散骨手続きサポート/大塚法務行政書士事務所(東京都葛飾区)

散骨手続きサポート

散骨手続サポート

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お問合せ

 

 

散骨に関する手続きをサポート致します。!!

分骨、散骨サポート2

 

散骨については、散骨業者様との手続きとなりますが、
当事務所に於いては、
現在多くある散骨業者の調査や契約時の立会、
現地への同行等も含めお客様のご希望に添うかたちにて
サポートをさせて頂きます。
 
まずは、お客様とお話しをさせて頂き、散骨について
方向性を決めて行きたいと思います。
初回相談無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)過去の実績墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お客様の声

分骨、散骨サポートお問合せ

散骨について

散骨サポート

散骨とは、一般的に墓地以外の場所に
遺骨をまくことを言います。

 

近年、大変注目を浴びている方法の1つであると思います。
故人の遺志により、海や山等へ
散骨する方法が有ります。

 

法律的には、散骨が認められているか?
との問題がありますが、
現在の法律では、散骨について、
具体的に明記した法律はありません。

 

法務省では
「節度をもって行われる限り問題はない」
との見解を出しております。

 

ただし、どこでも勝手にまいて良いということでは、
ありませんので注意が必要です。

 

その他、生前に散骨の希望をお持ちの場合は、
遺言書の作成や生前契約をしておく等の
準備をしておくことが大切です。

散骨手続きサポート内容

当事務所に於いては、調査、書類作成、立会等の様々なサービスを行っております。
散骨手続きサービス料金
※交通費、書類取得費用、郵便費等については、別途請求させて頂きます。
※遠隔地等に於いては、日当を請求させて頂く場合があります。
※特別な条件、複雑案件につきましては、別途料金を頂く場合があります。
※詳細につきましては、お話しをお伺い後、お見積りを作成いたします。

 

散骨参考例(当事務所実績)

当事務所にてご依頼頂いた分骨例を掲載いたします。

 散骨-1

お墓じまいをして散骨しますので、まずは今あるお墓を墓じまいします。
ご住職に閉眼供養をして頂いた後に、ご遺骨の取り出しを行います。(書類関係は事前に準備)

 散骨-2

閉眼供養後にご遺骨の取り出し

 散骨-3

ご遺骨の運搬を行う為、梱包をいたします。

 散骨-4

この後、ご遺骨を散骨業者に引き渡しを行います。
(ご遺骨の洗浄乾燥後、パウダー状にして散骨となります。)
今回の場合は、岐阜のお寺から東京の散骨業者への引き渡しとなりました。
当方立会いのもと、ご遺骨の取り出し、運搬、引き渡しを行います。
散骨については、ご希望の海や船への同乗など選択可能です。
 

散骨-5 

ご遺骨の取出し後、お墓を更地に戻してお寺に返還いたします。以上にて散骨の一連の流れになります。

 

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)過去の実績墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お客様の声

散骨の手順について

散骨を行う場合に於いても、火葬を行うことについては、通常の場合と同じですが、
散骨には、日本の法律上詳細な法律が無い為、許可書などは特にありません。
(散骨を行う団体、民間企業によっては火葬許可書を求められる場合があります。)
しかし、条例で散骨を禁止している自治体や私有地に散骨する場合は、
当然に私有地の所有者等の許可が必要になります。

 

散骨を行う前には、下記の事を注意して決めて置くことが重要です。

散骨の前に決めておくこと、準備しておくこと
@散骨を行うことに対し、遺族などの理解を得ておく。
A散骨は、誰が行うのか
B遺骨の粉末化は、専門の業者に依頼するか、又は遺族等にて行うか。
C遺骨の全部又は一部のみ散骨を行うのか。
D散骨する場所はどこにするのか、又希望の場所は散骨可能な場所なのか。
E散骨にかかる費用はどのくらいなのか。
F散骨によりお墓が不要となる場合、そのお墓はどの様にするのか。

以上のことを考慮し、計画的に進めることが、後悔しない散骨につながることになります。

海での散骨について

海散骨

海での散骨については、専門の葬儀社等があり、
各葬儀社により多少の違いがあります。

 

遺骨を2ミリ以下に粉末化、
陸地から20キロ以上離れている場所、漁場、釣場、
養殖場及び海上交通の要所を避ける等の
決まりに従って行っております。

 

