お墓の引越し(墓改葬、移動、移転)相談・代行/大塚法務行政書士事務所(東京都葛飾区)

お墓の引越し(改葬、移動、移転)相談・代行

墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)

墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お問合せ

墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)サービス

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)過去の実績墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お客様の声
墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お問合せ

 

お墓の引越し(改葬)を当事務所にご依頼するメリット

<行政書士事務ならではの安心感!!>

 

当事務所は行政書士事務所ですので、
お客様の様々なサポート、アドバイスが可能です。

 

お墓の引越し(改葬)必要な手続から現地立会いまで
全てのサポートを致します。

 

<初回相談無料です!!>

 

当事務所は初回相談無料で行わせて頂いております。

 

お墓の引越し(改葬)をお考えの際にはお早目にご相談頂ければ
一連の流れや確認しておくことなど、いろいろなアドバイスをさせて頂きます。

 

又当事務所に、ご相談頂いても、こちから催促等の
お電話は致しませんので安心してお問い合わせください。

 

<ご希望通りのお墓の引越し(改葬)をサポート致します!!>

 

お墓の引越し(改葬)を石材店などに依頼する場合、
その石材店から、お墓を購入することが 前提となります。

 

一つの お墓を墓じまいし、既にある、別の お墓に引越し(改葬)
する場合は、対応してくれない場合が、ほとんどです。

 

又、石材店が業として市役所等に改葬許可申請等を行っている場合は、
違法行為に該当する可能性が高くなります。

 

当事務所は行政書士事務所ですので安心して ご相談頂けます。
又、特定の業者等をお勧めすることはありません。

 

お客様ご自身で、お引越し(改葬)先を お選び頂くことが可能です。
又、お客様ご自身でお選び頂くことが難しい場合には、
当事務所とのネットワークのある業者をご紹介することも可能です。

 

<現地立会いからご納骨まで全てサポート可能です!!>

 

ご出骨(お墓じまい)から、ご納骨立会いまで 全てのサポートも可能です。
その際には、お寺とのご連絡、石材店のご連絡、ご納骨先とのご連絡、
日程の調整等、お墓の引越し(改葬)関わる関係先との ご連絡も当事務所にて
行わせて頂きます。

 

<お墓の専門だから安心!!>

 

疑問点は何度でもご質問ください!!

 

当事務所は、お墓の専門事務所ですので、お墓の手続きなどに関する
実績経験があります!!

 

従って、様々なアドバイス、サポートが可能ですので
確認したいことや疑問のあることなど、お気軽にご相談頂けます。

お墓の引越し(改葬)許可サービス内容

お墓の引越し(改葬)手続き代行サービスとして、下記のプランをご用意致しました。
墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)サービス料金
※交通費、書類取得費用、郵便費等については、別途請求させて頂きます。
※遠隔地等に於いては、日当を請求させて頂く場合があります。
※B,Cプランに付きましては、別途日当を請求させて頂きます。(半日2万円、1日4万円)
※特別な条件、複雑案件につきましては、別途料金を頂く場合があります。
※詳細につきましては、お話しをお伺い後、お見積りを作成いたします。

 

お墓の引越し(改葬)とは?

墓引越し(改葬)とは

≪お墓の引越し(改葬)とは?≫

 

今ある お墓から別のお墓に ご遺骨を
埋葬することをお墓の引越し(改葬)と言います。

 

今あるお墓に、ご遺骨が残らない場合は、
お墓じまいを行います。

 

お墓の引越し(改葬)先には 既にある別の
お墓に埋葬する場合や納骨堂、永代供養墓、樹木葬、散骨など様々です。

 

ご遺骨を他の場所に埋葬する際には、
自治体で発行する、改葬許可書が必要になります。

お墓の引越し(改葬)費用は、いくらになるのか?

お墓の引越し(改葬)費用

お墓の引越し(改葬)費用は、いくらになるのか?

