し実現しない可能性もあります。

 

そこで、確実な方法としましては、生前契約の締結+公正証書遺言の作成となります。

 

生前契約において、葬儀等の方法を締結しておき、その旨を公正証書遺言に記載しておくことにより安心感の高いものとなります。(生前契約会社としては、NPO法人、葬儀社等があります。)

 

以上の様な準備を生前にしておくことにより、御自身の御希望通りの葬儀を行うことがより確実なものとなります。当事務所においても、生前契約及び遺言書等について、お客様のサポートを行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

 

散骨Q&A

【 散骨Q&A 】説明する女性

 

散骨に関するQ&Aは、こちらからご覧ください。
  

散骨マニュアル

【散骨マニュアル】

 

マニュアル

散骨についてわかり易くまとめました。どのように行って良いかわからない。どこから手を付けて良いかわからない場合にご覧ください。

 

【 お問合せは、こちらから 】

【お気軽にお問合せ下さい】初回相談無料!!受付けの女性

【営業時間 AM9:00〜PM6:00 土日祝日対応可!!】
電話番号

【大塚法務行政書士事務所 東京都葛飾区新宿6-4-15-708】