散骨方法として、個人葬と合同葬があります。
費用としては、個人葬は30万円程度、
合同葬は10万円程度になります。
遺族等も同乗して行うことは、可能ですが、
乗船人数に限りが有る場合があります。
(8人程度まで)
又希望により僧侶など同行して戴くことも可能です。
その他、ヘリコプターによる空からの
散骨を行っている葬儀社等もあります。

 

山での散骨について

山散骨

山での散骨については、葬儀社、散骨を進めるNPO法人等
団体が管理している場所に
散骨を行う方法等があります。

 

又、土地の所有者や許可及び自治体の法令等を
確認することにより、個人で散骨を行う事も可能です。

 

海外の山への散骨を行っている葬儀社等もあり、
葬儀社や場所ににより費用は
変わりますが、概ね費用は30万程度になります。

散骨について注意すること

散骨で注意すること

散骨を行う上で注意することは、
まずは遺族の同意を得られるかとの問題があります。

 

そして行う場合は、ご希望に沿った場所等は
散骨可能なのかどうかを
自治体等に確認することが大切です。

 

又、葬儀社などに依頼する場合は、
どの様な方法で行うのか、費用は幾らかかるのか、
その内容はどの様になっているのか
をよく調べておくことが大切です。

 

又、散骨については、全部散骨を行うのか、
一部について行うのか、よく検討しましょう。

 

全部散骨する場合は、お墓参り等はできませんし
心情的にさびしい思いが募り、
後に一部だけの散骨にすれば良かったと
後悔することもありますので、
充分に検討し散骨の方法を考えましょう。

 

当事務所においても、散骨に関する調査、
立会、同行等のサービスを行っておりますので
お気軽にお問合せ下さい。

生前に散骨を希望する場合に準備しておくこと

生前に散骨を希望する場合

ご自身が亡くなられた場合において、
散骨等を希望されている場合は、
どの様な準備をしておくべきでしょうか?

 

まずは、このような御自身の意思を
明確にする必要があります。

 

方法としましては、
遺言書に葬儀の方法を明記しておく方法もあります。
(法的拘束力は有りません。)

 

この場合では、まずは生前に散骨を行うことを
理解してくれる親族等の賛同者を多く作り、
その理解者を遺言書にて、 
祭祀の主催(喪主)、遺言執行者に指定します。

 

遺骨の所有権は、祭祀の主催者等にありますので
比較的スムーズな流れになるかと思います。

 

ただし、散骨方法等を遺言書に記載しても
法的拘束力が無い為、遺族の方が反対し
実現しない可能性もあります。

 

そこで、確実な方法としましては、
生前契約の締結+公正証書遺言の作成となります。

 

生前契約において、葬儀等の方法を締結しておき、
その旨を公正証書遺言に記載しておくことにより
安心感の高いものとなります。
(生前契約会社としては、NPO法人、葬儀社等があります。)

 

以上の様な準備を生前にしておくことにより、
御自身の御希望通りの葬儀を
行うことがより確実なものとなります。

 

当事務所においても、生前契約及び遺言書等について、
お客様のサポートを行っておりますので、
お気軽にお問合せ下さい。

お墓の基礎知識

お墓の基礎知識に付きましては、下記をご参照下さい。
お墓の基礎知識

・お墓の法律とは ・お墓、墓地、墳墓とは ・墓地の種類
・永代使用権とは ・永代供養墓とは ・お墓を建てる時期は
・お墓を建てる手順 ・お墓に掛かる費用は  
・公営墓地とは ・民営墓地とは ・寺院墓地とは
・公営、民営、寺院墓地のメリット・デメリット
・墓地選びのポイント ・石材店選びのポイント ・墓地使用規定について
・遺骨を一時預けたい場合 ・開眼法要(供養)とは ・閉眼法要(供養)とは
・樹木葬について ・各地の樹木葬墓地の比較 ・ 墓じまいとは
     

 