 

お墓の引越し(改葬)を行う場合に
必要になる費用は、お墓の撤去費、引越し(改葬)
先の契約費、お寺へのお布施など

 

お墓の引越し(改葬)には、いろいろな費用が
発生いたします。

 

具体的な費用について、確認して行きたいと思います。

お墓の撤去費用

ご遺骨が埋葬されているお墓を撤去(墓じまい)する場合は、
お墓の撤去費が必要になります。

 

今のお墓を残される場合は、撤去費は不要になります。
埋葬されているご遺骨の数体をお墓の引越し(改葬)し
他のご遺骨を残される場合が、あてはまります。

 

通常の場合、お墓から全ての ご遺骨を引越し(改葬)される
場合は、お墓じまいを行い、お墓を撤去します。

 

お墓の撤去を行う費用は、一般的な大きさのお墓で30万円前後
が多いかと思います。(石材料や作業条件に異なる場合があります。)

 

お墓の引越し(改葬)先の契約費(お墓の購入費)

お墓の引越し(改葬)先をどの様にするか?
によりお墓の引越し(改葬)費用が大きくことなります。
別にお墓がある場合は、引越し(改葬)先が確保されていますので、
この費用は、掛りません。

 

新規に、お墓を契約された場合は、100万円程度〜になります。
永代供養墓や納骨堂などにつきましては、十数万円程度〜選択可能です。

 

ご遺骨の取り出し費

お墓の引越し(改葬)をする為、カロートからご遺骨を取り出します。
取出しは、通常の場合、石材店にお願いすることになります。

 

費用の相場として、2万円〜3万円程度になるかと思います。
(お墓の撤去をお願いする場合は、撤去費に含まれる場合があります。)

 

お墓の引越し(改葬)先の埋葬費

お墓の引越し先の霊園等に埋葬する場合、埋葬費が発生いたします。
費用の相場としては、2万円〜5万円程度。

 

開眼供養(魂入れ)を行う場合は、別途ご住職への
お布施が必要になります。(3万円〜5万円程度)

 

お布施(墓じまいをする場合)

今ある お墓を墓じまいする際に、お寺から離檀料などの
お布施を請求される場合があります。

 

全てのお寺から請求されるものでは、ありませんが
請求された場合は、十数万円〜五十万円程度までが、比較的多いかと思います。

 

お寺によっては、数百万円〜一千万円以上請求された例もあります。

 

特に具体来な金額がでない場合は、通常、閉眼供養(魂抜き)を行って頂き
お布施として、3万円〜5万円程度お渡しします。

 

お墓の引越し(改葬)に掛かる費用まとめ

お墓の撤去及びお墓の新規契約を行うケースとして、
お墓の引越し(改葬)費用を整理してみたいと思います。

 

(一般的な例として)※参考値

 

・お墓の撤去費用(15万円〜50万円)※30万円

 

・ご遺骨取り出し費(2〜3万円)※3万円

 

・お墓の引越し(改葬先)の納骨費(2〜5万円)※3万円
開眼供養を行う場合には、お布施(3〜5万円)※5万円

 

・お墓の購入費(新規霊園の場合)(100万円〜300万円)※150万円

 

・離檀料(数十万円〜)※20万円(閉眼供養費含む)

 

合計すると
30万円+3万円+8万円+150万円+20万円=211万円になります。

 

※上記は参考例として掲載しております。
(お墓の撤去、お墓の購入費用などにより大きく金額が異なります。
又、その他費用、離檀料等につきましても、石材店やお寺により
異なりますので、関係先に ご確認下さい。)

必要費用

参考金額

移転元  
埋蔵証明書の発行手数料日 400円〜1500円程度/1通  ※遺骨一体に付き一通
墓地整地費用(墓石処分) 100,000円〜120,000円程度/m2当り
遺骨の取出し 20,000〜30,000円程度/一体当り

墓石運搬費
(移転先にて使用する場合)

200,000円〜900,000円程度
距離、墓石の大小により異なります。

閉眼供養(お布施) 30,000円〜50,000円程度
離壇料 有無、金額等と様々な為、確認が必要となります。
   
移転先  
埋骨費用 20,000〜50,000円程度/一体
開眼供養(お布施) 30,000〜50,000円程度
   
その他  
新規に墓石を購入する場合

1,000,000〜2,000,000円程度
※規模、材質等により異なります。

永代供養料、工事費、手続き費用等  

※毎日新聞の記事によりますと、都市部に移転(改葬)する場合、
現在のお墓の撤去費、移転先での墓地使用料、墓地の工事費等を含めて、
総合的に二百万円〜三百万円程度と掲載されておりました。

 

お墓の引越し(改葬)手続き

墓引越し(改葬)手続

お墓の引越し(改葬)手続は、
何をすれば良いですか?

 

お墓の引越し(改葬)には、改葬許可書が
必要になります。

 

まずは、引越し(改葬)する ご遺骨が
何体あるか?確認する必要があります。

 

引越し(改葬)する ご遺骨数の確認が取れましたら、

 

改葬元(今、既にあるお墓)の場所を管轄する、自治体(市区町村)から、
改葬許可申請書を取得いたします。

 

ご遺骨が何体あるか?
不明の場合は、一度、確認をされたほうが良いかと思います。
(改葬許可申請書に記載する為)

 

改葬許可申請書を自治体から取得しましたら、
申請書に必要事項を記載します。

 

自治体により、申請書の様式が異なりますので、
必ず、お墓の引越し(改葬)元を管轄する自治体から取得いたします。

 

その他、添付する資料も併せて ご確認下さい。

 

お墓じまいをする場合は、お寺などに提出する書類も ありますので、
こちらも、事前に確認しておきましょう。

 

改葬許可申請に必要な事項を記入しましたら、
お寺の ご住職等、お墓の引越し(改葬)元の管理者に、
記名押印を頂きます。

 

次に、記名押印を頂いた 改葬許可申請書に必要書類を添付し、
改葬許可申請書を お墓の引越し(改葬)元を管轄する自治体に、
申請し、改葬許可書を取得いたします。

 

(自治体により、申請から許可書発行まで、1〜2週間程度かかる場合がありますので
お急ぎの場合は、最初に、改葬許可書発行までの時間を確認されたほうが、
良いかと思います。)

 

改葬許可書が発行されましたら、お墓の引越し(改葬)先の霊園等に
ご遺骨とともに改葬許可書をお渡しして、手続完了となります。

 

お墓の引越し(改葬)の順序

お墓の引越し(改葬)順序

お墓の引越し(改葬)は、何から始めれば?

 

お墓の引越し(改葬)の ご相談で、何から始めれば良いか?
よくご相談頂きます。

 

お墓の引越し(改葬)は、一生で一度行うかどうかの
問題ですので、わからなくて当然と言えます。

 

しかし、順序よくお墓の引越し(改葬)を行わないと
お墓の引越し(改葬)が、途中でストップしてしまったり、
何度も、お寺や市区町村に行くことになります。

 

ここでは、お墓の引越し(改葬)順序について、具体的に
確認して行きたいと思います。

 

お墓の引越し(改葬)の相談(お寺など)

お墓の引越し(改葬)で、最初に行うことは、
今ある お墓の管理者(ご住職など)に改葬の相談をすることから始めます。

 

具体的にお墓の引越し(改葬)する理由などを
管理者に説明し、お墓の引越し(改葬)に必要な書類や
費用などを確認致します。

 

お墓の引越し(改葬)先との契約

お墓の引越し(改葬)順序

管理者(ご住職など)の了解が得られましたら、
お墓の引越し(改葬)先との契約を行います。

 

永代供養墓や納骨堂、散骨など、ご自身のご希望に応じた
改葬先との契約を行います。

 

お墓の引越し(改葬)先との契約を行う前に、
必ず、現地て確認いたしましょう。

 

総額費用がいくらになるのか?
管理規約など、どのようになっているのか?
併せて確認しましょう。

 

お墓の引越し(改葬)に向けた書類収集等

 

お墓の引越し(改葬)先との契約が終わりましたら、
改葬許可申請書の取得、お寺などに提出する離檀届など
取得しいたします。
(改葬許可申請書に添付する資料も確認しましょう。)

 

その他、お墓を撤去(墓じまい)する場合は、お墓の撤去費などの
見積書なども石材店から取得しておきます。

 

※、この段階で、お墓の引越し(改葬)にかかる費用の総額が
判明することになります。

 

改葬許可の取得

必要な書類の準備が出来ましたら、お墓の引越し(改葬)元の
自治体に改葬許可申請を行い、改葬許可を取得いたします。

 

改葬許可の取得後、お墓の引越し(改葬)の日にちを
決めていくことになります。

 

お墓の引越し(改葬)日の決定

お墓の引越し(改葬)順序

お寺に提出する書類などが整いましたら、
実際にお墓を引越し(改葬)する日を決めることになります。

 

連絡先には、
・引越し(改葬)元の管理者(ご住職など)
・ご遺骨を取り出してもらう石材店(通常、お墓を撤去する石材店に依頼)
・引越し(改葬)先の管理者(永代供養墓や納骨堂等の霊園管理者)
・引越し(改葬)の石材店(埋葬する場合)

 

以上の関係先とスケジュールを調整の上、
お墓の引越し(改葬)日を決定いたします。

 

お墓の引越し(改葬)当日

お寺に提出する離檀届などを持参し、ご住職にお渡しします。

 