お墓のQ&A

お墓のQ&Aに付きましては、下記をご参照下さい。
お墓の疑問

当事務所にご依頼頂くメリット
散骨についてのQ&A
・散骨は違法? ・散骨の手続きは? ・散骨する場所は?
・海での散骨 ・山での散骨  
・散骨には遺骨の粉末化が必要? ・散骨で注意するところは? ・散骨の節度とは?
お墓の困りごとQ&A
お墓と承継者の問題
・お墓の承継者は? ・お墓の承継手続きは? ・お墓の承継者がいない場合は?
・承継を前提としないお墓は? ・お墓は相続財産? ・祭祀に関する権利の承継
夫婦とお墓の問題
・夫のお墓に入りたくない場合は? ・内縁の妻とお墓の問題 ・夫婦で宗教が違う場合
・結婚したが実家のお墓は継ぐ必要は? ・長男の夫が亡くなったが妻はお墓を継ぐ必要は? ・妻の家に養子に入ったがお墓には入りたくない場合は?
・離婚、再婚を繰り返したがお墓は? ・再婚したが先妻のいるお墓には入りたくない場合? ・1人っ子同士で結婚したがお墓は両方相続?
・両家墓とは?    
独身者等とお墓の問題
・友人と共同でお墓を購入できる? ・独身者や家族がいない人向けのお墓は? 親から継いだお墓を始末したいときは?
・個人墓、共同墓とは? ・夫や子供がいない場合、準備しておくことはある?  

 

お墓のよくある質問

Q1.なぜお墓の手続相談・代行を専門に行っているのですか?
Q2.そちらにお墓の手続きをお願いするメリットはなんですか?
Q3.行政書士事務所ならどこに頼んでも同じですが?
Q4.相談料はかかりますか?
Q5.お墓の改葬(移動)は、どこまでやって頂けるのでしょうか?
Q6.全国どこでも大丈夫ですか?
Q7.分骨手続きをお願いできますか?
Q8.散骨手続をお願いできますか?
Q9.お墓の改葬(移動)手続はいつお願いすればよいですか?
Q10.お墓の購入時から相談に乗って頂けるのでしょうか?

 
お墓に関する特集記事
お墓に関することを記事にしております。
毎月一度追加更新する予定でおりますので是非ご覧ください。

  ●墓じまいと終活について(2017-4-3)
●長距離のお墓の引越し(改葬)について (2017-3-2) ●お墓を買う時に注意すること(2017-1-24)
●石材店の選び方(ここに注意!!)(2016-12-20) ●先祖のお墓を一つにしたい!(2016-11-7)
●お墓じまいは何時すれば良いか?(2016-10-3) ●お墓がお寺にあるメリット、デメリット(2016-9-8)
●墓じまいで考えておくこと(206-8-15) ●お寺との口約束について注意すること(206-7-4)
●墓じまいについて考えておくべきこと(206-6-22) ●今までご依頼頂いた墓じまいやお墓の改葬について(2016-6-6)
●二つのお墓を一つに(2016-5-16) ●永代供養墓について(2016−4−20)
●墓じまいの時のお寺との話し方(2016−3−14) ●離檀料の相場はいくら? (2016-2-18)
●お墓の撤去はどこに頼めば良いか?(2016-2-1) ●夫と同じお墓に入りたくないときは(2016-1-25)
●先祖代々のお墓があるが承継者がいないときは(2016-1-6) ●お墓の引越しについて(2015-12-7)
●お墓の改葬(移動)はどこに頼めば良いか?(2015-11-11) ●お墓じまいやお墓の改葬で最初にすること(2015-11-2)
●墓じまいからの散骨(2015-9-1) ●お墓じまいとお墓の改葬(2015-8-4)
●お墓じまいをする理由(2015-7-1) ●改葬業者選びの注意点(2015-5-28)
●分骨について(2015-5-7) ●離檀料はいくらですか?(2015-4-1)
●離檀はどのようにすれば?(2015-3-16) ●お墓じまいについて(2015-3-11)

散骨手続マニュアル

散骨について分かり易くまとめました。
具体的な流れや注意点など、是非一度ご覧ください。
散骨マニュアル

お問合せ(お墓の引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)、墓じまいなどお墓の手続ならご相談下さい。)

散骨に関する困りごとは、当事務所にご相談下さい。
お墓に詳しい行政書士事務所なので安心してお問合せ下さい。
散骨お問合せ
墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お問合せ

 

HOME お墓の引越し(改葬) お墓じまい お墓の困りごと相談 お寺運営相談 事務所案内 ご利用料金 お問合せ