お墓のじまいをする場合は、閉眼供養を行います。
(お布施相場、3万円〜5万円程度)

 

閉眼供養後に、石材店にご遺骨を取り出してもらいます。
(この時に、骨壺の水抜きをしてもらいましょう。)

 

骨壺の梱包を行い、移動できる状態になりましたら、
電車や車などで、引越し(改葬)先へ移動し、
改葬許可書とともにご遺骨を引き渡しし埋葬となります。

 

お墓の引越し(改葬)は、ここで完了となります。

 

お墓じまいをする場合は、後日、石材店によりお墓の撤去が
行われます。

お墓の引越し(改葬)の流れ

墓地、埋葬に関する法律(昭和23年5月31日)第2章第5条により、
埋葬、火葬又は改葬を行おうとする者は、厚生労働省令で定めるとことにより、
市町村(特別区の区長を含む。)の許可を受けなければならないと明記されております。
したがって、お墓の移転(改葬)につきましても当然に許可申請が必要となります。
ここで具体的な流れについて確認していきたいと思います。

 

墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)の流れ 
@お墓の移転先の確保→A受入証明書の発行→B埋蔵証明書の発行→C改葬許可書の発行
Dお墓の撤去処分→E閉眼供養→F移転先への納骨(開眼供養)
上記の流れによりお墓の移転(改葬)手続きを行うこととなります。

お墓の引越し(改葬)許可申請書に記入する内容について

お墓の引越し(改葬)許可申請書については、
下記の内容について記載し、各自治体(市町村)に提出致します。

@死亡者の本籍
A死亡者の住所
B死亡者の氏名
C死亡者の性別
D死亡年月日
E埋葬又は火葬の場所
F埋葬又は火葬の年月日
G改葬の理由
H改葬の場所
I申請者の住所氏名及び死亡者との続柄

お墓の引越し(改葬)手続きに必要なもの

お墓の引越し(改葬)に必要な書類等について下記に掲載致しました。

@改葬許可申請書
A移転先からの受入証明書(使用許可書)
B移転元からの埋蔵証明書
C印鑑
D同意書(承諾書)=申請者が墓地の所有者でない場合

※(各自治体により手続きが異なる場合があります。)

 

お墓の引越し(改葬)で当事務所が支持される理由

お墓の引越し(改葬)で当事務所が支持される理由

当事務所は、お墓の手続きに関する法務を
専門としております。

 

行政書士事務所は、多くありますが、
お墓の手続きを専門で行っている事務所は、
非常に少ない状態です。

 

当事務所では長年、多くのお客様から、お墓に関する ご相談、ご依頼を頂いております。

 

中でも、お墓の引越し(改葬)及び墓じまいに関する、ご相談、ご依頼が、
非常に多くなっております。

 

当事務所でが、多くの経験実績を積み重ねておりますので、
お墓の引越し(改葬)の手続き(改葬許可申請)代行のみではなく、

 

・お墓の引越し(改葬)の際のご住職へのお話の仕方、
(ご住職と上手く話せる自身ない方には、お手紙のご挨拶をお勧めしております。
その内容もアドバイスさせて頂きます。)

 

・お墓の引越し(改葬)先の霊園等の選び方
・石材店から見積書取得又は、石材店の選び方
・お墓の引越し先や霊園等のご紹介
・お墓じまいやご遺骨取出しから埋葬までの立会いなど

 

お墓の引越し(改葬)に向けたトータルサポートをさせて頂きます。

 

その他、お客様の状況に応じて、ご兄弟、ご親族へ向けた、
お墓の引越し(改葬)の承諾書や同意書なども併せて作成いたします。
(ご兄弟間等での紛争を未然に防止するため。)

 

又、お寺に提出する書類がない場合におきましても、離檀同意書などを
作成いたします。(口頭での離檀は、トラブルに発展する場合があります。)

 

 

行政書士事務所ならではの安心感があります。

 

現在、多くの石材店が、お墓じまいやお墓の引越し(改葬)の
広告を出しております。

 

しかし、よく話をきくと お墓の購入を勧めるものであったり、
お墓の撤去を依頼することが前提であったりします。

 

もし、お墓の引越し(改葬)の手続(改葬許可)をサービスでと
広告に書かれていても、お墓の購入費や撤去費などが
相場より高ければ、結局は、割高になります。

 

※(行政書士資格等を持たない石材店が、業として
改葬許可申請を行うことは、違法行為に該当する可能性が高くなります。)

 

又、お寺に指定石材店がある場合は、広告で掲載している、
別の石材店に依頼することは、難しくなります。

 

当事務所では、お客様のご要望に応じたサポートが可能ですので、
安心して、ご相談下さい。

 

例えば、
・お客様の知り合いの石材店にお墓の撤去をしてもらう。
・既に、ご自身で、お墓の引越し(改葬)先を決めている。
・引越し(改葬)先は、既にある別のお墓にしたい。など

 

その他、お墓の引越し(改葬)と併せて、

 

遺言書や相続問題のご相談もよく頂きます。
その様なご相談に対応可能なことも
行政書士事務所ならではの 強みと言えます。

 

 

お墓の引越し(改葬)をお考えなら お早目にご相談下さい。

 

ご自身で、お墓の引越し(改葬)を行うつまりだったが、
ご住職と話があわず、お墓の引越し(改葬)の理解を得られなかった。
などお聞きすることがあります。

 

当事務所では、お墓の引越し(改葬)やお墓じまいを
トータルサポートしておりますので、様々なアドバイスをさせてい頂きます。

 

又、基本的には、お客様と直接お会いして、
お話をお聞きすることを大切にしております。

 

お客様が、当事務所を信頼できると思われた場合のみ
ご依頼を頂ければ大丈夫です。

 

初回相談は無料で行っておりますので、お気軽に問合せ下さい。

 

※ご相談頂いても、こちらから催促等のお電話はいたしません。
当事務所は、行政書士事務所ですので、安心してお問合せ下さい。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)過去の実績墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お客様の声

お墓の引越し(改葬)実績例

※お墓の引越し(改葬)に必要な書類は
事前に準備します。(改葬許可書等)
 
改葬元
改葬に必要な書類を改葬元の霊園に提出致します。
お墓の引越し(改葬)前にお花及びお線香等
をお供え致します。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)1

カロートの蓋を開け、ご遺骨を取りだす
準備を致します。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)2 

ご遺骨を取り出す前にお祈り致します。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)3 

ご遺骨を実際に取出します。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)4 

 

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)5 

骨壷が汚れている為に、きれいにふき取り等を行います。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)6 

ご遺骨運搬の際に、白布にて骨壷を包みます。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)7 

ご遺骨運搬前に再度お祈り致します。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)8 

改葬先
 
改葬先にて必要な書類があれば再度書類等
の記入を致します。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)9 

改葬先に納骨をする準備を致します。
※(礼拝堂にて、ご遺骨の御供養を行っております。)

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)10 

実際に改葬先墓地に納骨致します。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)11 

 

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)12 

納骨が終わりましたら、お供え等を行い、
最後にお祈り致します。
 
※宗教上の理由等により、閉眼供養等を行わない場合があります。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)13 

 

遠方からのお墓の引越し(改葬)例(九州から千葉への改葬)

当事務所にて、ご依頼を頂きました例を参考に、ご説明させて頂きます。
九州福岡から千葉市川へのお墓の引越し(改葬)。
 
最初にお客様との打合せにてお客様へのご希望をお聞きし、当方からお墓の引越しに向けた
アドバイスをさせて頂きます。
お墓の引越し(改葬)元のご住職へのご説明の仕方などもアドバイスをさせて頂きます。

 

通常の場合、まずは、お客様からお寺等へご連絡をして頂き、了承のもと、当事務所にてお寺へのご挨拶、離檀届の確認、石材店、役所との打合せを行わせて頂きます
 
今回ケースは事前に調整の上、当日に改葬許可申請、許可取得、お墓の引越し(改葬)などを行わせて頂きます。
 
右写真は改葬元(九州)の納骨堂になります。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)20 

お寺にお伺いし、ご住職へご挨拶をさせて頂きましてから、納骨堂にて閉眼供養をして頂きます。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)21 

閉眼供養後に、ご遺骨の確認をさせて頂きます。
今回はご遺骨数が不明の為、まずは現地にて確認させて頂きました。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)22 

確認の結果、改葬するご遺骨は2体となりました。(空の骨壺1体含む)
現地からお客様へ状況を電話にて説明させて頂きました。また写真もお送りし確認して頂きました。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)23 

ご遺骨を白布で包み、改葬できるように梱包致します。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)24 

役所にて、ご遺骨数にあわせた改葬許可申請を行わせて頂きます。改葬許可が下り次第、ご遺骨の移動を行います。

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)25 

九州から千葉へのお墓の引越し(改葬)の為、飛行機にて、ご遺骨の移動をさせて頂きました。
(事情を説明し手荷物にて機内へ)
 
右写真は福岡〜羽田空港へ移動時

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)26 

羽田空港から千葉の霊園へ

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)27 

千葉の霊園へ到着

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)28 

霊園の担当者の方へ改葬許可書の引き渡しなど必要書類を提出いたします。(事前に訪問日時など打合せ済)

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)29 

ご遺骨をお預けして業務の完了となります。(今回のご依頼は霊園へのご遺骨引き渡しまで)お客様のご希望により、ご納骨まで行わせて頂きます

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)30 

墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)過去の実績墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お客様の声

お寺と揉めずにお墓の引越し(改葬)を行うポイント!!

墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)のポイント
お墓の引越し(改葬)をスムーズに行うポイントを記載致します。是非一度ご覧ください。

 

@お墓の引越し(改葬)が、なぜ必要か?
内容を整理する。(ご住職に説明する為)
 
A引越し先との契約をする前に、墓地管理者に相談する。

 

お寺との話合い(費用や条件)がうまくいかない場合、
途中でお墓の引越し(改葬)がストップしてしまう場合があります。
契約前に確認しておきましょう。

 

Bお墓の引越し(改葬)の相談は、お伺いして相談する。
お墓の引越し(改葬)をしたいので、伺いたい旨を、
お電話にてご住職にお話し、
細かいことは、お会いした時に相談及び確認しましょう。

 

※お電話にて、お墓の引越し(改葬)を一方的に告げることは、
なるべく避けたほうが良いかと思います。
また、お電話にて書類を送りつけることも、避けたほうが
無難かと思います。

 

お伺いした際に、なぜお墓の引越し(改葬)が必要か?
きちんとご説明しましょう。
お墓の引越し(改葬)の際に、お寺に提出する書類も併せて確認します。

 

話合いにて、ご住職の了解がとれましたら
一度書類を持ち帰り、次回に改葬許可申請書と併せて、
お寺に確認してもらいます。

 

改葬許可申請に、墓地管理者の記名押印を頂き、
お寺の管轄地の自治体に提出致します。

 

※(お寺の了解がとれましたら、移動先との契約を行います。
改葬許可申請時に移動先の受入れ証明書が必要になる場合があります。
この場合は受入れ証明書を添付しないと申請が出来ません。)

 

C指定石材店の有無を確認し、石材店より見積もりをとる。
お寺にお伺いした際に、お墓を撤去する指定石材店の有無を確認します。
指定石材店がない場合は、ご自身で石材店を調べ
数社から見積もりを取りましょう。

 

石材店により値段に差がある場合がありますので、
見積書にて確認しましょう。

 

指定石材店がある場合は、金額にもよりますが、
お寺との揉め事を避けるため、なるべく指定石材店にて
お願いされたほうが良いかと思います。
(但し見積書は必ずもらいましょう。)

 

Dお墓の引越し(改葬)の日にちを決める
移動元、移動先のお寺や霊園とのスケジュールの調整の上
お墓の引越し日を決めます。

 

ご遺骨の運搬は、どうするか事前に決めておきましょう。

 

移動元のお墓からご遺骨を出した際に、水が入っているか?確認し、
入っている場合は、必ず水抜きをしておきましょう。
(水が入っていると、移動中にこぼれる可能性があります。)
また、ご遺骨を包む布やタオルなども用意しておきましょう。

 

E全ての費用はいくらになるか確認しておく
お墓の引越し(改葬)は、高額になる場合がありますので、
事前に総額でいくらになるのか?確認しておきましょう。

 

・移動先のお墓の契約費
・お墓の撤去費
・離檀料(お寺により異なります。)など

 

あまりに高額になる場合は、お墓の引越し(改葬)が、
出来ない場合もありますので、事前にある程度の
目安はつけておきましょう。

お墓の基礎知識

お墓の基礎知識に付きましては、下記をご参照下さい。
お墓の基礎知識

・お墓の法律とは ・お墓、墓地、墳墓とは ・墓地の種類
・永代使用権とは ・永代供養墓とは ・お墓を建てる時期は
・お墓を建てる手順 ・お墓に掛かる費用は  
・公営墓地とは ・民営墓地とは ・寺院墓地とは
・公営、民営、寺院墓地のメリット・デメリット
・墓地選びのポイント ・石材店選びのポイント ・墓地使用規定について
・遺骨を一時預けたい場合 ・開眼法要(供養)とは ・閉眼法要(供養)とは
・樹木葬について ・各地の樹木葬墓地の比較 ・ 墓じまいとは
     

お墓のQ&A

お墓のQ&Aに付きましては、下記をご参照下さい。
お墓の疑問

当事務所にご依頼頂くメリット
お墓の改葬(移転)についてのQ&A
・お墓の改葬(移転)が必要なとき ・お墓の改葬(移転)の流れ 寺院墓地に改葬拒否されたとき
・お墓の改葬(移転)で永代使用料は? ・墓石はどうするか? ・遺骨の運搬について
・高額な離檀料を請求されたときは?    
     
お墓の困りごとQ&A
お墓と承継者の問題
・お墓の承継者は? ・お墓の承継手続きは? ・お墓の承継者がいない場合は?
・承継を前提としないお墓は? ・お墓は相続財産? ・祭祀に関する権利の承継
夫婦とお墓の問題
・夫のお墓に入りたくない場合は? ・内縁の妻とお墓の問題 ・夫婦で宗教が違う場合
・結婚したが実家のお墓は継ぐ必要は? ・長男の夫が亡くなったが妻はお墓を継ぐ必要は? ・妻の家に養子に入ったがお墓には入りたくない場合は?
・離婚、再婚を繰り返したがお墓は? ・再婚したが先妻のいるお墓には入りたくない場合? ・1人っ子同士で結婚したがお墓は両方相続?
・両家墓とは?    
独身者等とお墓の問題
・友人と共同でお墓を購入できる? ・独身者や家族がいない人向けのお墓は? 親から継いだお墓を始末したいときは?
・個人墓、共同墓とは? ・夫や子供がいない場合、準備しておくことはある?  

 

お墓のよくある質問

Q1.なぜお墓の手続相談・代行を専門に行っているのですか?
Q2.そちらにお墓の手続きをお願いするメリットはなんですか?
Q3.行政書士事務所ならどこに頼んでも同じですが?
Q4.相談料はかかりますか?
Q5.お墓の改葬(移動)は、どこまでやって頂けるのでしょうか?
Q6.全国どこでも大丈夫ですか?
Q7.分骨手続きをお願いできますか?
Q8.散骨手続をお願いできますか?
Q9.お墓の改葬(移動)手続はいつお願いすればよいですか?
Q10.お墓の購入時から相談に乗って頂けるのでしょうか?

 
お墓に関する特集記事
お墓に関することを記事にしております。
毎月一度追加更新する予定でおりますので是非ご覧ください。

  ●墓じまいと終活について(2017-4-3)
●長距離のお墓の引越し(改葬)について (2017-3-2) ●お墓を買う時に注意すること(2017-1-24)
●石材店の選び方(ここに注意!!)(2016-12-20) ●先祖のお墓を一つにしたい!(2016-11-7)
●お墓じまいは何時すれば良いか?(2016-10-3) ●お墓がお寺にあるメリット、デメリット(2016-9-8)
●墓じまいで考えておくこと(206-8-15) ●お寺との口約束について注意すること(206-7-4)
●墓じまいについて考えておくべきこと(206-6-22) ●今までご依頼頂いた墓じまいやお墓の改葬について(2016-6-6)
●二つのお墓を一つに(2016-5-16) ●永代供養墓について(2016−4−20)
●墓じまいの時のお寺との話し方(2016−3−14) ●離檀料の相場はいくら? (2016-2-18)
●お墓の撤去はどこに頼めば良いか?(2016-2-1) ●夫と同じお墓に入りたくないときは(2016-1-25)
●先祖代々のお墓があるが承継者がいないときは(2016-1-6) ●お墓の引越しについて(2015-12-7)
●お墓の改葬(移動)はどこに頼めば良いか?(2015-11-11) ●お墓じまいやお墓の改葬で最初にすること(2015-11-2)
●墓じまいからの散骨(2015-9-1) ●お墓じまいとお墓の改葬(2015-8-4)
●お墓じまいをする理由(2015-7-1) ●改葬業者選びの注意点(2015-5-28)
●分骨について(2015-5-7) ●離檀料はいくらですか?(2015-4-1)
●離檀はどのようにすれば?(2015-3-16) ●お墓じまいについて(2015-3-11)

お墓の引越し(墓改葬、移動、移転)マニュアル

お墓の引越し(改葬、移動、移転)について分かり易くまとめました。
具体的な流れや注意点など、是非一度ご覧ください。
墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)マニュアル

 

お墓の引越し(改葬)相談・代行 代表者から一言

お墓の引越し(改葬)相談・代行

当事務所は、お墓に関する手続を専門に
行わせて頂いております。

 

当事務所で頂くお問合せ、ご依頼の中で、
一番多く頂いてるのが、お墓の引越し(改葬)とお墓じまいの ご相談になります。

 

当事務所のケースとしましては、
お寺のお墓を墓じまいし、永代供養墓や納骨堂に
改葬したい。という方が非常に多くなっております。

 

理由としましては、お子さんに迷惑を掛けたくない。
お墓の承継者がいないなど理由になります。

 

そこで、ご自身が元気な今のうちにお墓の整理をと
お考えになります。

 

いわゆる終活の一部になるのではないでしょうか?

 

しかし、お墓の引越し(改葬)を決意したが、
どのようにすれば良いか?

 

費用はいくらぐらいかかるのか?

 

わからないことだらけです。

 

しかし、相談できるのは?どこに?
となります。

 

お墓やお寺などに関することを相談できるところは、
非常少く、仮に、石材店などに聞くと、
お墓の購入などを迫られそうので、あまり聞きたくない。
という方もおります。

 

この様に、お墓の引越し(改葬)では、
相談できるところもなく、費用の相場もわかりずらい。
など様々な問題があります。

 

特にお寺のお布施など、いくら必要なのか?
高額な費用を請求されたら、どうすれば良いか?

 

など、長い期間悩んでいる方もおります。

 

基本的には、お墓の引越し(改葬)の際の
お布施などに関しましては、お寺により様々ですので、
一つ一つ確認して行くしかありません。

 

しかし、最初のお話の仕方で、ご住職と揉めてしまうと
お墓の引越し(改葬)が、ストップしてしまう場合があります。

 

ですので、ご住職などに、お墓の引越し(改葬)を
相談する際に、最初のお話の仕方が非常に重要なのです。

 

その他、石材店は、どこがよいか?
お墓の引越し(改葬)先はどのように選べばよいか?

 

わかないことが多くありますし
この様なことは、石材店などに質問することでは
ないかと思います。

 

当事務所は行政書士事務所ですので、
お客様へ特定の業者を斡旋するものでは、ありません。

 

ですので、客観的な立場で、お墓の引越し(改葬)に関する
アドバイスが可能です。

 

お墓の専門家としての経験実績に基づき
費用面でのアドバイスもさせて頂きます。

 

 

お墓の引越し(改葬)をご依頼頂くケースとしましては、
全てお任せ頂くご依頼が、ほとんどになります。

 

ご自身で全てを行うことは、大変な労力と時間が必要になります。

 

当事務所では、お客様のお話をお伺いし、アドバイスをさせて頂いた上、
お寺のご住職へ、お客様からお電話等にてお墓の引越し(改葬)の
了解を得て頂きます。

 

了解を得られましたら、後は、必要な書類や費用の確認、
石材店から見積書の取得、お墓の引越し(改葬)先への
連絡、当日立会いなど 全てお任せ頂くケースがほとんどになります。

 

(お客様には、状況の変化に応じて、メールやお電話にて
確認をして頂きます。)

 

 

お客様の中で、
お墓の引越し(改葬)で、何年も悩まれていて、
ご相談にこられる方もおります。

 

しかし、ご自身で悩まれていても、実行しなければ、
お墓の引越し(改葬)は、完了しません。

 

例えば、ご主人がお亡くなりになって、お子様がいらっしゃらない
場合に、奥様一人で お墓の引越し(改葬)を行うのは、
いろいろと大変な面が多いかと思います。

 

又、遠方から、関東近郊へのお墓の引越し(改葬)なども
お一人で行うのは、大変な労力と時間が かかります。

 

当事務所では、お客様必要な範囲でのサポートが可能です。

 

まずは、お客様のお話をお伺いして、
どの様なサポートが可能かアドバイスさせて頂きたいと思います。
まずは、お気軽にお問合せ下さい。

お問合せ(お墓の引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)、墓じまいなどお墓の手続ならご相談下さい。)

お墓に関する困りごとは、当事務所にご相談下さい。
お墓に詳しい行政書士事務所なので安心してお問合せ下さい。
墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お問合せ
墓じまい、墓引越し(墓改葬、墓移動、墓移転)お問合せ

 

HOME お墓の引越し(改葬) お墓じまい お墓の困りごと相談 お寺運営相談 事務所案内 ご利用料金 お問合せ